静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2016年06月01日

浜松合唱団第28回定期演奏会

さぁ、演奏会後紹介を進めます。
合唱祭とともにこの時期の恒例、浜松合唱団の第28回定期演奏会を
ご紹介しましょう。
あいだに別企画があり、定演としては1年半ぶりの開催となります。

浜松合唱団はご存知の通りコンクールに参加している団体さん。
そういうこともあって、演奏会にはコンクールを意識した曲が
組み込まれます。
今回はコンクール課題曲の1ジャンル、ルネサンス期の後期の大作曲家
バードとパレストリーナを取り上げています。
ルネサンスは石造りの教会で演奏するときのハーモニーがいのち。
個人的にはバッハとルネサンスが大好物なので、今から楽しみです。

また合唱にあまりなじみのない方にもその魅力を伝えるべく、
毎年組まれているステージ、今年は「故郷」「紅葉」などを
演奏しますが、そこは浜松合唱団さん、しっかりとチルコットさんの
編曲で楽しませてくれます。
この他にも重量級のドイツロマン派曲に今をきらめく
信長先生の「思い出すために」。
なんというか「The浜唱」っていう、安心感のあるステージ構成です。

今回は浜松合唱団の広報、岩瀬さんに意気込みを伺いましょう。
昨年は6月にアクトで定期演奏会・・・というスケジュールではなく、ひさしぶりの定演だぁ!という気持ちです。
ルネサンスに始まり唱歌にロマン派そして信長先生の組曲でしめくくる王道なプログラム。そして「名曲」「誰でも知っている曲」イコール大変なプレッシャー!
なのですが、歌っているときれいだな、いい曲だな〜と自然に感じる瞬間があります。さすがは名曲!
新しいメンバーも加わってちょっと若返ったりもしているけれど、お休みしているメンバーもいて、今回ステージにのるのはいつもよりちょびっと少なめなので「音量(気合も?)1.5倍」を要求されています!
「The合唱」な演奏ができるようがんばりますので、応援よろしくお願いいたします。

静岡県の合唱界の中核をになう浜松合唱団さんの演奏会は、
大御所的安定感があるように毎年感じています。
今年はどんな演奏を聴かせてくれるのでしょうか。
楽しみですね。

///

第28回浜松合唱団定期演奏会
2016年6月18日(土) 14:30開演 (開場14:00)
アクトシティ浜松中ホール
チケット 1000円

第1ステージ:ルネサンスのしらべ パレストリーナ、バードの作品

第2ステージ:Furusato 故郷〜日本の歌による5つの合唱曲
ボブ・チルコット編曲「砂山」「村祭」「おぼろ月夜」「故郷」「紅葉」

第3ステージ:ドイツ・ロマン派 祈りの歌
ブルックナー、メンデルスゾーン、ラインベルガーの作品

第4ステージ:寺山修司の詩による6つのうた「思い出すために」
 信長貴富作曲

浜松合唱団 
練習日時 毎週水曜日18:30〜21:15 
練習会場 県居協働センターホール
http://hamamatsu-choir.blogspot.jp/
hamasho28_A.jpghamasho28_b.jpg

posted by site manager at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック