静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/10/27 静岡児童合唱団のブログ 追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2017年04月09日

静岡バッハ合唱団演奏会 新しい響き

毎度のことながらハードな年度末進行もひと段落。
今回は静岡バッハ合唱団さんの演奏会のご紹介します。
曲目は静岡バッハさんが7年前の第1回でも演奏された
カンタータ4番の再演とモテットです。

バッハはじめ西洋の曲になじみのある方々には改めて
ご説明するまでもないですが、いわゆる「宗教曲」には
その曲によって演奏の目的や演奏にふさわしい時期があります。
キリスト教に詳しくない方でも例えば「もろびとこぞりて」は
クリスマスソングとご存知でしょう。

今回のカンタータ4番、日本語訳が
「キリストは、死の縄目につながれしが」とされていますように
キリストの受難(十字架上の死)と復活をテーマに書かれています。
そして、キリスト教の暦(こよみ)である教会暦(典礼歴)では
今年(2017年)は4月13日(金)が聖金曜日(受苦日)、16日が
復活日(イースター)となっています。
(※教会暦は毎年動きます)
曲の内容からも、カンタータ4番を演奏するのにとても
ふさわしい日と言えます。

一方。モテットと言えばもうずいぶん前のことですが、
静岡バッハさんのお姉さん団体、磐田バッハがモテット全曲
演奏会をAOIでやったことをふと思い出しましたが、
今回はその中の3番と6番を演奏されます。
3番はひと言で言えば「コラールファンタジー」。
冒頭のテーマ旋律が手を替え品を替え、いろんな形で
変奏されます。
6番は10分にも満たない短い曲ですが、後半部
ハレルヤコーラスでのヘミオラが個人的には大好きです。

バッハの大曲「ロ短調ミサ」を経験した静岡バッハさんが
プロ擁する磐田バッハとともに新たな一歩を進む今回。
どんな「新しい響き」を聴かせてくれるか楽しみです。

追記(2017/4/12)
賛助出演の磐田バッハ合唱団さんの活動レポートブログ
磐田バッハいろいろアリアリに、練習の模様や
曲解説が書かれていますので、こちらもあわせてご覧ください。

///

静岡バッハ合唱団演奏会
新しい響き
〜オリジナル楽器と「音」のエネルギー唱法で綴るバッハ〜
2017年4月15日(土) 14:00開演 (13:30開場)
日本基督教団静岡草深教会
チケット 前売 2000円 / 当日 2500円

J.S.バッハ モテット 第3番 BWV227
「イエス、わが喜び」 合唱

J.S.バッハ モテット 第6番 BWV230
「すべての異邦人よ、主をたたえよ」 合唱と通奏低音

J.S.バッハ カンタータ 第4番 BWV4
「キリストは、死の縄目につながれしが」 合唱と独唱と器楽
独唱:井手 守

指揮/坪井貞夫
合唱/静岡バッハ合唱団 磐田バッハ合唱団(賛助出演)
管弦楽/ 静岡バッハアンサンブル(C/M 大西律子)

静岡バッハ合唱団
http://sbachchor.com/
https://www.facebook.com/shizuokabachchoir
団員募集については、上記サイト問い合わせ先までお願いいたします。

2017_SBC_A.jpg2017_SBC_B.jpg
posted by site manager at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする