静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2012年10月15日

浜松バッハ研究会演奏会 J.S.バッハ「ミサ曲ロ短調」

今回は浜松バッハ研究会のJ.S.バッハ ロ短調ミサ演奏会を
ご案内します。
前回はクリスマスコンサート、その前はメサイアをご案内しました。

バッハ好き、クラシック好きの方には今さら曲について
ここでどうこういうのもアレですが、なじみのない方向けに
はしょってご案内するなれば、最晩年まで推敲(手直し)を重ねた
マタイ受難曲、ヨハネ受難曲と並ぶバッハの最高傑作のひとつです。
曲の精神性とかいうとマタイ受難曲をまず挙げる方が多いですが、
バッハの特に合唱曲においては、ロ短調は多くのバッハうたいに
とっては、永遠に取り組み、目指し続ける曲であると思います。
身もふたもない言い方をすれば、超難曲です、はい。
ロ短調ミサのことを取り上げた書籍も数多くありますし、
wikipediaにも記載があります(外部リンク)ので、ご興味のかたはぜひ。

ダブルコーラス(2群合唱)の曲があったり、祝祭的なトランペットが
鳴り響く曲があったり、また思わず涙がこぼれてしまいそうな
ソロ曲があったり、そして永遠の平和を願う穏やかな曲があったり。
短調というと「暗い」イメージを持つ方もいますが、全体としては
明るい曲が多いので、聴いて暗い気分になる、と言うことはないはずです。

今回の演奏会は、新国立劇場指揮者の三澤洋史先生のもと、トランペットに
前回のクリスマスコンサートでもご一緒した松野美樹さんをお招きし、
お客様に浜松のバッハをお届けしようと最後の追い込みをしております。
ソリスト陣も豪華、テノールの畑先生はエヴァンゲリストとして超有名、
バスの初鹿野先生は久しぶりのバッハ研ご出演となります。
オーケストラは浜松交響楽団をはじめとした地元の名手を
コンサートミストレス北川先生、オルガンの花井先生が支えます。
分類としてはアマチュアですが、その技量はそれを越えていると思います。

実は、っていうほどのことではありませんが、
この演奏会には私も参加します。
ロ短調ミサはとにかくテナー泣かせ、音域も技術的にも
テナーには非常に厳しい要求がなされています。
私はへっぽこですが、他の素晴しいメンバーとともにステージで
いい演奏をしたいと思っています。

///

浜松のバッハ40年記念
浜松バッハ研究会 ミサ曲ロ短調 BWV232
2012年10月20日(土) 15:00開演 (開場14:30)
アクトシティ浜松中ホール
指定席 2500円 自由席 2000円 (高校生以下 各1000円引)

指揮 / 三澤洋史(新国立劇場合唱指揮者)

ソプラノ / 國光 ともこ
アルト / 三輪 陽子
テノール / 畑 儀文
バス / 初鹿野 剛

コンサートミストレス / 北川靖子
オルガン / 花井淑
トランペット / 松野美樹

合唱 / 浜松バッハ研究会&豊橋バッハアンサンブル
管弦楽 / 浜松バッハ研究会管弦楽団


浜松バッハ研究会
毎週土曜日 19:00〜21:30
浜松市積志公民館(遠州鉄道積志駅徒歩5分)
http://music.geocities.jp/hamamatsubach/

HBS_h-moll1.jpg HBS_h-moll2.jpg

///

私もチケットをもっております。
絶対会場に行けるよって方(できれば大井川以東)には便宜を
諮りますので、チケットを買ってくださればうれしいです。
大井川以東の学生さんでご興味の方は、私がご招待します。
さらに、大井川以東で「普通に働いても静岡県の最低賃金と
そんなに変わらない方」にも便宜を諮ります。
対応できる手持ち枚数はわずかではありますが、お金がないから
情熱をもっているにもかかわらず聴きたい演奏会にもいけないと
いう方を、少しでも減らしたいと思っています。

申し添えますが、私も同じ立場。
傷を舐め合うのはアレですが、共に音楽活動がんばろうよ活動と
生温かな目で見守っていただければうれしいです。
以上、余談でした。
posted by site manager at 01:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!!

市民合唱祭は21日なんですけど…
見に来ることは不可能ですか?

同日って聞いたから無理だと思いましたが…


私の本番は16:40分頃の予定です♪
時間に余裕があればでいいので、見に来て貰いたいです(*^_^*)

いつか、メール下さい(>_<)
Posted by emiri at 2012年10月18日 20:26
emiriさま
市民合唱祭の前日同所がバッハ研演奏会です。
わかりづらい書き方でしたね、失礼しました。
部活や他のご予定がなければお見えになりませんか?
学生さんならご招待しますよ。

翌日の市民合唱祭、パワーが残っていれば足を運ぼうと
思います。
せっかくですし、いろいろ聴いてみたいですからね。

※なお、メールをすることはやぶさかでありませんが、
記載いただいたアドレスは、こちらからは送信できません。
たぶんドメイン拒否の類いがかかっているのではないでしょうか。
Posted by site manager at 2012年10月18日 22:50
ぶんちゃん殿が本文で言われているごとく、「分類としてはアマチュア」ですが、その技量をはるかに超えていました。もう1プルトあって、団員がもう少しだけ多ければ、会場全体が鳴りましたね。
 それにしても素晴らしい「ロ短調」でした。すっかりバッハに浸らせていただきました。

 どうもありがとうございました。
Posted by ♪スナフキン♪ at 2012年10月23日 23:54
♪スナフキン♪さま
遠路はるばるようこそお運びくださいました。
ただでさえ浜松はプレイヤーのレベルが高いですが、
そのなかでもトップクラスの皆様ですからね、
合唱好きの方はもちろん、吹奏楽やオケを中心に聴かれる方にも
なにかしら感じていただける演奏会にすることができたのなら
いいのですが。。。
そう遠くないうちにご一緒できますように。
Posted by site manager at 2012年10月25日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック