静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/3/17 寄せ楽 移転更新)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2015年09月29日

静岡混声合唱団ひびき創立20周年記念コンサート

みなさん秋の連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。
今回は静岡混声合唱団ひびきさんの創立20周年記念演奏会を
ご紹介します。このblogでは創立15周年のときに記事を
かいていましたね。5年ぶりのご紹介となります。

ずいぶん久しぶりという引け目、というわけではないのですが、
たまたま仕事が空いたタイミングということもあり、ひびきさんの
通常活動日、練習前におじゃまし、団長の横山さんと加藤さんに
お話を伺ってきました。

///

ーーーというわけで、よろしくお願いします。
さっそくですが、あらためてひびきさんのご紹介を。


横山さん
それはもう、ホームページを見てもらったら一発です。
とはいってもそれだけじゃ記事にならないかな。
ひびき前史(静響合唱団)からの団員が3分の2、ひびき以降が3分の1、
平均年齢は・・・ちょっと高めなのでヒミツということで。
合唱歴の長い実力派や、ひびき以外の団体を掛け持ちしている
実力派も多いです。
設立経緯からオーケストラと共演するのに慣れていることもあり、
マリナートこけら落とし第九やJAOフェスチバル、多くの公的組織や
オーケストラから共演の依頼をいただくことがあります。
違う指揮者で歌ってきた積み重ねもあり、合唱団でありながら
さまざまな指揮者の棒にも対応できると自負しています。

ーーーそれでは、今回の演奏会について

横山さん
ひびきといえばオーケストラ曲のイメージが強いと思いますが、
ピアノ伴奏曲も今回のステージに用意しています。
誰もが耳にしたことのある曲を、イギリスの作曲家チルコットによる
編曲でお楽しみいただく「故郷」。日本の歌なんですが、
練習では「地中海風」とか「アメリカ」とか、リズムと重なりが
大変です。

加藤さん
佐藤先生(Ken-P)ステージは、作曲者ご本人による指揮ということで
作曲者の意図した音楽をお聴きいただけるのがポイントです。
佐藤先生の指揮に触れる機会は、静岡県でもそうないでしょう。

Rutterは、オーケストラと合唱で美しいひびきをお聴きください。
今回はAOIのパイプオルガンを使いますよ。

ーーーそれでは、最後にひと言。

横山さん
ひびきは通常練習で横山、森両トレーナーによる発声トレーニングを受け
芸術祭にも参加、ここ数年は連続して奨励賞をいただいています。
ちかごろはソロをとれるような若い団員も加入して活動も順調ですし、
そろそろもっと上を、と思っています。
残り2週間ほど最後の踏ん張り練習をして、ご来場をお待ちしています。

///

第11回静岡市芸術祭
静岡混声合唱団ひびき創立20周年記念コンサート
2015年10月11日(日) 13:30開演(開場13:00)
音楽館AOIホール
入場料:2000円

Furusato 故郷
日本の歌による5つの合唱曲
編/Bob Chilcott

混声合唱、ソプラノソロと小編成オーケストラのための
Requiem Pacis
曲/佐藤賢太郎(Ken-P)

Magnificat
曲/John Rutter


指揮/浅野武 (1) 佐藤賢太郎(2) 高橋俊之(3)
ピアノ/佐渡千春(1)
ソプラノ/横山靖代(2,3)
管弦楽/コレギウム・ムジクム静岡

静岡混声合唱団ひびき
練習日 毎週木曜日 18:30〜21:00
葵生涯学習センター(アイセル21)
http://chor-hibiki.jp/index.html

hibiki2015_20th.jpg
posted by site manager at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

静岡バッハ合唱団「ロ短調ミサ曲」

今回は静岡市で活動する静岡バッハ合唱団さんの演奏会のご紹介。
昨年の実験工房を経て、満を持してのロ短調ミサ本公演です。

静岡バッハ合唱団の大石さんに伺ったところ、合唱団紹介や
聴きどころなどあついメッセージをいただきました。

///ここから

聞きどころはもちろん、古楽ピッチでの演奏と、そしてプロの
古楽オケ、プロのソリストとの演奏というのが、一番の売り所です。
静岡ではなかなか聴ける機会がない、古楽の第一線で活躍中の
プロの方達との演奏会です。
古楽オケはモダンオケと違ってピッチが低くなります。
半音低い世界をぜひ味わってみてください!
もちろん楽器も古楽のオリジナル楽器になります。バイオリンなどは
弓が短くなるため、演奏方法が異なります。しかも音形を付けて
とてもシックに演奏して下さるので、現代のオケとは一味も二味も
違います〜♪
宮廷で紅茶を飲みながら…とはいかないまでも、バロック時代に
脳内タイムスリップできる音色だと思います。

そして、静岡バッハ合唱団も発足8年目になり、ようやく
マエストロからロ短調ミサを演奏しても良いというお許しが出ました。
前回のマニフィカート&モツレク演奏会から2年越しの練習を経ての
本番となります。正直、現段階でも先生の目指すところは高く、
なかなか練習でもOKがもらえません。まだまだスタート地点に
立ったばかりです。
マエストロには、このまま練習をしても何十年とかかると言われます(笑)
そんな静岡メンバーに加えて、約倍の磐田メンバーが参加します。
各パートソリストも2名いますので、曲のイメージに合った
贅沢なソロが味わえると思います。
古楽で有名なあの方やあの方の歌が静岡AOIで聴けるなんて!!
多分東京での演奏会であれば、チケット代は4000円でも安いという
豪華な顔ぶれです。
私達、静岡メンバーもこのソリストの方達と一緒に演奏会が出来ることを、
毎回心待ちにして日々練習に取り組んでいます。
前日リハーサルからゲネプロそして本番と回を重ねる毎に、演奏が確実に
良いものになっていくことが、今からとても楽しみです!
10月の連休の始まりの日ではありますが、もしご興味のある方が
いらっしゃいましたら是非聴きにいらして下さい。
団員一同、心よりお待ちしております!

///ここまで

ご説明するまでもないですが、本文中にある「古楽ピッチ」
「ピッチが低い」とは、調律が現代の一般的なA=440Hzではない
ということです。って書いても説明にならないですねぇ。
例えば、学校のピアノで「ラ」を弾くのと、この古楽ピッチで
歌う時の「ラ」は、同じ高さではない(半音ほど低い)という。。。
すごく簡単(乱暴)にいうとそういうことになるんですが、
ではなんで古楽ピッチなるものが存在するのかという話になると
また面倒(むずかしい)話になるので、ご興味の方はぜひ
調べてみてください。

コメントにもありますように、磐田バッハの皆さんも賛助参加。
プロ/セミプロの声楽家が在籍する団体さんですので、ある意味
指揮者のやろうとしている音楽をするための技術的障壁は
この団体さんにはありません。
その力を借りつつ設立8年で培ってきたものを、このバッハの
最高傑作でどう表現されるか、興味深いところです。

///

静岡バッハ合唱団演奏会
J.S.Bach. 「ミサ曲ロ短調」 BWV232
2015年10月10日(土) 14:00開演 (13:30開場)
静岡音楽館AOI
チケット 前売 2500円 / 当日 3000円 / 高校生以下 1000円

指揮/坪井貞夫
合唱/静岡バッハ合唱団 磐田バッハ合唱団(賛助出演)
管弦楽/モーツアルト・アカデミー・トウキョウ(C/M 大西律子)

静岡バッハ合唱団
http://sbachchor.com/
https://www.facebook.com/shizuokabachchoir
団員募集については、上記サイト問い合わせ先までお願いいたします。
posted by site manager at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広報について考える

広報力アップ講座なるものが地元で開催されたので、
ひょこひょこと出かけてまいりました。
マスメディアに取り上げてもらうためにどういうプレスリリースを
だせばいいのかという主題で、今の自分の立場として云々、と
いうものではなかったのですが、いくつかの収穫はありました。

///

自分は、企画の主体でもないし、スタッフでも合唱団員でもない。
単なる合唱好きで、活動の主体者からしたら、完全なる部外者です。
その外野がどうこう言うのは、当事者さんにとっては余計なお世話。
「よかれと思って」というのはこちらの話、そんなにいうなら
「お前が企画してやってみろ」でバッサリされて当然です。

とはいえ、以前から繰り返し書いていますように、このblogは

posted by site manager at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

合唱サロン川合8月の報告と9月のご案内

早くも秋雨前線、といった昨今ですが、皆さんお変わりありませんか。
合唱サロン川合主宰の松本さんから活動報告をいただきましたので
ご紹介しますね。

///ここから

8/30のサロンは都合のつかない方が多く、s2,a3、t1、b2の8人でした。
Zigeunerlebenの歌詞を朗読してから合わせましたが、皆さんよく練習され
かなりいいハモリが出ました。あとはテンポを上げてもドイツ語がしっかり
音符に乗るようにもう少し練習すればもう完成か、と思われます。
Amazing GraceとOver the rainbowも合わせてみました。かなり時間をかけて
取り組んでいるため、自分のパートをきちんと歌える方が増えてきました。
たいへん難しい音程でぶつかり合って複雑なハーモニーの曲ですが、
慣れてくると自分のパートをまるでソロを歌っている時と同じ感覚で
歌えるようになってくるものですね。そこまで来るとハーモニーを
楽しめるようになってきます。
サロンは発表会もないので7,8割の出来で卒業、という気持ちでいましたが、
ここまでくると完璧なハーモニーを目指したい、という欲が出てくるものです。
毎回1,2回程度しか歌わない古い歌も熟成するまで歌い続ける大切さが
わかってきました。
休憩の後、個人のソロを3人聴かせてくれました。TostiのIdeale、メサイアから
Ev'ry Valley、ロ短調ミサ曲からQui sedes の3曲でした。時々こうしてソロを
歌うことにより独唱に慣れ、人前であがらない度胸をつけることと、
自分の歌唱の長所、短所をみるうえで効果があると思いました。
今後も機会があればやってみたいと思います。
後半は「水のいのち」を伴奏つきで歌いました。最後の5曲めが伴奏と歌の
タイミングが難しく少し乱れましたが、各パートは自信を持って歌っており、
指揮者を置いてしっかり取り組めばかなりいい合唱になると感じました。
最後はロ短調ミサですがパートによってはもう少し歌いこんで慣れる
必要があると思いました。ひと月に一回の練習なので急速な成長は
期待できないと思いますが、一人ひとりの実力からすれば、近いうちに
きっと見事な合唱になると思います。
参加人数は少なかったですが、いつもの通り和気あいあいとした雰囲気で
進歩を感じることができた練習でした。

次回9月の練習日について今までにいただいたご希望が、今回はかなり
ばらけてしましました。そこで例外的に9月は2回練習日を設けますので
どちらか一方、あるいは両方にご出席ください。
日時は9/23(水祝)と9/27(日)です。いずれも13:30から17:00まで。
この報告書をお読みになって合唱サロンに興味を持たれた方は
下記アドレスにご一報ください。場所等お知らせしますのでどうぞ
お気軽に遊びにいらして下さい。
yuzo-mato9596@re.commufa.jp 松本
posted by site manager at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

混声合唱団 Gioia 第1回コンサート「愛夢Gioia」

9月はムシムシ大雨のスタートとなりましたが、それでも8月とは
ちょっと違う雰囲気がありますね。
蝉の皆さんとも、また一年のおわかれでしょうか。

さて、今回は焼津市で活動する混声合唱団Gioia(ジョイア)さんの
初の単独コンサート、その名も「愛夢Gioia」をご紹介します。
説明するのも無粋ですが、きっと I'm との掛詞でしょう。

Gioiaさんは今年で結成5年目、同地で伊藤眞知子先生率いる
合唱団Marmo(マルモ)さんの演奏会企画として混声ステージがあり
その流れで結成された、とどこかで読んだような記憶があります。
違ったらごめんなさい。
どっかの口だけの人と違って、結成以来こつこつと活動を続け
合唱コンクールや芸術祭にも参加、合唱コンクールでは県代表選出、
また昨年度はとうとう静岡県芸術祭の本賞を受賞されました。
すばらしい団体さんです。

このコンサートの聴きどころを、Gioiaの蒔田さんに伺いました。
愛夢Gioiaと題して、「花に寄せて」は母へ、「幼年連祷」は幼き日々へ、「良寛相聞」では幻想的な響きの中で貞信尼との心の交流を表現していこうと思います。団名の「Gioia」はイタリア語で「よろこび」、出演者もお客様も音楽の中で、よころびの時間を過ごしたいと思います。

結成5年目にして初の単独演奏会、チケットは既に完売状態とのこと。
当日券もほとんど出ないようです。
技量も活動も充実、まさに満を持しての演奏会開催でしょう。
よい音楽が響き渡りますように。

///

混声合唱団 Gioia 第1回コンサート「愛夢Gioia」
2015年9月5日(土) 開演 13:30 (開場 13:00)
静岡音楽館AOI
全席自由 1000円(ほぼ完売とのことです、ご注意ください)

I 新実徳英 作曲集
「花に寄せて」より
「幼年連祷」より

II 夢をのせて
北の国から / 夢の中へ / トルコ行進曲 ほか

III 千原英喜の世界
「良寛相聞」より

指揮 / 伊藤眞知子
ピアノ / 松野真有美

混声合唱団Gioia(ジョイア)
練習日 毎週木曜日 19:00-21:00
練習場所 焼津市豊田公民館
posted by site manager at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする