静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/3/17 寄せ楽 移転更新)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2014年08月31日

第5回江川坦庵合唱コンクール 参加募集

どうやら私は、夏になると記事更新がおろそかになるようです。
涼しくなってすこーしやる気になってきたので、勢いに任せて
目についた話題の中からいくつかご案内します。

このblogではなんだかよくご案内している、伊豆の国市で開催の
江川坦庵合唱コンクール。
来春の開催要項および参加募集が、市のサイトで発表されていました。

今年の感想文でも書きましたが、第5回からは
課題曲が従来の「瑠璃色の空の下で〜江川坦庵のバラード〜」に加え
アトラクションでデモ演奏された「燃えよ!反射炉の火」、
さらに「美しい伊豆」という、この3曲から選択し、さらに自由曲を
演奏する方式になったそうです。
ちなみに新課題曲の2曲は、ともに約3分の演奏時間だそうです。
瑠璃色の〜は国文祭での大規模演奏を前提に作られているので
少人数合唱団にはなかなかハードルの高い課題曲でしたが、
今回追加になった曲は、多少かわっているかもしれません。
演奏時間も半分くらい違うので、自由曲との組み合わせもいろいろ
考えられますね。

その一方課題曲が複数となったことで、このコンクール最後の
全体合唱は全ての参加団体が同一曲を選択した場合実施だそうです、
うた好きの聴衆としてはちょっと残念ですが、やむを得ないですね。

ま、そんなこんなでいろいろ変化がありますが、腕に覚えのある
団体さんも、春先に伊豆へ親睦旅行をしてみようという団体さんも
今からでも遅くはありません、団の活動計画の中に組み込んでは
いかがでしょうか。

なお例年通り、聴衆審査員の募集も同時に行われています。
上記の感想文で様子がお分かりになると思いますので、
出場されない方はそちらへエントリーされてはいかがでしょうか。

///

本選
第5回江川坦庵合唱コンクール
〜響かせようハーモニー 瑠璃色の空の下で〜
平成27年3月8日(日)
長岡総合会館アクシスかつらぎ

主催 伊豆の国市
共催 静岡県合唱連盟
後援 全日本合唱連盟 全日本合唱連盟関東支部
審査員 末廣正巳(声楽家) 長谷順二(合唱指揮者)、松下耕(作曲家)
聴衆審査員(伊豆の国賞を選考)
応募資格 15名以上100名以下で構成される混声・女声・男声の合唱団
演奏曲目 課題曲から選択した1曲と各団体が決定する自由曲
     (演奏順は課題曲、自由曲問わない。)
課題曲
「瑠璃色の空の下で〜江川坦庵のバラード〜」(作詩 古川薫・作曲 松下耕)
【混声、女声、男声】

「燃えよ!反射炉の火」(作詩 小野登志子・作曲 朝岡真木子)
【混声、男声】

「美しい伊豆」(作詩 小野登志子・作曲 朝岡真木子)
【女声】

演奏時間 演奏開始から終了まで各団体12分00秒以内(パフォーマンス含む)
課題曲は上から約6分、約3分、約3分
参加費 無料 ※課題曲の楽譜は購入していただきます。
課題曲の楽譜は事務局にお申し込み下さい
(混声・女声・男声 各1部300円 ※送料込)
応募申込 「第5回江川坦庵合唱コンクール申込書」に必要事項を記入し、
    録音媒体と一緒にお申し込みください。
※申込書はホームページからダウンロードできます。
※提出する録音媒体は、平成24年4月1日以降に録音したもので
録音曲は大会参加予定曲以外の曲でも構いません。
録音時間は、10分以内としてください。
※録音媒体は「カセットテープ、MD、CD」のいづれかにして
ください。(録音媒体は返却しません)
申込期間:平成26年8月1日(金)〜9月30日(火)必着
出場決定:申込期間終了後、一次審査。
結果は平成26年10月31日(金)までに全申込者に通知。
出場が決定した団体には「参加要項」を送付します。

静岡県伊豆の国市文化振興課(伊豆の国市あやめ会館内)
TEL:055-948-1428 FAX:055-948-2926
E-mail : bunka@city.izunokuni.shizuoka.jp



http://www.city.izunokuni.shizuoka.jp/bunka/manabi/jigyou/a-jnews/4tannangasshou1.html
タグ:江川坦庵
posted by site manager at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクールなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

ご一緒に合唱を楽しみましょう。

ここ数件は演奏会情報の掲載依頼を受けたものですが、
今回はメンバー募集のご依頼をいただいたものです。
自発的に記事を書こうという気力が戻るのはいつのことでしょう。

さて、今回はこれまでも何回かご紹介した、静岡の個人主宰による
歌い合わせ企画のご案内です。
ちょっと長い引用ですので、平文での表示としますね。

///ここから

皆さんの歌いたい曲を出していただき月1回合唱を楽しんでいます。
指揮・指導なし、会費なし、皆さんのご意見を伺って
それをまとめています。
発表は目的とはせず集まって歌い合わせることを楽しみにしていますが、
年に一度くらい、ネットで呼びかけて無料でみんなで
歌う会のようなものをやるかもしれません。
過去にモツレク、メサイア、ヴェルレクなどをやりました。
現在取り組んでいる曲は、メンバーからのリクエストによるものです。

1.田三郎「水のいのち」 / 木下牧子「鴎」 / モーツァルト「Ave Verum Corpus」
2.プーランク「Salve Regina」
3.オズの魔法使いより「Over the rainbow」
4.フォーレ「Requiem」
Over the rainbowは5声、それ以外は4声です。

月1回の練習は日曜午後1:30から、私の自宅でやっています。
練習日は皆さんの都合のいい日を選ぶようにしています。
楽譜はご自分で用意していただきます。
音取りは基本的にはご自分で責任をもってとってきて
いただくことになりますが、ご希望があれば音取りCDを
お渡しします。また当日怪しい場合は音取りのお手伝いをします。

この合唱グループは最初モツレクから始まり、メサイアを
ソロも含めてすべて歌ってきました。
引き続いてやるにあたり、メンバーの希望する曲を
取り上げることになりましたので、歌いたい曲が
ありましたら申し出てください。

練習会場:静岡市葵区川合3-19-13 松本有三 自宅
電話 054-262-9596(松本)
メール yuzo-mato9596@re.commufa.jp
車 / 駐車場あります 
バス / 静岡駅6番バス乗り場 60番瀬名新田東高経由
南沼上団地前下車徒歩3分(バス料金290円)

///ここまで

前回のご紹介時に雰囲気など書いてありますので、
こちらもご参考いただきたいと思います。
これまでは「大曲」と言われるオラトリオや宗教曲を
中心に取り上げてきましたが、ちょっと雰囲気が変わり
すてきな小品と、フォーレのレクイエムを歌うとのことです。

なおこれまで同様、基本はアカペラ曲(ピアニストは不在)のため
伴奏はmidiやCD、またはなしとなりそうです。
むしろピアニストとして参加というのも歓迎、かもしれません。

いわゆる合唱団とは違い、サロンというか歌い合わせというか
不思議な雰囲気ではありますが、ある意味ではとても勉強になる
つどいでもあります。
従来の枠にとらわれない活動ですが、ご興味の方にはぜひ
ご参加いただきたいと思います。
posted by site manager at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

混声合唱団みしま第2回定期演奏会

今回は県東部三島を中心に活動する合唱団、その名も
混声合唱団みしまの第2回定期演奏会をご紹介します。
初回演奏会に続いてのご案内となります。

成り立ち等は若宮代表に前回ご紹介いただきましたので
そちらをご覧いただくとして、その後のことを。
第1回演奏会の後、そのプログラムの中から特に難易度の高い
「季節へのまなざし」をさらにブラッシュアップして
県芸術祭合唱コンクールにも初参加、入選となりました。
もちろん合唱祭や合宿などで、今回の演奏会への取り組みも
しっかりされてきたようです。

今回はルネサンスとモーツァルトのオール外国曲プログラム。
若宮さんに伺ったところによれば、今回は宗教曲の原点に
触れてみようという方針だそうですし、
どちらも合唱をやる上では避けて通ることができないと同時に、
ルネサンスを経験することにより、モーツァルトをより深く
演奏することができるものです。
ルネサンスを学ぶこと無しにモーツァルトを演奏すると、
上手いどうこうとは別に、得てして中身のない、上っ面だけの
寂しい演奏になってしまいがちです。
そういう意味でも、今回は聴衆にとってもよいプログラムです。

全部外国曲ということでちょっと合唱初心者の方には敷居が
高いかもしれませんが、世界三大レクイエムのひとつと言われる
モーツァルトのレクイエム、オペラを中心として活動する
二期会などに所属する若手ソリスト、そしてイキのいい若手オケ、
これらを合唱の演奏会で楽しめるのも、あまり多くないでしょう。
設立からまだ若い団体だからこその、フレッシュな活動です。
こちらもいい演奏会になると思います。

///

混声合唱団みしま第2回定期演奏会
2014年8月24日(日) 14:00開演 (13:15開場)
三島市民文化会館 大ホール
チケット 一般 2000円 (高校生以下1000円)

第1部 ルネサンスの宗教曲
第2部 モーツァルトのオペラアリア(ソリストによる演奏)
第3部 モーツァルト・レクイエム全曲(M&M オーケストラと共演)

指揮 / 小屋敷 真

山口 清子(ソプラノ)
堀 万里絵(メゾ・ソプラノ)
中嶋 克彦(テノール)
加耒 徹(バス)

川井 夏香(クラリネット)

管弦楽 / M&Mオーケストラ
合唱 / 混声合唱団みしま

混声合唱団みしま
http://konsei-mishima.com/index.html
タグ:混声 みしま
posted by site manager at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

シオーネ混声合唱団第4回定期演奏会

なんと2ヶ月も新規記事を書いておりませんでした。
このblog開始以来最長の空白時期となっております。
いろいろと内部(家庭やその他)の事情があり、ブックマークや
アクセスしてくださる皆さんに無駄足をさせてしまっておりました。
ごめんなさい。
完全復帰、とはならないと思いますが、記事掲載のご依頼を
いただいた分に関してはちゃんとご案内をするのが社会人。
がんばります。

///

前ふりが長くなりましたが、今回は掛川で活動する
シオーネ混声合唱団さんの第4回定期演奏会をご案内します。
このblogでは第2回をご紹介していました

今回はシオーネ混声合唱団の市野団長さんからご紹介文を
いただきましたので、こちらをまず。
シオーネ混声合唱団は、2004年から3年間にわたる掛川市文化会館シオーネの混声コーラス講座を経て、2007年4月に発足しました。団員の世代は10代から80代と幅広く、掛川市及び周辺市から現在60余名と、県西部最大の団員数を得ております。活動の中心は2年に1度の演奏会。宗教曲、邦人作品、愛唱曲など、幅広いジャンルの曲を取り上げて合唱の喜びを追求しています。

9月7日(日)に演奏会を開催いたします。
第4回となる今回は、同じ掛川市で活動している掛川市民オーケストラとの共演がはじめて実現しました。これからの活躍が期待されるソプラノ大塚望夢さん、オルガン古井千晶さんを加えて、ハイドンの「小オルガン・ミサ」などを演奏します。

まだまだ発展途上の合唱団ですが、ボイストレーニング、強化合宿などの特別練習を重ねて準備を進めてきました。団員一同、多数のご来場をお待ち申し上げております。
なお、周辺の観光も兼ねて、お車でご来場いただくのが便利です。前売り券(600円)は生涯学習センター、シオーネ、美感ホール、兵藤楽器などで販売しています。


ご紹介文にもありますように、シオーネさんは現在60名を超え、
5月の県民合唱祭でもよく作り込まれた、充実の「花に寄せて」を
聴かせてくれました。
また今年度はコンクールに参加という訳ではないですが、県連主催の
合唱講習会にも参加し、より深い理解への取り組みをされています。

今回の選曲も古典からJ-popまで、肩のこらないラインナップと
なっています。
第1ステージは地元掛川市民オーケストラとの共演で、本当に誰でも
一度は耳にしたことがあるであろうバッハと、ハイドンの暖かなミサ、
第2ステージは星野富弘のことばが胸に響く「花に寄せて」、
そして第3ステージはシオーネさんが大切にしている愛唱曲を
高らかに歌い上げます。

掛川という土地柄なのか、決して派手という訳ではないですが、
地に足をつけて合唱を楽しみ、演奏会をつくっていくシオーネさん。
演奏会の回数としては4回目でありますが、着実に経験を積み
聴く側としても楽しみになってきます。
会場がシオーネでちょっと距離がありますが、ぜひ多くの方に
応援してもらいたいと思います。

///

シオーネ混声合唱団第4回定期演奏会
2014年9月7日(日) 14:00開演 (開場13:30 終演16:00)
掛川市文化会館シオーネ 大ホール
チケット 前売り600円 当日750円

T.
バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」
ハイドン「小オルガン・ミサ」ほか
II.
星野富弘作詩・新実徳英作曲
混声合唱とピアノのための「花に寄せて」

III.
愛唱曲ステージ
「あの素晴らしい愛をもう一度」「YELL」「友〜旅立ちの時〜」
「落葉松」

指揮 / 玉川昌幸
ピアノ / 木村 千寿子
ソプラノ / 大塚望夢
オルガン / 古井千晶
管弦楽 / 掛川市民オーケストラ

シオーネ混声合唱団
http://sionemc.web.fc2.com/
posted by site manager at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする