静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/3/17 寄せ楽 移転更新)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2014年10月28日

平成26年度藤枝市明文化祭「コーラスの部」に行ったよ

10月26日、この日は清水マリナートで静岡市文化祭音楽祭があったり、
浜松でアンサンブルムジーク女声合唱団の演奏会があったり、
静岡で知人の主宰する歌い合わせ企画があったり、大垣で練習があったり
インザライフで柳家三三独演会があったりと行きたいところが
いっぱいあったのですが、地元の用事でくすぶっておりました。
それが午後の中途半端な時間に片付き、急に宙ぶらりんに。
昼寝をしてもよかったのですが、笑点の時間くらいまで寝すぎて
しまいそうなので、久しぶりにお隣藤枝市の市民文化祭
「コーラスの部」に出かけてきました。
(以降この記事では「合唱祭」と表記しますね。)

藤枝の合唱祭へは5年前に伺って以来、久しぶりです。
その時の様子をこんな感じで書きました。

会場の藤枝市民会館は1年前に改装されたばかりで、明るい白木が
やわらかな光を反射するいい雰囲気。
反響板をはじめとするホール構造は変えてないように思いますが
客席はなんだか別のホールみたいな感じでした。

出演は藤枝市で活動する18の合唱団に、ゲストとして地元藤枝の宝、
藤枝順心中学・高等学校コーラス部が参加しました。
順心はコンクールの自由曲をひっさげて登場、別格の演奏をして
会場から大きな拍手を浴びていました。
出演団体等詳しくは下記のプログラム(実際は藤色)をご覧ください。

2014fujiedabunka.jpg2014fujiedabunka1.jpg2014fujiedabunka2.jpg2014fujiedabunka3.jpg2014fujiedabunka4.jpg2014fujiedabunka5.jpg

///

藤枝の合唱といえば、夏ごろ新聞報道だったか「藤枝合唱連盟発足」と
見かけました。また少し前には、市長を表敬訪問したとの話もありました。
5年前に「藤枝には合唱の統括組織がないし、横のつながりもない」と
藤枝の知人が言っていましたが、(知人とは全く別の方でしょうが)
その必要性を感じ、組織を立ち上げられたのでしょう。

合唱祭ではその活動の一環でしょうか、ロビーに参加団体のいくつかが
合唱団の活動報告や団員募集などを模造紙で作って掲示してありました。
地域に根差した地元の合唱団がほとんどですが、周年記念の演奏会報告や
団員さんの「歌ってこんなに楽しい」という声が、今まで縁がなかった
かもしれない多くの方の目に触れる、とてもよい企画だと思いました。
fujieda_robby2014.jpg
写真撮影およびweb掲載は、受付にいらした事務局さんご承諾済です。

事務局さんがいらしたので、藤枝合唱連盟についていろいろ
お話をしようかとも思ったのですが、合唱祭の運営最中にお話を伺うほど
邪魔なこともないでしょうし、またそのうちどこかで。。。

///

という記事を書いて、さぁ掲載しようかと思って何気なく検索をしたら
しっかりサイトができていました!!
藤枝合唱連盟所属団体のリストも掲載されています。
2ヶ月前に開設とのことで、ロボット検索が回って反映されたのが
ここ数日なのかしら。。。
というわけで、今後の藤枝合唱連盟と各合唱団の活動にも注目です。

藤枝合唱連盟

タグ:合唱祭
posted by site manager at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

浜松フラウエンコール第6回演奏会

今回も西部の演奏会ご案内です。
浜松で活動をしている浜松フラウエンコールさんの
第6回演奏会をご紹介します。

このblogでは2011年に、第5回のご紹介をはじめとして、
他にも平成24年度第26回地域文化活動賞地域文化活動奨励賞受賞や
守屋先生が指揮をされている団体のジョイントコンサートなど、
数多くご紹介してきましたので、よくご存知の方も
多いでしょう。
もちろん、おかあさんコーラスや岸先生が指揮をされる団体の
舫の会への出演もあり、いそがしくも充実した活動を
つづけている、バイタリティもある女声合唱団です。

さて、3年ぶりの単独演奏会である今回。
全日本合唱連盟理事長になられた岸信介先生の得意とされる
萩原英彦作品に、その岸先生が舫の会で委嘱初演された
ken-pこと佐藤賢太郎さんの「文学へ」。
さらに信長貴富先生の編曲作品があがっていますが、
なんといっても今回のメインは、今をときめく
信長貴富先生の委嘱作品の初演です。

演奏会実行委員長の松林さんにうかがいました。
今回も趣の違う4つのステージを予定しています。
合唱を愛する人たちに、歌い継がれていって欲しい萩原英彦先生の小品。
浜松出身の佐藤賢太郎先生の「音楽や歌詞だけでなく、その基になった文学作品や雰囲気を楽しんでもらいたい」と短い朗読パートが入った「文学へ」。
皆さんもよくご存じの信長貴富先生の編曲による懐かしい曲。
そして、一番の聞き所、信長先生の委嘱初演となる 若手歌人栗原寛氏の短歌とポップスの融合 女声合唱による4つのポップス「栗鼠も、きっと」を、「題名のない音楽会」への出演や、東京混声合唱団をはじめ各地の実力派合唱団と共演をしている前田勝則先生をゲストピアニストにお招きして演奏をいたします。
普段女声合唱にあまりご縁のない皆様にも楽しんでいただけるのではと思っています。

先日浜松フラウエンコールさんの練習に、信長先生が
お見えになられた新聞記事をご覧になった方も多いでしょう。
中日新聞浜松市民ページのトップには、信長先生の
お写真も大きく掲載されていましたね。
#信長先生および浜松フラウエンコールさんにはblog掲載のご了解を
#いただきましたが、新聞社さんの著作権の関係で、配信を受けている
#浜松市サイトへのリンクでご案内です。
#リンク先を下へスクロールすると記事があります。
信長さんが新曲贈る アクトで来月2日女声合唱団が初披露
2014/10/17 中日新聞24面より
 浜松市の女性らでつくる合唱団「浜松フラウエンコール」の演奏会が十一月二日午後二時、浜松市中区のアクトシティ浜松中ホールで開かれる。若手人気作曲家の信長貴富さんが合唱団のために作った曲「栗鼠(りす)も、きっと」が初披露される。

また、フラウエンさんのサイトにも信長先生や前田先生をお迎えしての
練習の様子もレポートされていますので、ぜひご覧ください。

演奏に価値の高低はありませんが、やはり委嘱初演というものは
演奏者にとっても力の入れ方がかわってくるはず。
きっとすばらしい演奏に触れることができると思いますよ。

///

浜松フラウエンコール第6回演奏会
2014年11月2日(日) 開演14:00 (13:30開場)
アクトシティ浜松 中ホール
チケット 1000円

1.
萩原英彦作曲
女声合唱組曲「抒情三章」より
女声合唱のための「四つの小品」より

2.
佐藤賢太郎作曲
2013年舫の会委嘱作品
女声合唱とピアノのための「文学へ」

3.
信長貴富編曲
「恋ものがたり」より
「川の流れのように」より

4.
信長貴富作曲
浜松フラウエンコール2014年演奏会 委嘱作品
栗原寛の短歌による合唱曲集(仮題)
女声合唱による4つのポップス「栗鼠も、きっと」

指揮 / 岸信介・守屋もと美
ピアノ / 前田勝則(ゲストピアニスト) 鶴見通乃

浜松フラウエンコール
毎週水曜 10:00〜12:00 教育文化会館 練習室
http://hamamatsu-frauen-chor.net/

hamafra2014a.jpghamafra2014b.jpg
posted by site manager at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

浜松うたのアトリエ 第1回演奏会

先の記事では35周年の記念演奏会をご案内しましたが、
今回は新たに生まれた合唱団による初めての演奏会です。
浜松で活動をしている「浜松うたのアトリエ」の第1回演奏会を
ご案内します。

アトリエさんは今度の浜松合唱祭が結成後初ステージ、
どんな合唱団さんなのかご存じない方のほうが多いでしょう。
今回の演奏会のチラシに紹介がありましたので、
転載をいたします。
「年齢を重ねても、なお良い音楽を目指して合唱をたのしみたい」
そんな人達が集まって活動を始めたのが「浜松うたのアトリエ」です。2013年12月に結成し、月2回、指揮者・音楽監督の雨森文也先生、ピアニストの平林知子先生の熱い指導を受けながら、楽しく歌っています。

アトリエのメンバーと先生方の共通点
 *合唱が大好きであること
 *根性があること
 *音楽に誠実であること
 *合唱を楽しむ気持ちがあること
 *仲間を大切にすること です。

メンバーは40代から70代と幅広いですが、歌い始めると皆、年齢が分からなくなるくらい、生き生きと明るい表情になります。年齢を重ねてきた今だからこそできる音楽はもちろん、年齢を忘れて楽しめる音楽にも挑戦しながら「楽しく歌う」をモットーに頑張っています。

一般の合唱団でも聞かないのに、ましてや女声合唱団で
「根性がある」という特徴があげられるというのは、よほど
熱心、情熱があるということではないでしょうか。

アトリエについて、そして今回の演奏会について、
チラシに音楽監督・指揮者の雨森(あまもり)文也先生が
コメントを書かれていますので、こちらもご紹介します。
浜松うたのアトリエは、
「いくつになっても、楽しくそして前向きに活動する女声合唱団」
を目指して結成されました。
そしてその前向きな思いの具現化が「第一回演奏会」です。

昨年の12月に会が発足した時には、既に演奏会の日程・プログラムが決まっていました。ですから、初練習から演奏会に向けての全力疾走です。でも、毎回皆さん本当に楽しそうに歌ってらっしゃいます。そんな雰囲気を演奏会でお伝えできればと思っています。
内容は、人生経験豊かな方々がご自身の言葉(日本語)で語れる作品だけを選びました。
皆さまのご来場を心からお待ち申し上げます。
音楽監督 雨森文也


///

浜松うたのアトリエ 第1回演奏会
日本の風景・日本の心
2014年12月7日(日) 開演14:00 (開場13:30)
浜松市福祉交流センターホール
入場料 1000円

指揮 / 雨森文也
ピアノ / 平林知子 太田由巳子
ヴァイオリン / 山村妙子

女声合唱・ヴァイオリン・ピアノのための
 「ヴィヴァルディが見た日本の四季」
編曲 / 信長貴富

ぶらんこ / 夏の思い出 / ねむの花 /
石臼の歌 / 雪のふるまちを
作曲 / 中田喜直

女声合唱とピアノのための
 「見渡せば」 明治の唱歌編曲集
編曲 / 寺嶋陸也

寺山修司の詩による6つのうた
 「思い出すために」
作曲 / 信長貴富

後援 / 浜松市 静岡新聞社・静岡放送 中日新聞東海本社
チケット取り扱い / アクトシティチケットセンター
お問い合わせ / 漆山 053-473-4765 畑 053-486-0373

浜松うたのアトリエ
練習日 毎週火曜日 午前
浜松市東部恊働センター

atelier2014a.jpgatelier2014b.jpg
posted by site manager at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

クール・グルヌィエット 35周年記念コンサート

今回はこのblog初登場、静岡市で活動をしている女声合唱団
クール・グルヌィエットさんの35周年記念コンサートを
ご紹介します。

グルヌィエットさんは県連こそ加入されていませんが、
静岡市合唱連盟のイベントでは毎回存在感を発揮し、
日本語の曲を大切に歌われてきています。

グルヌィエットさんを率いる指揮者は南荘宏さん、
お名前を聞いて気づく方も多いかと思いますが、同じく静岡で
活動をしている静岡混声合唱団TERRAの指揮者さんです。
静岡の行政イベントでよく耳にする静岡讃歌 「富士よ夢よ友よ」の
作曲者としてなじみのある方もいるかもしれません。
そんなわけでグルヌィエットさんは、創立1980年の
TERRAに対する、お姉さん合唱団ということになります。

さて、今回の記念コンサートは4部構成。
谷川俊太郎の「すこやかに おだやかに しなやかに」の中から
南荘先生が作曲された作品の初演を含むステージから始まり、
東日本大震災を契機に、福島の詩人和合亮一さんがtwitter上で
発信された詩に新実徳英さんが作曲された「つぶてソング」、
それをうけてか「ふるさとに思いを寄せて」と題された第3部。
そして会場一体型のステージが組まれているようです。
特に伺った訳ではありませんが「ふるさと」をテーマにした
演奏会と拝察いたします。

窓口の永田さんは
35周年で年齢もだいぶ高くなっちゃって、お客様の求めるものができるかどうか
なんておっしゃっていましたが、伺ったところ、
すでにチケットはかなり発券済みとのこと。
当日券も若干用意の予定とのことですが、ご興味の方は
事前にチケットの問い合わせをされることをお勧めします。

///

クール・グルヌィエット 35周年記念コンサート
2014年10月13日(月/祝) 14:30開演 (14:00開場)
しずぎんホール ユーフォニア(要Flash 音が出ます)
チケット 1000円

I.「すこやかに おだやかに しなやかに」より
ことばのとおりに(初演) / 影と海 / こころの色
詩/谷川俊太郎 曲/南荘宏

II.女声合唱とピアノのための
「つぶてソング 第1集」(全曲)
詩/和合亮一 曲/新実徳英

III.<ふるさと>に思いを寄せて
いま、あなたへ / 大切なふるさと ほか

IV.みんなで歌いましょう


指揮 / 南荘宏
ピアノ / カタヴァ美紀 市川玲子
女声合唱 / クール・グルヌィエット

グルヌィエット2014_35th.jpg

※チラシの画像は出演者さんからご提供いただきました。
posted by site manager at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

浜松市民合唱祭2014

今年も早いもので秋の演奏会シーズン。
楽しみなものがいくつかありますが、まずはこの時期恒例、
浜松市民合唱祭をご紹介しましょう。
去年はご紹介をさぼっちゃって、一昨年のを参考に

今年は浜松市を中心とした遠州地域から出演合唱団63団体、
開演は朝10時から終演は20時少し前という、例年にも増して
ボリュームたっぷりの合唱祭です。
こどもたちの合唱から学生さん、上はシルバー世代、
混声はもちろん、男声のみや女声のみの合唱団もあります。
大人数で迫力のある演奏を聴かせてくれるところもあれば、
各パート1人なのに、豊かな響きが楽しめる団体もあります。

何せ63団体という出演数、さすがに全部を聴くというのは
合唱好きでもそうでなくても大変です。
とはいえ、せっかく足を運んでくださるお客様に1団体しか
おつき合いいただけないのは、出演側としても寂しくもあります。
ですので、せめてご興味の団体だけでなく、その前後数団体、
欲を言えばそのブロックだけでも何団体か聴いてみてください。
目的の団体さん以外を聴くことで、その団体さんの特徴や
味わいが見えてくることがあります。
上手い/上手くないというのは確かにあるでしょうが、
それとは違った楽しみが出てくることがあります。

余談ですが、合唱祭における私の個人的楽しみ方としては、
自分の大切なイベントのとき、どの団体に演奏してもらいたいか、
という脳内コンテストをすることがあります。
「ためしてガッテン」での発見!おいしい美術館味わい術を参考に
試しに何回か合唱祭でやりましたが、なかなか楽しいです。
単純に「うまいところ」が1位になるとはかぎらないんですよね。
余談でした。

出演団体ももちろんですが、運営の皆さんも体力勝負です。
合唱好きの方にも、知り合いが出るからと言う方にも
合唱のいろんなカタチを楽しんでいただいたいと思います。

なお当日は、週末にプロムナードコンサートが開かれている
浜松駅北口広場「キタラ」でも合唱のコンサート、
まちなかにぎわいコンサートinキタラが開かれます。
先日(2014/9/28)にも開かれたので、そちらを目にされた方も
いるかもしれませんね。(参考 財団さんによるレポート)
JRご利用の方は、ぜひこちらも応援してあげてくださいね。

///

第12回浜松市民文化フェスティバル
浜松市民合唱祭2014
2014年10月19日(日) 10:00開演 20:00頃までやってると思います。
アクトシティ浜松中ホール
入場無料

まちなかにぎわいコンサートinキタラ
2014年9月28日(日) 13:00-15:00
浜松江之島高校合唱部、積志コーラスまどか、
浜松ライオネット児童合唱団、コール・アコール、
Der Klang、ムジカチェレステ

2014年10月19日(日) 13:00-15:00
出演(順未定)
はまきた少年少女合唱団、コール・エクレール浜松、
浜松ライオネット児童合唱団、コール・アコール、
浜松・唱歌と童謡を愛する会、浜松合唱団

hamafes2014.jpg
posted by site manager at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする