静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2017年06月10日

浜松バッハ研究会 J.S.Bachの系譜シリーズNo.1

夏前のこの時期、演奏会も目白押しなんですね。
今回は県西部で活動する浜松バッハ研究会の演奏会、
J.S.Bachの系譜シリーズNo.1「ハイドンとモーツアルト」を
ご紹介しましょう。
前回のバッハ研の演奏会紹介
。。。うわ、2012年ですから5年もさぼってたんだぁ。
いろんな方面からお叱りを受けそうな気がしますが、
まぁそこは私のサボリ癖ということでご容赦ください。
ちなみにサイトにありますように、ご紹介をさぼっていた間にも
マタイ受難曲はじめ大きな公演をいくつも開催されています。

と、いきなり書き始めちゃいましたが、改めて浜松バッハ研究会を
ご紹介しましょう。
浜松バッハ研究会はJ.S.バッハ生誕300周年の1985年、浜松の
バッハ愛好家によって設立された合唱団と管弦楽団で、姉妹団体の
豊橋バッハアンサンブルと共にその名の通りJ.S.バッハの作品を
中心に演奏をしてきた団体です。
合唱団は常設、管弦楽団はその都度集まりますが、音楽のまち
浜松が誇る浜松交響楽団や浜松フィルハーモニー管弦楽団、そして
各楽器メーカーの技術者さんなどおなじみのプレイヤーさんが
あつまります。
インターネットが民間に活用されるそこそこ早い時期から
ホームページを持っていたので、
小川与半のバッハSMFライブラリ とともに
サイトを見てくださった方も多いのではないでしょうか。
「研究会」の名の通りまじめなメンバーが多いですが、練習は
子供連れOKで走り回っていた子が歌い手となったり、また
歌っていた子が楽器奏者としてオンステしたりと
アットホームな団体でもあります。
ちなみに演奏はモダンピッチ(非A=415Hz)、入団テストもなく
バッハ研が合唱との出会い、という方も少なくないはずです。
。。。他団に比べずいぶん団体紹介が丁寧ですかね(汗)。

さて、今回はハイドンとモーツアルトがサブタイトルにあります。
バッハ研はバッハ以外を取り上げないということはないですが、
バッハ(1685-1750)の活動時期はハイドン(1732-1809)は
かすっていて、モーツァルト(1756-91)とはちょっとずれています。
情報距離がほぼない現代と違い、なんとなくつながりがないようにも
思っちゃうのですが。。。
そのあたり浜松バッハ研究会代表の河野さん、教えてください。
今回の企画はJ.S.Bachの影響が、ウィーン古典派の三大作曲家
ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンにも色濃く残っているということを取上げるものです。
通説ではメンデルスゾーンがバッハを再発見したということになっていますが、実はウィーンにはバッハとヘンデルばっかり演奏される音楽サロンがあって、そこに三大作曲家が座付きアーティストとして通っていたんだそうです。
このサロンを主催していたのがファン・スヴィーテンという人で外交官としてベルリン駐在中にフリードリッヒ大王の妹のサロンでバッハの息子たちと親交を結び、大バッハの音楽に出会ったそうです。
彼はバッハの楽譜を収集しウィーンに持ち帰り、先述のウィーンでのサロンを開くことになったわけです。
このあたりの話は演奏会の幕間に指揮者の三澤先生からもショートレクチャーを計画していますのでお楽しみに。

ちなみに今回のバッハ作品であるモテット1番はダブルコーラス、
つまり合唱団を2つに分けてそれぞれで掛け合いをする曲です。
私も大好きなんですが、技術的にけっこう(かなり)難しい曲で
有名な割にはあまり演奏に触れる機会は多くないように感じます。
一方モツレクはそれこそ詳しくない方でも「モツレク」との略称を
耳にされたことがあるであろうくらいメジャーな曲で
浜松でも3年や5年に1度くらいは演奏会があるかもしれませんし、
歌ったことがある方、生演奏を聴いたことがある方も多いでしょう。
そういう方にはぜひ、自分たちの歌ったり、知っている演奏とは
どこがどう違うのか、そんな楽しみ方をしてほしいと思います。
もちろんモツレクや、バッハ研の公演に限ったことでは
ありませんけどね。

///

浜松バッハ研究会 豊橋バッハアンサンブル演奏会
J.S.バッハの系譜シリーズ No.1
"ハイドンとモーツァルト"
2017年6月18日(日) 15:00開演 (14:30開場)
アクトシティ浜松 中ホール
指定席 3000円(高校生以上 2000円)
自由席 2000円(高校生以下 1000円)

W.A.モーツァルト レクイエム K626
J.ハイドン マリア・テレジアの為のテ・デウム C-Dur II
J.S.バッハ モテット1番<主に向かって新しき歌を歌え> BWV 225

指揮 / 三澤洋史(新国立劇場指揮者)

独唱 / 飯田みち代、森季子、大久保亮、能勢健司
合唱 / 浜松バッハ研究会 豊橋バッハアンサンブル
管弦楽 / 浜松バッハ研究会管弦楽団

浜松バッハ研究会
毎週土曜日 19:00〜21:30
主に浜松市積志協働センター101号室にて
月1回日曜日:昼 13:00から17:30
三澤先生による練習、
または三輪陽子先生によるヴォイストレーニング)
http://music.geocities.jp/hamamatsubach/

豊橋バッハアンサンブル
毎週金曜日 20:00〜22:00
月1回日曜日 13:00〜19:00
浜松市県居協働センターなどで浜松バッハ研究会と合同練習


http://www.geocities.jp/bach0532/

2017_HBS_A.jpg2017_HBS_B.jpg
posted by site manager at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック