静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/3/17 寄せ楽 移転更新)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2015年05月01日

男声合唱「BOSCO」"ポエム(詩)の世界を歌う"II

本業と家庭の事情でばたばたしていたら、なんとGWですって。
自分がオンステした演奏会もご案内することなく
時間が経っちゃいました。
いろいろと考えちゃいますが、それは中の人の話。

このblogでも書いたような記憶がありますが、人口の半分は男性、
半分は女性なんです。それなのに日本の合唱の世界は女声合唱団が
莫大な数、混声合唱団がいっぱいあって、男声合唱団はなぜか
「探すとある」状態です。
静岡でもそれは同じですが、その男声合唱団はどこも魅力的。
そんななかから、今回は東部で活動する男声合唱「BOSCO」さんの
演奏会をご紹介します。

BOSCOさんを率いる高橋先生からご案内をいただきましたので
ご紹介しましょう。
男声合唱「BOSCO」(イタリア語で森の意)は、結成は1992年、その後2002年に再編成され現在に至っています。静岡県東部には男声合唱団は数少なく5団体ぐらいしかありません。
私たちは沼津市を拠点にして活動しています。団員は沼津市、三島市、清水町、長泉町、遠くは伊東市、伊豆市、伊豆の国市と広範囲に渡り、男声合唱のハーモニーの魅力にとりつかれた15人が、毎週土曜日の夜に「しなやかな響き」を求めて練習に励んでいます。ファーストコンサートから3年たち、第2回目のコンサートを開催する運びとなり、団員一同張り切っています。

演奏曲に関してもご紹介くださっています。
第1ステージは「歌い継ぐ日本のうた」5曲です。
第2ステージは、ファーストコンサートの「東京景物詩」全曲につづき、「東京景物詩・第二」全曲に挑戦します。白秋の洗練された東京の都市生活と、昔ながらの下町の江戸情緒が混ざりあった“耽美と哀愁の世界”を見事に描いています。
雨あがりの都会の風景の中で、白秋が感じ取った「東京」の魅力と危うさを歌う「雨あがり」。都会の暮らしの中で少年の頃の淡い恋を、ふと思い出す「梨の畑」。都会の洗練された生活。丘の上のおしゃれな洋館から見下ろしながら感じるむなしさを、哀愁おびたテナーのソロがハーモニーに支えられて切々と歌う「六月」。道ならぬ恋に落ちた二人。緑色の薄荷酒の向こうに見え隠れする恋の苦しみを歌う「薄荷酒」(はっかざけ)。
遂げられぬ恋の深く、激しい愛欲の世界を、ユーモラスな調べの中に、悲しく、切なく歌う「蟇」(ひきがえる)。疲れた身体を癒し、故郷の海に似た海岸にやってきた白秋の姿が投影されている最終曲「秋」。

第3ステージは、落語による男声合唱組曲「おとこはおとこ」から3曲を抜粋して演奏します。
 普段は紳士の集まりのBOSCOのメンバーが、あずま男となにわの男の見栄の張り合いを、パフォーマンスを交えてユーモラスに歌います。

 第4ステージは、おとこたちが歌う愛唱歌アラカルト。愛唱歌は国境もなければ、民族の違いもありません。人それぞれに心に宿る風景があります。ふと口ずさむメロディーは、いつも想い出と寄り添いながら……。
 1曲目は、佐渡おけさ、南部牛追い歌、ソーラン節、竹田の子守唄、会津磐梯山と五つの日本民謡をメドレーで。続いて皆様よくご存じの「琵琶湖周航の歌」。そして3曲目のロシア民謡「ステンカラージン」ではアカペラの響きとともに、バリトンソロが朗々と歌います。

 合唱、それは多くの人々の夢が一つとなる素晴らしいひとときです。名曲は人生の友、果てしなき旅の伴侶とも云えます。
フィナーレは、クラッシックなぬくもりの世界を。パッヘルベルのカノンを主題にした「遠い日の歌」、ヘンデル作曲の名曲「Ombra mai fu」。男声合唱「BOSCO」が心を一つにして歌います。

是非、多くの方々のご来場をお待ちしております。

高橋先生のご紹介以上に、なにを素人が書けるかなぁと考えたのですが、
実は思いつきませんでした。

あえて書くまでもないような気がするからです。
「男声合唱は、歌っても聴いても楽しい」んですから。

///


男声合唱「BOSCO」"“ポエム(詩)の世界を歌う" II
2015年5月31日(日) 13:30 開演
三島市民文化会館小ホール
入場無料 要整理券(当日可)
連絡先 055-986-2734(高橋)

第1ステージ
I 歌い継ぐ日本のうた
  ふるさと /浜辺の歌 / 花 / 荒城の月 / 鯉のぼり   

II 北原白秋の描く“耽美と哀愁の世界”へ
  男声合唱組曲「東京景物詩・第2」 
    雨あがり / 梨の畑 / 六月 / 薄荷酒(はっかざけ) / 蟇(ひきがえる) / 秋
 
III あずま男となにわの男 〜見栄の張り合いは?〜
  男声合唱組曲「おとこはおとこ」から
   第1舟唄 / 東西なぞなぞ合戦 / おとこはおとこ

IV おとこたちが歌う “愛唱歌アラカルト”
  男声合唱のための日本民謡メドレー 「ハア ドッコイショ」 
   琵琶湖周航の歌 / ステンカラージン / 遠い日の歌 / Ombra mai fu   

指揮 / 高橋 孝
ピアノ / 宮本 玲子

男声合唱「BOSCO」
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/6058/
練習 毎週土曜日 19:00-20:30
静岡県沼津市第2小学校内 松風ホール

bosco2015.jpg
posted by site manager at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする