静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2017年05月14日

浜松うたのアトリエ 第3回演奏会

今年に入ってなんだか私はすっかり府抜けておりますが、
久しぶりに浜松に出かけましたら、ホールには合唱の
演奏会チラシがいろいろ配架されていました。
ああ、合唱の世界はちゃんと動いているんだなぁと
記事を書く気力をもらった気がします。

というわけで、直近になってしまいましたが直近5月にある
素敵な演奏会をご紹介しましょう。
今回は今週末、20日開催の浜松うたのアトリエです。
前回はこんな感じでご紹介しました
そう、前回は名古屋のナチュールさんとの合同でしたが、
今回はアトリエさん単独公演です。

チラシにある音楽監督雨森文也先生のお言葉によれば、
今回のアトリエさん演奏会のテーマは
「美しいメロディーたち」

とのこと。
私自身不勉強で、記事を書くにあたりはじめてメンデルスゾーンの
無言歌に触れましたが、いやぁいい曲ですよ(←偉そう)。
超絶技巧とか音数の多さとか、そういう価値基準も確かにありますが
それとはまたちがう魅力があります。
うーん、なんていうんでしょうね、上辺の化粧も素敵だけど
内面の生き方がステキ、って感じでしょうか。
なんかいつも以上に上手くご紹介できずすみませんが、
それが物理的には「メロディー」なんだと思います。

もちろんハーモニー(和音)も大切なのですが、歌心を大切にする
アトリエさんにとっては基本とも言えるテーマでしょう。

ふるさとの四季は日本人なら誰もが知っているであろう曲ですし、
新実先生の白いうた青いうたはメロディーありきの曲。
月の角笛も二声のいわば単純な曲。

こう書くと簡単なようにみえますが、さにあらずなんですよね。
これをどう表現するか、その歌心がそのまま表されるわけで
表現者としてはとても楽しくも怖いものであります。

全国をとびまわる雨森先生と平林先生の音楽、そして
アトリエでの演奏会ではすっかりおなじみの山村先生の
ヴァイオリンとともに、アトリエさんはどんな音楽を
聴かせてくれるのでしょう。
楽しみですね。

///

浜松うたのアトリエ 第3回演奏会
2017年5月20日(土) 開演14:00 (開場13:30)
浜松市福祉交流センターホール
入場料 1000円

指揮 / 雨森文也
ピアノ / 平林知子
ヴァイオリン / 山村妙子

編曲 / 源田俊一郎 ふるさとの四季

作詞 / 谷川 雁 作曲 / 新実徳英
「白いうた 青いうた」より
傘もなく / 北極星の子守歌 / しらかば

作曲 / 木下牧子
「月の角笛」より
うぐいす
ほんとにきれい
ねこぜんまい
夕顔
月の角笛

作詞 / 海野洋司 作曲 / メンデルスゾーン
編曲 / 南安雄
「無言歌の四季」

後援 / 浜松市 静岡新聞社・静岡放送 中日新聞東海本社
チケット取り扱い / アクトシティチケットセンター
お問い合わせ / 生熊 090-7032-1695

浜松うたのアトリエ
練習日 毎週火曜日 午前
浜松市東部恊働センターほか

2017_atrie_A.jpg2017_atrie_B.jpg
posted by site manager at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック