静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2013年06月04日

第26回浜松合唱団定期演奏会

いよいよ今度の日曜になっちゃいました。
例年同じことを書いているのに我ながらびっくりですが、
今年も演奏会週にご紹介記事のアップ、筆無精でごめんなさいね。
静岡の旗艦団体のひとつ、浜松合唱団第26回定期演奏会を
ご案内します。

前回は一般公募やオルガン付きステージがあったりしましたが
今年は普通に。。。いや、普通じゃないな。
混声の浜松合唱団ですが、今年は混声のほかに男声ステージと
女声ステージを「独立して」組んであります。
ステージ中に男声/女声の曲があるってパターンはいろいろ
過去にもあったでしょうが、こういう形のステージは
すくなくともこの10年ほどはなかったのではないでしょうか。
男声合唱と女声合唱は、混声のそれぞれの声部とはまたちょっと
曲が要求する音質が変わってきますので、単に編成というより
音楽もきっと混声のそれとは違うはず。
毎年浜松合唱団さんの演奏会に足を運んでいる方も、いつもとは
ちがった楽しみ方ができるのではないでしょうか。

メインは萩原英彦先生の「光る砂漠」。
邦人作品としては少し長め30分強の、9曲からなる組曲です。
浜松合唱団さんのサイトで少し解説されていますので、
ぜひ事前に目を通してくださいね。
岸先生が得意とされる萩原先生の作品だけに、
きっといい音楽が楽しめると思いますよ。

///

第26回浜松合唱団定期演奏会
2013年6月9日(日) 開演14:00 (開場13:30)
アクトシティ浜松中ホール
1.000円(全席自由)

ポーランドの合唱曲
  Pawel Lukaszewski作曲
   Nunc Dimittis / Memento Mei, Domine
  Jozef Swider作曲
   Cantus Gloriosus
林光編曲
  男声合唱による「日本抒情歌曲集」より
   箱根八里 / 早春賦 / 叱られて / 待ちぼうけ / 浜辺の歌

立原道造作詞 松下耕作曲
  女声合唱とピアノのための「さふらん」

矢澤宰作詞 萩原英彦作曲
  混声合唱組曲「光る砂漠」

指揮 岸信介、玉川昌幸
ピアノ 戸塚勢津子

問合せ先 (財)浜松交響楽団事務局(053-454-6722)
hamamatsuchoir@hotmail.com

浜松合唱団
練習日時 毎週水曜日 18:30〜21:15
浜松市中区東伊場 県居公民館
http://hamamatsu-choir.blogspot.jp/

浜松合唱団2013.jpg
タグ:浜唱 混声
posted by site manager at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする