静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/10/27 静岡児童合唱団のブログ 追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2017年02月17日

法政大学アカデミー合唱団演奏旅行 静岡公演

春一番が報告される昨今、季節は変わっていきます。
合唱人にとっては花粉との戦いの時期でありますね。

今回は7年ぶりに静岡に登場、法政大学アカデミー合唱団さんの
静岡演奏旅行公演をご紹介しましょう。
前回の浜松公演では、所属団に情宣にお見えになった時に、
こんな感じでインタビューを受けていただきました。

さて、今回も合唱団本体に先駆けて、渉外担当マネージャーさんが
静岡に滞在し、情宣や関係各所との調整をされています。
その名は瀧君。昨夏公開のアニメ映画を思い浮かべちゃいますが
彼のようなシティーライフを送っていますか?
三葉ちゃんみたいな団員さんいます?

龍「あの、、、わたし、龍(りゅう)です。
珍しい名前でよく間違えられます」

う、うわぁ、すみません失礼しました。
勝手にさんずいつけちゃってましたね、やいやい。

というわけで、改めて。
法政大学アカデミー合唱団の渉外担当マネージャー、
龍 晟之郎(りゅう せいしろう)さんにお話を伺います。

---法政大学アカデミー合唱団さんのご紹介をお願いします。

龍:私たち法政大学アカデミー合唱団は、「岬の墓」や
「黒人礼歌」の編曲者として知られております
福永陽一郎先生によって設立され、今年で55年目を迎えます。
法政大学はキャンパスが都内に3ヶ所市ヶ谷、多摩、小金井に
分かれていて、練習はほとんど都心にある市ヶ谷周辺で行われます。
現在団員60名弱で、練習は週4回。団員の合唱に取り組む姿勢は
他の在京学生団体にたいしても胸を張れるものと自負しています。
年2回の都内での自主公演と、毎年3月に演奏旅行を行なっております。
演奏旅行の目的は「現地合唱団との交流」「混声合唱の普及」
「4年生最後の公演」です。

今回は2017年3月9日(木)に静岡音楽館AOIで演奏旅行公演を開きます。
相澤直人さん作曲「詩ふたつ」、荻久保和明さん作曲
「季節へのまなざし」の2つを学生指揮者で。
そしてメインステージは劇団四季で「オペラ座の怪人」や
「サウンドオブミュージック」などで指揮の経験をお持ちの
小久保大輔先生のもと「イタリアオペラ合唱曲集」をお送り致します。
ピアニストは合唱の伴奏ピアニストの第一人者であられます
久邇之宣先生です。
また地元静岡の「静岡混声合唱団TERRA」さんが賛助ステージに
登場されます。

私たち渉外担当マネージャーはこの演奏旅行に向けて2月6日から
ご当地静岡に住み込みで情報宣伝活動をしております。
宣伝活動で毎日静岡市の色々な合唱団の練習にお邪魔し、
練習を拝見しながらチケット売りをしております。
これから静大混声さんにもお邪魔しようとアポを取りました。
少しでも興味がある方はご連絡頂ければ幸いです。

---聴きどころというか、おすすめポイントはありますか?

龍:おすすめポイントですか、
学生指揮者による「詩ふたつ」は無伴奏なので、
細かい部分まで団員の声を客席にお届けできるように演奏します。
イタリアオペラ合唱曲集の際の演出にもご注目ください。

---AOIを下見されたと伺いましたが、どんな感想を持たれましたか?

龍:AOI、広いですね笑、音がよく響くとても良いホールだと思います。
あとオルガンがカッコいいです。

---では最後に意気込みを

龍:3月9日に開催する公演は現4年生最後の演奏旅行となります。
今まで法政大学アカデミー合唱団を引っ張って来て下さった先輩の
最後のステージなので後輩一同より一層気合いが入っております。
必ず素晴らしい演奏をお届けしますので是非お越し下さい。

///

今回個人的には、何といっても久邇先生のピアノで
超絶技巧曲の「きせまな」。
これが一番の楽しみで、それを想像しただけでご飯3杯はいけます。
超メジャー曲「凱旋の合唱」が小久保先生により
華々しく演奏されるのもわくわくしますし、そのほかのステージも
とても楽しみです。
静大はじめ県内にも大学合唱団はいくつかありますが、演奏旅行で
きてくれる大学合唱団には、演奏にもそれなりのパワーがあります。
東京まで聴きに行くことを思えば、静岡で聴けるなんて超お手軽。
しかも静岡で最もアクティブな団の一つであるTERRAも登場とあれば
一粒で二度おいしい、ってことになります。
年度末で気ぜわしい夜かもしれませんが、ぜひ多くの方に
足を運んでほしい。
お勧めのコンサートです。

///

法政大学アカデミー合唱団演奏旅行 静岡公演
日時:2017年3月9日(木)
開場:18:00 開演:18:30
場所:静岡音楽館AOI
賛助出演:静岡混声合唱団TERRA
料金:1000円(高校生以下無料、学生証提示)

詩/伊藤海彦 曲/荻久保和明
混声合唱曲「季節へのまなざし」

詩/長田弘 曲/相澤直人
混声合唱のためのメタモルフォーゼ「詩ふたつ」

イタリアオペラ合唱曲集
指揮/小久保大輔 ピアノ/久邇之宜

賛助出演
静岡混声合唱団TERRA
指揮/南荘宏 ピアノ/カタヴァ美紀

お問い合わせ&チケットのお申し込みは…
080-2703-6052 龍(りゅう)
E-mail:sai.gon@ezweb.ne.jp
hosei_academy_2017.PNG
posted by site manager at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック