静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2016年05月31日

混声合唱団みしま 第3回定期演奏会

今回は県東部、その名の通り三島で活動する「混声合唱団みしま」さんの
第3回定期演奏会をご紹介しましょう。
ご縁があって、このblogでは初回の演奏会からご案内をしてきました。
今回も若宮団長さんから選曲とお誘いのメッセージをいただきました。
早いもので、混声みしまの第2回定演からもう2年が近づいており、幸いにも第3回演奏会を来る7月24日に開催の運びとなりました。また、今回は創団5周年を目前にした節目の演奏会ともなります。
第3回の定演では、第1ステージでフォーレの合唱曲「Salve, Regina、Tantum ergo、マドリガル、パヴァーヌ、ラシーヌの雅歌 」、第2ステージは日本の合唱組曲として9曲からなる「光る砂漠(矢澤 宰作詞/萩原英彦作曲)」を演奏します。第1回定演の時の「季節へのまなざし:荻久保和明作曲」と同様みしまにとってはかなりの難曲で何とか本番までには完成させたいと思っています。
過去2回の定演では、混声みしまの方向を見極めるために、混声合唱の基本を学ぶことが出来るような作品を演奏してきました。第3回もその方針に代わりはありませんが、過去の定演で聴集の皆様からもう少し肩の凝らない演奏をというご希望が多くありましたので、第3ステージで「くつろぎのひと時」と題して、「 星に願いを、 見上げてごらん夜の星を、 O Danny boy、ウィーン,わが夢のまち、トリッチ・トラッチ・ポルカ 」を演奏いたします。
いずれもみしまのモットーである「つややかな響き」を重視したハーモニーの美しさをお聴きいただくよう努力したいと思っています。
また、今回は第1、第3ステージで若手演奏家によるアンサンブルとの共演をお楽しみいただきたいとも思っております。

これまでにも書いてきたように、みしまさんは伊豆フィルの「レクイエム」
(ヴェルディ)をきっかけとして設立された団体さんですが、姉妹団
(と勝手に思っている)静岡ヴェルディ合唱団さんや伊豆ヴェルディ合唱団とは
選曲の傾向が若干ちがうんですよね。
静ヴェル/伊豆ヴェルさんはヴェルレクの流れからオーケストラ付き大曲や
オペラ曲などがこれまで選曲されてきましたが、みしまさんは
いわゆるオールド系合唱団とでもいうんでしょうか、昔ながらの
オーソドックスな選曲で活動をされてきています。
良し悪しというわけでなく、いろんな選択肢があるというのはいいことです。

さらには指揮の小屋敷先生、ピアノの廣瀬さんを中心にあつまった
若手の器楽奏者で構成されたM&Mアンサンブルも魅力です。
前回はモツレクの大きい編成(オーケストラ)でしたが、今回は
息遣いの聞こえる室内楽編成の様子、音量にかまけることのない、
いきいきとした音楽が楽しめそうです。

若宮団長がおっしゃるように、2回の演奏会を経験した「みしま」さんが
それを血肉として、解釈や演奏表現が難しい「光る砂漠」や、お客様に
楽しんでいただくために演奏する「くつろぎのひと時」ステージ。
「みしま」さんがまた新たなステップに進んだ演奏会に
なるのではないでしょうか。

///

混声合唱団みしま第3回定期演奏会
2016年7月24日(日) 14 : 00開演 (13 : 30開場)
三島市民文化会館大ホール
一般1,500円 高校生以下500円(全席自由)

○フォーレの合唱曲
Salve, Regina / Ta ntum er go / マドリガル /
パヴァーヌ / ラシーヌの雅歌

○日本の合唱組曲
「光る砂漠(矢澤 宰作詞/萩原英彦作曲)」

○「くつろぎのひと時」
星に願いを / 見上げてごらん夜の星を / O Danny Boy
トリッチ・トラッチ・ポルカ / ウィーン,わが夢のまち

指揮 / 小屋敷 誠
ピアノ / 廣瀬 充
共演 / M&Mアンサンブル

合唱 / 混声合唱団みしま


混声合唱団みしま
練習日 第1、第3水曜日(都合により変更あり)
時間 18:30〜20:45
三島市民生涯学習センター または 三島市民文化会館
http://konsei-mishima.com/index.html

2016C-mishimaA.jpg
posted by site manager at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

合唱団まい第18回演奏会IN浜松

連休も終わり、梅雨が始まるまでの過ごしやすい時期ですね。
合唱祭も各所で始まりますが,思い切って先の演奏会をご紹介しましょう。
合唱団まいの第18回演奏会IN浜松です。

。。。えっと、合唱団まい?
はじめてこの団体名に触れる方も多いかもしれませんね。
そこでweb担当の羽田(はだ)さんに自己紹介とメッセージを
いただきました。
静岡県の皆様、浜松市の皆様こんにちは。私達は天竜川の上流、お隣長野県の伊那市(標高632m)で活動しています「合唱団まい」と申します。この度は縁あって7月31日(日)に浜松市で演奏会を開催することになりました。
普段は松本市で演奏会をしていることもあり、私達のことをご存知ない方もたくさんいらっしゃるかと思いますので、簡単に自己紹介をさせて頂きます。

合唱団まいは1992年の結成以来、10数名のメンバーで活動し、少人数のアンサンブルを追求しております。メンバーは長野県内に限らず県外からも集まっています。浜松から参加しているメンバーもいますので、夏の暑さの厳しい時には是非避暑がてら見学にお越しください
(冬は凍える寒さと雪化粧が楽しめます...)

メンバーひとり一人が思い思いの解釈やアイデアを出し合い、粘り強く理想の接点を見い出していく「車座スタイル」の音楽創りが、まいのアンサンブルの原点です。
音楽監督の雨森文也氏の溢れる情熱と深い見識に裏付けられた音楽のエッセンスが加わることで、歌うごとに新鮮な感動が吹き込まれます。

今回の演奏会は、昔からのレパートリーであるルネサンスポリフォニーや、近年取り組んできたドイツロマン派の音楽、宗教曲や日本語のステージなど、時代も言語もとりどりの曲目を皆様に楽しんで頂けたらと思います。
特に、昨年全日本合唱コンクールで自由曲として歌わせて頂いたブラームス「愛の歌」は、ピアニストの平林知子先生と雨森先生の連弾、指揮者無しという、本来の重唱曲に近いスタイルで演奏する予定で、見どころの一つになっております。
静岡県にお住まいの皆様はもちろん、浜松市は新幹線も通る大きな都市ですので、普段なかなかまいの演奏会に来られない方もお越し頂けたら嬉しいです。
当日に皆様にお会い出来ることを団員一同楽しみにしております。

合唱団まいホームページ
http://gasshodanmai.jimdo.com/
ご紹介文にもありますように、まいさんはコンクールにも参加され
全日本合唱コンクールで6度の金賞、国内にとどまらず、イタリアの
アレッツォ国際ポリフォニーコンテストでも合唱団部門(7〜32人)2位、
歴史時代 区分C部門(1600-1750年)1位獲得、グランプリ大会出場と
優秀な成績をおさめられています。
全日本合唱コンクールに参加されたことのあるみなさんには、
全国金賞の重みはよーくご理解いただけるのではないでしょうか。

ちなみに静岡県の団体は2013年以来、なかなか全国大会に進めません。
いろんな意味で、静岡のどの団体とも違う合唱団さんでしょう。
#まいにかぎらず、そんなこと当たり前ですけどね。

ホームページの写真にありますように、まいは少人数での演奏です。
ですがその人数以上に濃密な響きで、ホールと心が満たされます。
少人数ならではのきめ細かく、隅々まで想いと音楽性がつまった演奏に
浜松で触れられるのは、なかなかないことだと思います。

直接の縁がないアマチュア演奏会、って出かけるきっかけが
ないかもしれませんが、コンクールに挑戦する団体さんはもちろん、
合唱好きのみなさん、全ての方に「合唱ってすごいんだよ」と
感じてもらえる演奏会になるとおもいますよ。
おすすめです。

///

合唱団まい第18回演奏会IN浜松
2016年7月31日(日) 開演14:30 (開場14:00)
浜松市福祉交流センター ホール
チケット1500円 大学生以下 800円

音楽監督 雨森文也
ピアノ 平林知子

○ルネサンス・バロック
タリス「エレミアの哀歌」より
パレストリーナ「教皇マルチェルスのミサ」より
ビクトリア「レクイエム」より
ロッティ「十字架に架けられて」
モンテヴェルディ「マドリガーレ集4巻」より

○邦人作品
三善晃「やじろべえ」(五つの童画)
千原英喜「おらしょII」(おらしょ)
信長貴富「唄」(もし鳥だったなら)
萩原英彦「想い出になりきれない想い出」(深き淵より)
田三郎「雲雀にかわれ」(わたしの願い)

○ドイツロマン派
ブルックナー「キリストはおのれを低くして」
ラインベルガー「夕べのうた」
ブラームス「愛の歌」「新・愛の歌」より


※曲目は変更になることがあります

合唱団まい
http://gasshodanmai.jimdo.com/

2016maiA.jpg2016maiB.jpg
posted by site manager at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合唱祭の季節です2016

みなさんこんにちは。
気がつけば5月も最終週で梅雨目前、貴重な晴れの日曜日
いかがお過ごしですか。
春から夏前のこの時期は合唱も演奏会がいろいろありますが、
同時に合唱祭のシーズンでもあります。
既に富士市では恒例のコーラスフェスティバルが開かれ、
6月には県の合唱祭と静岡市の合唱祭が開かれます。

いまさらながらですが「合唱祭」とは、合唱演奏が
いっぱい聴けるイベントです。
合唱演奏とともに、講習会やボイストレーニング、
企画ステージ向けセミナーや小アンサンブルコンテストなど
京都のようなおかしい(褒め言葉)ところもありますが、基本は
参加団体が各10分前後の持ち時間を使って演奏をする会です。

直近は6月5日の静岡市合唱のつどい、その翌週12日に
県民合唱祭と遠州婦人合唱祭が開かれます。
また吹奏楽も含みますが、三ヶ日でオレンジコンサートが
23日開かれます。

このブログでは合唱団の演奏会を中心にご案内していますが、
世の中の全ての団体が自分たちの演奏会を開けるかといえば
費用や曲数、運営で厳しいことがほとんどです。
たったの10分前後ですが、そういう意味では演奏機会の少ない
団体さんにとっては合唱祭は貴重な演奏の場、 年に一度の
大切な演奏会なのです。
もちろん定期演奏会を開く団体さんにとっても、その重要度は同じ、
つまり見方を変えれば、定期演奏会レベルの想いのこもった演奏が
たっぷり楽しめる、という物であります。

合唱祭は特定の団体の演奏会ではないので、知り合いがずっと出る
わけでもないし、自分の好みの団体ばかりではないでしょう。
また長時間にわたるときですと、早い時間や遅い時間などで
客席がさみしいこともあります。
自分にとって興味のある、縁のあるところだけ楽しみたい、
そういう楽しみ方ができるのも合唱祭の魅力でありますが、
そのもう一歩先、自分とはあまり縁のなかった分野に出会えるかも
しれないのが合唱祭と思います。
合唱になじみのないお知り合いを誘う場合はまず自分の舞台、
ちょっと合唱好きな方には自分の出るブロックを観てもらい、
もっと合唱好きな方には「自分の葬式で歌ってほしい団体」を
選ぶとか、掛け持ちしている人を数えてみるなど、ちょっとマニアな
楽しみ方をしてみるのも、いいかもしれません。

そうそう、合唱に限らず演奏会ってのに初めてお出かけいただく
方のために、簡単なガイドを以前書きましたので、
こちらもあわせてご覧いただけるとうれしいです。
合唱演奏会鑑賞手引き

///

第14回静岡市民文化祭 合唱のつどい
2016/6/5(日) 開演12:30
静岡音楽館AOI
静岡市合唱連盟 http://utaou.net/

第61回静岡県民合唱祭
2016/6/12(日)
10:00(予定)〜19:00(予定)
三島市民文化会館ゆうゆうホール大ホール
静岡県合唱連盟 http://shizuoka-jca.com/

第37回 遠州婦人合唱祭
2016/6/12(日)
13:30〜16:30 (開場 13:00)
アクトシティ浜松 中ホール
入場無料

オレンジコンサート in 三ヶ日2016
2016/6/26(日)
開演13:30 (開場 12:45)
浜松市三ヶ日文化ホール
入場無料
主催 まきの木コーラス http://blog.livedoor.jp/makinokichorus/
posted by site manager at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

静岡合唱団第38回定期演奏会

世間は大型連休、岐阜でお出かけの合唱ファンも多いようですね。
今日は静岡県のフラグシップ合唱団の一つ、静岡合唱団さんの
第38回定期演奏会をご案内します。
前回はこんな感じでご紹介していました。

今回の窓口を担当されている大井さんにメッセージをいただきました。
静岡合唱団は創立56年目を迎えた老舗の合唱団で、現在は大学院生から80代まで幅広い年齢層の団員で活動しています。
定期演奏会も38回を迎えることができました。今回の演奏会は、静唱が普段取り組んでいる音楽を聴いていただくのと同時に、誰でも知っている懐かしい歌を取り上げ、皆さんに楽しんでいただける演奏会にしたいと団員一同張り切っております。

静岡合唱団さんは浜松合唱団さんとともにコンクールにも積極的に
取り組まれていますが、それ以外にも団員さんのなかには東京はじめ関東の
合唱団に所属されたり、辻先生のご縁を大事にした活動をされています。

今回の静岡合唱団さんの演奏会チラシ、ひと目見て
「ん〜、オールディーズ」ってデザインですものね。

新幹線はダンゴッ鼻のゼロ系なので、ナウなヤングの
みなさんのなかには、東京タワーくらいしか実際のものを
見たことがない、という方もいらっしゃるかもしれません。
そんなおっさんホイホイチラシ(笑)に誘われてプログラムを
見てみると、なるほど、懐かしい曲が多く組まれています。

古くて新しいブラームスに瑞々しい感性を言葉にこめる金子みすゞ、
そしてアニメソングの詰め合わせ。そういえば先日のNHKFMでは
毎回濃密な選曲をするアニメ三昧が放送されていましたね。
さすがに184曲は演奏されませんが、静岡合唱団さんの演奏会でも
聴いても観ても楽しい演出が用意されているようです。
先日某所で静岡合唱団の団員さんとご一緒する機会がありましたが
その際にも
この曲の振りがなかなか覚えられなくて
毎回何かしら○○さんは本番でアドリブをぶちかましてくるので、負けじとがんばらなくちゃ

等という声が聞こえてきました。
合唱は決めごとも大事ですが、リアルタイムでうまれる掛け合いの中で
生まれるハーモニーもあると思います。
静岡合唱団さんはどんなものを見せてくれるのでしょうか。
楽しみですね。

///

静岡合唱団第38回定期演奏会
2016年5月15日(日) 開演14:00 (開場13:30)
静岡音楽館AOI
チケット1000円 高校生以下無料
指揮 鈴木与志一 / 小林由夫
ピアノ 武藤礼子

第1ステージ
リーダーシャッツ21世界のうたより
ローレライ 赤いサラファン フニクニフニクラ 他

第2ステージ
Brahms Nanie、モテット Op74

第3ステージ
金子みすゞ作詩 石若雅弥作曲
混声合唱とピアノのための「こだまでしょうか」

第4ステージ 編曲 信長貴富
無伴奏混声合唱のためのアニソン・オールディーズ 

静岡合唱団
練習日 毎週金曜日 18:30〜21:00
静岡市葵生涯学習センター(アイセル21)
http://shizuoka-choir.blogspot.jp/

shizusyo_38.jpg
posted by site manager at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

仏教讃歌の調べ 慈しみの心を音楽にのせて

今回はちょっと珍しい演奏会をご紹介しましょう。
静岡市の青葉シンボルロード沿い、どん突きのあたりに
「教覚寺」(きょうがくじ)というお寺があるのですが、
このお寺が現在の地に移って400年になるとのことで、
記念コンサートが開かれます。

お寺のコンサートをこの合唱blogでご紹介、ということで
もう勘づかれている方も多いでしょう。
「静岡」「合唱」「寺」といえば、そう、TERRA。
教覚寺は静岡混声合唱団TERRAが練習会場としている場所であり、
TERRAを率いる指揮者、南荘宏さん(ご住職)のお寺でもあります。
TERRA自体は仏教讃歌を専門に歌う団体ではないのですが、
そういったこともあり、このコンサートはTERRAも参加されます。

ところで、お経や和讃、お題目などは比較的身近に触れる機会は
多いですが、これが仏教音楽(仏教讃歌)というととたんに縁遠いものに
なってしまっているのではないでしょうか。
仏教の各宗派の本山付の合唱団だけではなく、磐田の満徳寺さんはじめ
国内には少なくない数の団体さんがあるんですけどね。
宗教曲と言ってキリスト教のミサ曲がぱっと浮かんでも、お寺の
コンサートといってイメージがつかない方もいらっしゃるかも
しれません。

仏教讃歌とはチラシによれば、
明治以降多くの作詞者・作曲家によって数多くの「仏教讃歌」とよばれるものが作られてきましたが、西洋音楽に慣れ親しんだ門信徒の間で、親しみやすく歌いやすいものとして受け入れられてきました。浄土真宗は法要・儀式・季節の行事・教化団体の活動など、門信徒が集う機会が数多くあり、その際には必ずと言ってよいほど仏教讃歌が歌われます。信仰を同じくする者同士が歓びをわかちあい、絆がむすばれていくのです。

とのこと。私も仏教系の学校で仏教讃歌に触れる機会が多くありましたが、
荘厳な曲もあれば、童謡というか、ふとしたときに口ずさみたくなるような
いい曲が本当にたくさんあります。
男声合唱ファンにはおなじみの多田武彦や清水脩も、仏教讃歌をいっぱい
作曲されています。伺ったところ今回は
曲は、山田耕筰、中山晋平、中田喜直、清水脩など
そうそうたる顔ぶれです。

とのこと、どの作曲家も単に技巧を凝らすだけでなく、作品の中に
愛や慈しみをこめるのが特色の方々です。

今回はTERRAだけでなく、広島を拠点に活動をされている二胡奏者の
姜暁艶(ジャン・ショウイェン)さんもお話と演奏でご出演されます。
ホームページにあるメッセージを拝読すると、姜さんの思いと、
今回のコンサートの企画がばっちり組み合わさるのがわかりますよ。

お寺主催のコンサートですが、お寺の外の方にも気軽に足を運んでほしい、
西洋の宗教曲と日本の仏教讃歌の違いや類似点、もちろん音楽の心に
思いを馳せるのもいいですね。

///

仏教讃歌の調べ 慈しみの心を音楽にのせて
2016年5月15日(日) 14:00開演 (開場13:30)
しずぎんホールユーフォニア
チケット 1000円

指揮とお話 / 南荘 宏
ピアノ / カタヴァ美紀
二胡奏者 / 姜 暁艶
静岡混声合唱団TERRA

お問い合わせ 教覚寺 054-252-5091
http://homepage2.nifty.com/shizuoka-kyogakuji/

教覚寺400周年.jpg
posted by site manager at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。