静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/10/27 静岡児童合唱団のブログ 追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2013年09月01日

音楽青葉会・静岡児童合唱団 創立70周年記念 PartIII モンテヴェルディ「オルフェオ」

今回はこのブログでも何度も登場している静岡の宝、
音楽青葉会 静岡児童合唱団の 創立70周年記念 PartIII
モンテヴェルディ「オルフェオ」をご案内します。

公演1週間前となって静岡新聞などメディアに載る機会も
多くなったので、目にされた方も多いでしょう。
本公演は静岡県舞台芸術センター(SPAC)と静児との共同制作、
ギリシア神話を原作に。。。

。。。えっと、実は私、「オルフェオ」のことよく知らないんです。
いや、普段だってよく知らない曲のことをご紹介しているんですが、
本公演に関してはまったく知識がありません。
不勉強でお恥ずかしい。
モンテヴェルディっていうからバッハより昔、○○旋法とか
絡み合う曲が多いなぁって程度しか知識がないのです。

というわけで、詳しい紹介をどうしようとおもっていたら!!
静岡県の文化活動のある意味親玉、県文化財団が運営しているサイト
その名も「しずおかの文化情報」に紹介記事が。
餅は餅屋、紹介はお任せしちゃいましょう。
下記リンク先本文をご覧ください。
モンテヴェルディ『オルフェオ』 しずおかの文化情報

このオペラは、モンテヴェルディの初めてのオペラ作品で、歴史的に見ても、6番目のオペラだそうです!
しかし、モンテベルディの音楽は、その死後すぐに世間から忘れられ、その音楽が再評価されるようになったのは20世紀になってからのことだそう…。今となっては、頻繁に演奏される『オルフェオ』ですが、そんな時代もあったのですね。

さらにwikipediaによれば
『オルフェオ』の画期的な点はその劇的な力とオーケストレーションであった。オルフェオはおそらく作曲家が各声部への楽器指定をした最初の作品であると考えられており、また初演時の楽器指定が今日にまで伝わっている最初期の大規模作品の一つとなっている。あらすじは真に迫った音楽的表現によって描かれ、旋律は線的で明瞭である。このオペラによりモンテヴェルディは「音楽による劇」(dramma per musica)というまったく新しい音楽の様式を作り上げたと言われる。

なるほど、チラシのコピー(宣伝文句)、
歌手と俳優がその存在意義を賭けて激突!
オペラというジャンルが地上に生まれた瞬間の興奮を、いま体験する!

は、まさにこの作品そのものなんですね。
(引用ばかりの記事でスミマセン)

SPACのブログに稽古の模様がアップされています。(リンク切れ)
普段私が接するような声楽家と合唱(と器楽)で上演される
オペラ作品とはひと味違う、演劇の世界でのオペラは
どんなんなんでしょう。
音楽の世界と舞台俳優さんがどんな化学変化をみせるのか
わくわくする公演になりそうですね。

音楽青葉会会長で、戸ア廣乃先生からも、おすすめのコメントを
いただきました。
SPAC総監督の宮城聡さんによる演出。バロックオペラとSPACの俳優とのコラボレーションは必聴です。そしてオーケストラのリーダーには昨年11月に静岡でも演奏していただいたキャサリン・マッキントッシュ女史をイギリスよりお迎えします。是非お出掛けください。



なお、この期に及んでこんなことをいうのもアレですが、
本公演の会場である静岡芸術劇場、皆さんは足を運んだことが
あるでしょうか。
実は東静岡のグランシップの船首部分、つまり中ホールよりも
もっと東に、駅から言えばグランシップの玄関の奥に、
この劇場があるんです。
とかいいつつ、私もSPACさんは縁遠くて未訪の空間です。
公式サイトや先のblogなどでも、すごくすてきなホールみたいで
庶民としては緊張しちゃいそうです(笑)。

今回はいつもの紹介記事とは異なり、公演内容のご紹介と言うより
その周辺事情と言う感じになっちゃいました。
静児は相変わらずのハイレベルな演奏を聴かせてくれるでしょうし、
おなじみの辻さんや福島さん、蓑島さんもかっこいいでしょう。
静岡の一流のアーティストさんによる舞台はきっと
素晴しいものになると思いますよ。

///

音楽青葉会・静岡児童合唱団 創立70周年記念 PartIII
モンテヴェルディ「オルフェオ」
2013年9月7日(土) 開演16:00
2013年9月8日(日) 開演15:00
静岡芸術劇場
全指定席
一般 5,500円
会員割引(音楽青葉会会員、SPACの会会員) 5,000円
大学生以下(5歳以上) 2,000円
※未就学児については、他のお客様の鑑賞の妨げになる場合は、ご遠慮下さい。

「オルフェオ」出演者による室内楽コンサート
2013年9月5日(木)12:00〜13:00
静岡芸術劇場ロビー
※要予約
「オルフェオ」チケットをお持ちの方は無料。
お持ちで無い方は500円。

公演の情報はこちら(SPAC内)
http://www.spac.or.jp/orfeo_13.html

音楽青葉会 静岡児童合唱団
http://www.ongakuaobakai.com/

静岡芸術劇場
http://www.spac.or.jp/

orfeo_a.jpgorfeo_b.jpg
ラベル:童声 静児
posted by site manager at 20:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

モンテヴェルディ「オルフェオ」
Excerpt: <音楽青葉会・静岡児童合唱団×SPAC‐静岡県舞台芸術センター共催> 2013年9月7日(土)16:00/静岡芸術劇場 ムジカ・パシフィカJPN ヴァイオリン/キャサリン・マッキントッシュ/三輪真樹..
Weblog: オペラの夜
Tracked: 2014-01-12 12:55