静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2013年05月31日

いいわけ

静岡県で3番目に詳しい合唱情報ブログ「はいったもの、でたもの。」を
ご覧いただきありがとうございます。
Yahoo!をはじめとする各種「ブログ検索」ではヒットしませんが
通常検索ではちょいちょいブログタイトルが出るようになりました。
皆さんのお求めになるものに適うかどうかは微妙ですが、
これからもよろしくお願いします。

さて、演奏会情報をはじめとする各種情報は、blogのトップページや
FAQページに掲載基準を記しています。
簡単に言うと、行政やそれに準じる組織の合唱祭やイベントは
情報入手したら掲載するけど、それ以外は電話やメールなどで
掲載のご了解をいただいたもののみ取り上げています。
学校関係はなかなかメールの窓口がないというのと、執務時間に
電話ができない(私も仕事)ので、なかなかご了解をいただくことが
できず、掲載はほとんどない状況です。

静岡県の合唱情報を取りまとめ、県内の合唱好きの皆さんの
利便に供するためには、わざわざ主催者さんに確認をとらず、
私の独断でもすぐ広報する、というのがいいのかもしれません。
いちいち主催者さんに確認をするのは時間の無駄、かつ
主催者さんにも対応の負担を強いることになります。

でも、以前某合唱団さんに掲載可否をお尋ねしたところ
「うちはそういうのは要らない」といわれたことがあります。
合唱団さんの意図に反してまで、部外者が宣伝することもありません。
それもあり、必ず主催者さんに掲載の可否をお伺いしています。
この辺の話は「運営」カテゴリにいろいろ書いてますので、
お時間があればご覧ください。

そんなわけで、何を言いたいかと言いますと
「演奏会をひらくという主催合唱団さん、企画をお持ちの方、
情報があったらお寄せください」ってことです。
1ヶ月に1回くらい県内各ホールのサイトのイベントカレンダを
チェックしますが、掲載されてなかったり、問い合わせ先が
書いてなかったりしますので。。。

というわけで、掲載してないのは隠してるわけではなく、
運営ルールをつくっているからですよ、という言い訳でした。
それでは皆さんお休みなさい。
posted by site manager at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

静岡県民合唱祭と静岡市合唱のつどい

大風邪引いているうちに、気がつけば5月も終わりですよ。
皆さんはおかわりなくお過ごしでしょうか。
風邪はもちろん、いろんな菌やらウイルスやらあるようですし、
どうぞお気を付けくださいね。

さて、今回は恒例初夏の合唱祭2つをご案内しましょう。
まず第58回静岡県民合唱祭は東部主管、伊豆の国市での開催です。
去年は浜松開催でしたね
チラシによれば、出演は4ブロック計55団体、
各団体持ち時間8分で、全体スケジュールは朝10時から
講評は19時過ぎというロングランです。
毎年のことながらさすが県内最大の合唱祭です。
東部開催ということもあり、東部や伊豆地区の合唱団さんの
参加が多いですが、焼津の 混声合唱団 Gioiaや
牧之原のコールマリーン、浜松のHAMAMATSU Chember Choirなど
距離がある中参加をしてくれる団体さんもあります。

開催地が持ち回りで変わる県民合唱祭は、ある意味普段
なじみのない地の方にも自分たちをアピールできる場です。
客席からもそれは同じで、目新しい団体さんと出会うチャンス。
長丁場の合唱祭で全部聴くのは大変かもしれませんが、
普段触れることのない団体さんの演奏を楽しみに
お出かけされてはいかがでしょうか。

合唱祭の前日には、県連東部支部が主催する野外コンサート
「コーラスカフェ」も開かれるようです。
参加団体や場所、時間は不明ですが、オープンスペースで
いろんな団体さんによる演奏が楽しめると思われます。
前乗り宿泊される方はそちらもお楽しみください。

///

もうひとつ、第11回静岡市民文化祭 第78回合唱のつどいが
静岡市合唱連盟の主催で開かれます。去年の記事はこちら
お昼から夕方までで、静岡混声合唱団TERRAのサイトによれば、
出演35団体だそうです。
去年よりちょっと減っちゃいましたが、それでも各団が
日頃の練習の成果をばっちり披露してくれることでしょう。

合唱祭が唯一の発表機会の団体さんもあるでしょうし、
コンクールや演奏会の一里塚としているところもあるでしょう。
それぞれ意気込みは違うでしょうが、出演者さんそれぞれが
その時できうる最高のチカラを発揮されますように。

///

第58回県民合唱祭
2013年6月16日(日) 10:00〜19:00
伊豆の国市長岡総合会館アクシスかつらぎ
入場無料(プログラムは有料300円)

chorfes2013a.jpg
チラシの出演順に間違いがあるそうです。
県連サイトにあるタイムテーブルの方が正確だそうです。
(記事掲載時のものから差し替えになっています。ご注意ください)

///

第11回静岡市民文化祭 第78回合唱のつどい
2013年6月2日(日) 12:30〜17:30(予定)
入場無料
静岡市民文化会館中ホール


ラベル:合唱祭
posted by site manager at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

グランシップ「音楽の広場2013」合唱出演者募集

今回は合唱メンバー募集のご案内。
グランシップ主催「音楽の広場」合唱出演者の募集をご案内します。

「音楽の広場とは何ぞや」というあなたのために、
グランシップの企画制作課、角田さんに教えていただきましょう。
「グランシップ音楽の広場」とは今年で6回目を迎える催しで、オケ300人、合唱200人以上、ダンス100人以上でつくる真夏の音楽の祭典です。フロアの中央に指揮者がいて、そのまわりを360度オーケストラが取り囲むといった、グランシップ大ホールならではの配置や演出で、毎年ご好評いただいています。
メインの出演者はアマチュア奏者、一般県民ですが、世界で活躍するマエストロ広上淳一のもとに練習を重ね、一流のソリストと共に音楽会をつくりあげます。今年の本番は8月4日(日)、15時開演です。
また、今年はワーグナーとヴェルディの生誕200周年ということで、合唱はオペラの曲3曲にチャレンジし、しかも原語で歌うことになっています。

内容はラ・フォル・ジュルネと違いますし、比べるのもナンセンスですが(汗)、
そういうある種の熱狂と興奮を静岡で味わえるフェスティバルです。
今年で6回目、例年同様の合唱参加者を募集されています。
角田さんにもご紹介いただきましたが、今年はワーグナーとヴェルディの
オペラ曲を含めた数曲がリストアップされています。

さて、この企画はグランシップ大ホールでの公演。
いわゆる「演奏会」というくくりとはちょっと違うかもしれません。
どちらかというと「お祭り」「フェスティバル」「ショー」「舞台芸術」
こういう言った方がいいかもしれません。
コンサートホールで静かにお行儀よく音楽に触れる、という企画とは
性格を異にしているといっていいと思います。
それゆえ「演奏会」を想定して参加したり本番を観にいくと
びっくりすることになるでしょう。

言うまでもないですがそれはネガティブなことではありません。
グランシップ大ホールのあの広大な空間を埋め尽くす演奏者と音楽、
さらにグランシップによる壮大な演出。
アマチュア主体ながら、指揮は京響の広上淳一先生、声楽ソリストに
安藤赴美子/佐野成宏/青山貴という豪華さです。
その証拠、というのは下世話な話ですが、この公演は毎年チケットが
完売となります。折りしも本公演の友の会先行予約が昨日から、
一般販売も今週末には始まります。

さて、今年から合唱メンバー募集に際して、初心者向けに
音取り練習のスケジュールも開設されました。
そう、ばりばり合唱をする人だけでなく、合唱初心者さんにも
広く出演の門戸を開いた企画なのです。
ドイツ語やイタリア語の曲があって心配に思う方も、きっと充分
ついていけるサポートがあるはずです、よね。
合唱指導はTERRAの南荘宏先生と日フィル正指揮者の浅井隆仁先生、
こちらも楽しいものになると思います。

グランシップの真夏の祭典。
あなたもあの熱狂を、表現者として味わってみませんか?

///

グランシップ音楽の広場2013 合唱団の出演者募集
本番 2013年8月4日(日) 開場14:15 開演15:00 終演17:30頃
グランシップ 大ホール・海

スケジュール
音取り練習(1) 6/9(日)16:00〜20:00
音取り練習(2) 6/16(日)13:30〜17:00  
合唱練習(1) 6/30(日)13:30〜17:00
合唱練習(2) 7/7(日)13:30〜17:00
合唱練習(3) 7/20(土)13:30〜17:00
合唱オケ合わせ 7/21(日)13:00〜19:00*
合唱練習(4) 7月27日(土)13:30〜17:00

リハーサル 8/3(土)13:00〜21:30*
ゲネプロ 8/4(日)10:00〜13:00
本番 8/4(日)15:00開演
※練習時間について変更になる場合もございます。
※7月21日、8月3日はこの時間の一部。

会場練習:中ホール・大地、地下リハーサル室 他

指揮/広上淳一(京都市交響楽団常任指揮者、東京音楽大学教授)
ゲスト/安藤赴美子(sop)、佐野成宏(Ten)、青山 貴(Bar)
音楽監督・演出/渡壁 輝
コンサートマスター/大谷康子(東京交響楽団ソロ・コンサートマスター)
演奏/
グランシップ「音楽の広場オーケストラ」
グランシップ音楽の広場合唱団

合唱指導/
南荘 宏(静岡市合唱連盟副理事長、静岡混声合唱団TERRA常任指揮者)
浅井隆仁(東京音楽大学合唱研究員、日本フィルハーモニー協会合唱団正指揮者、二期会会員)

予定曲目
・谷村新司 :「いい日旅立ち」
・ワーグナー:歌劇「ローエングリン」より婚礼の合唱 (ドイツ語)
・ワーグナー:歌劇「タンホイザー」より入場行進曲 (ドイツ語)
・ヴェルディ:歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲 (イタリア語)
・ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」より行けわが思いよ金色の翼に乗って (イタリア語)
・ホルスト(鈴木行一編曲):「不尽の山を望る歌」 他
※曲目は変更になる場合がございます。

募集内容
・対象 プロ・アマを問わず、合唱経験のある高校生以上の方。
・参加費 1,000円(初回練習日、当日受付にてお支払いください)
・募集人数 200人
・募集締切 2013年5月20日(月)

・応募方法
申込書に必要事項を記入の上、公益財団法人静岡県文化財団まで
郵送・FAX・メール・持参のこと。
・交通費補助
参加者のご自宅からグランシップまでの交通費(公共交通機関利用)を補助します。
ただし片道上限5,000円までとし、新幹線等の特急料金は補助しません。
尚、補助対象はリハーサル・本番日のみとさせていただきます。
また、本番日欠席の場合は支給いたしません。
・参加にあたって
合同練習から本番まで、原則、全日程参加できる方のご参加をお願いします。
やむを得ず欠席する場合はあらかじめ申込書で申請、
または事前の連絡をお願いいたします。

お問い合わせ・お申込み
公益財団法人 静岡県文化財団 企画制作課「音楽の広場」係
〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4
TEL:054−203−5714  FAX:054−203−5716
MAIL:info@granship.or.jp
募集のページへのリンク先に募集要項等があります。
ラベル:音楽の広場
posted by site manager at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

浜松アンサンブル・フリージア 結成10周年記念第8回演奏会

今回は女声合唱団の演奏会情報ですよ。
浜松アンサンブル・フリージア 結成10周年記念第8回演奏会を
ご案内します。
前回はこちら

浜松市立OGを中心につくられた実力派のフリージアさんも
創立10周年、高校時代の活動を彷彿とさせるような
難易度の高い曲を過去の演奏会でも取り上げられています。

今回もかなり難しい選曲を。。。あれ?
なんとなくいつもと雰囲気が違うような。。。
竹原さん、どんな感じでしょうか。
10年経ってメンバーにもいろいろ変化があり練習も大変ですが、尾崎先生のご指導のもと楽しく歌っています。言葉をひとつひとつ大切に歌っていくとともに、しっとりと女声ならではの音楽を創っていこうと思います。
第2部はアニソン特集、団員にとってのアニソンなのでちょっと時代がついていますが、楽しい音楽です。振りもつけて、お客様にお耳でも見た目でも楽しんでいただこうと思います。
ピアニストに、前回の演奏会から山中一哲先生にお願いしています。男性とは思えないとても繊細な音楽をつくられる方で、すっかりファンになった団員もいるんですよ。
当日は静岡県民合唱祭(伊豆の国市で開催)と県知事選挙、演奏会日程としてはちょっと厳しいですが、足を運んでくださるお客様のご期待を上回る演奏をお届けしたいと思います。

第2部の他の曲名も伺いましたが、せっかくなので当日の
お楽しみとしましょう(チラシにのってるのかしら)?

フラウエンとともに浜松を代表する女声合唱団のひとつ、
フリージアさんの演奏会、応援したいと思います。

///

浜松アンサンブル・フリージア結成10周年記念第8回演奏会
2013年6月16日(日) 14:00開演 (13:30開場)
浜松市福祉交流センターホール
入場料 1000円

第1部 組曲「静かな雨の夜に」 松下 耕作曲
第2部 アニソン特集
「ひみつのアッコちゃん」「コクリコ坂」より 「鉄腕アトム」
 メドレー「宇宙戦艦ヤマト」他
第3部 組曲「心の四季」より 曲/高田三郎
    「三つの抒情」より 曲/三善晃

音楽監督・指揮 / 尾崎亘
ピアノ / 山中一哲(かずのり) 池野充代

浜松アンサンブル・フリージア
練習日 毎週土曜日 13:45〜15:45
練習場所 可美公民館

posted by site manager at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

ヴェルディ「レクイエム」を歌いましょう

4月に静岡県では珍しいうたい合わせ企画「モツレクを歌いましょう」を
ご案内しましたが、その次の企画が行われますのでご紹介します。

今回はイタリアの作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディ「レクイエム」を
歌ってみませんか、という企画です。
モーツァルト・フォーレと並んで世間では「3大レクイエム」と言われ、
その派手さゆえ映画やいろんなメディアでよくつかわれますが、
かなりの規模が必要となるからか、他のレクイエムと比べると
首都圏ならまだしも、身近での演奏機会は多くありません。

この企画自体は前回も書きましたが、特定の合唱団を作るとか
演奏会を開く目的をもつものではありません。
全くの個人主催の企画で、以前歌ったことがあるので
もう一度歌ってみたい、歌ったり聴いたことはないけど興味がある、
という方々に気楽に集まっていただき、合唱を歌い聴いて楽しみましょう、
というものです。
ソロも指揮もすべて参加者でまかないたいと思っておりますので
どうぞご希望の方はお申し出下さい。
今回の伴奏はなかなか難しいので専門の伴奏者に依頼します。
その費用を参加者の皆さんで少しずつ負担していただくことを
お許し下さい。

本企画の趣旨などは前回のエントリーをご参照ください。
なお前回は無料でしたが、今回はピアニストを依頼される分、
経費負担として多少の参加費の設定がされています。
エントリーの際にご確認ください。

///

ヴェルディ「レクイエム」を歌いましょう
2013年6月9日(日) 14:00〜17:00
安南寺青少年研修会館 大円堂 (静岡県立静岡東高校そば)
所在地 / 静岡市葵区川合3-19-20
参加費用 200円(ピアニストへの謝礼のため)
持ち物:ヴェルディ「レクイエム」楽譜
(全音版と音友版を使用していますが版は問いません)

参加条件:
特にありません。歌えなくとも聴きたいということでも結構です。
独唱も合唱もすべて通しますので独唱をなさりたい方
ぜひエントリーして下さい。
会場へのアクセス:
バスでは静岡駅北口バス乗り場6番にて60番瀬名新田東高経由に乗り
南沼上団地前下車(280円)バス進行方向左手
(大きな歩道橋を渡り山側に向かい徒歩3分)テニスコート向かい、
丸大杉山建材となり。
車:国道1号線バイパス「中央卸売市場、上土インター」で降り、
バイパス下の側道を東向き(清水方面)に進みます。詳しくは地図で。
駐車場は丸大杉山建材に10台ほど、大円堂周りに8台ほど、
その他近くに5台ほど停められます。車でお越しの方は事前に
メールか電話でご連絡下さい。 
道路が高架や一方通行等複雑ですので、その点もご確認ください。

問い合わせ / 松本さん
メール yuzo-mato9596@re.commufa.jp
電話 054-262-9596


大きな地図で見る

※主催者さんからのご要望により、ご紹介文を変更しました。
(2013/5/24)
ラベル:混声 静ヴェル
posted by site manager at 11:04| Comment(1) | TrackBack(0) | メンバー募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

第13回木の実コンサート

今回も東部の団体をご案内、沼津で活動をしている
合唱団木の実(このみ)さんの第13回コンサートをご紹介します。
前回は創立30周年記念を兼ねたコンサートでした。

2年ぶりとなる今回も、いつものように3部構成。
女声合唱の名曲「落葉松」にビバルディのGloria、
そしてなつかしくやさしいうたとして海の歌のアラカルトの
ステージが組まれています。
海の歌は会場の皆さんにも一緒に歌っていただこうという
計画もあるようですよ。

おかあさんコーラスや合唱祭などにでかけると、どこかは
落葉松(からまつ)の終曲や「五月の〜」を取り上げていますが、
意外と全曲を通して演奏に接した方は少ないかもしれません。
自然情景の美しさや爽やかさ、そして静けさが目に浮かぶような
名曲が並びます。
学生さんなどの若い演奏者によるものもいいですが、円熟の
合唱団による表現も魅力的ではないでしょうか。

///

第13回木の実コンサート
2013年5月25日(土) 13:30開演 (13:00開場)
沼津市民文化センター小ホール
入場無料 (当日小ホール前で整理券を配布します)

1部 女声合唱曲衆「落葉松」(小林秀雄)
2部 グローリア(ビバルディ)
3部 海の歌シリーズ

合唱団木の実
練習日 / 毎週金曜日 13:00〜15:00
沼津ルーテル教会

ラベル:木の実
posted by site manager at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

混声合唱団みしま第1回定期演奏会

今日は東部三島に生まれた新たな合唱団、
混声合唱団みしまの第1回定期演奏会をご案内します。

合唱団代表の若宮さんに、合唱団の成り立ちを伺いました。
当合唱団は、去る2010年12月に伊東市と三島市で開催された伊豆フィルハーモニー管弦楽団の15周年記念演奏会ヴェルディ・レクィエム公演がきっかけとなり誕生しました。
その時の伊豆フィル合唱団は、伊東市、静岡市、三島市近郊からヴェルレクを歌いたい方々約150名(既存の合唱団に所属の方も多かったようです)が参集して特別に結成されました(演奏会後解散)。伊豆フィルの指揮は岩村力先生で、4名のソリストがいずれも素晴らしい歌唱力を持っておられ、演奏会は大変感動すべきものでした。
その合唱団の合唱指導をなされたのが小屋敷真先生でした。
合唱団員は、一様にユーモアと情熱にあふれた小屋敷先生の合唱指導に魅了されたのです。
そして、演奏会後の興奮冷めやらない懇親会上で、小屋敷先生をお迎えして新しい合唱創りを始めたいという声が湧き起こったのです。
そこで、多くの方の熱い思いを支えに新合唱団立ち上げの準備を始めました。
東京を中心に10団体近い合唱団の指導をされておられ、極めて多忙な先生に三島までおいでいただくことは到底無理かと思っていました。ところが、私たちの熱意が通じて、小屋敷先生から「三島へ行くよ」というご返事をいただいたのです。さらに、ヴェルレクの合唱練習でピアノ伴奏者として先生を助けられた廣瀬充先生もお迎えできることになりました。
このようにして、2011年8月に三島市を拠点とする混声合唱団みしまが誕生いたしました。
実は、全く同じ思いから一足早く静岡ヴェルディ合唱団(静岡市)および伊豆ヴェルディ記念合唱団(伊東市)が結成され、それぞれ小屋敷先生のご指導で活発な演奏活動を続けておられます。

というプロフィールの団体さんです。
伊豆ヴェルディ記念合唱団静岡ヴェルディ合唱団さんのことは
このブログでも過去何度か書いていますので、ご存知の方も
多いのではないでしょうか。

伊豆ヴェルや静ヴェルがヴェルディのオペラ曲や宗教曲を
メインに演奏会を既に開いていますが、みしまさんは
ちょっと2団体とは選曲の傾向が違っています。
今回の演奏会ではモーツァルトもありますが、どちらかといえば
日本の合唱曲が中心のステージ構成となっているようです。
団員さんの個人blogからの情報になりますが、細かいプログラムは
アラカルトや源田先生の「ふるさとの四季」、そして泣く子も黙る
荻久保先生の「季節へのまなざし」のようです。
この「季節へのまなざし」は昨年の浜松合唱団定演の
振り返りステージで「ひらく」が演奏されましたが、
全曲が静岡県内で演奏されるのも久しぶりかもしれません。
ひらく/のびる/みのる/ゆめみる と題された4曲で構成される
この曲(組曲とは書いてなかったかな)は、自然の移り変わりと
人間のそれも含めたテキストと、和音とは別の次元で
技術的に難易度の非常に高い音楽でつくられています。
緻密なだけでなく、非常にアグレッシブなものを求められますし、
ピアニストにも高度な演奏が期待されます。
youtubeに混声や男声の演奏がありますので、ぜひ予習をして
足を運んでいただきたいと思います。

///

混声合唱団みしま第1回定期演奏会
2013年6月8日(土) 開演13:30 (開場13:00)
三島市民文化会館小ホール
入場料 1000円(高校生以下 500円)

指揮 / 小屋敷真
伴奏 / 廣瀬充
ソプラノソロ / 三宅理恵

1st Stage  合唱目曲集 流浪の民、「心の四季」より「風が」 他
2nd Stage 日本の愛唱歌 ふるさとの四季
3rd Stage モーツァルトの世界 「レクイエム」抜粋 他
4th Stage 混声合唱組曲 「季節へのまなざし」
(都合により曲目が変更になるが場合もあります)

混声合唱団みしま
練習日 / 第1、3水曜日(都合により変更あり)
練習時間 / 18:30〜20:45
三島市民文化会館
http://konsei-mishima.com/index.html

posted by site manager at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

東駿河混声合唱団第7回演奏会

ちょっと肌寒い大型連休となっていますが、アツい演奏を目指して
各団体さんががんばっているのでしょう。
風邪などに気をつけてくださいね。

さて今回は東部の演奏会情報、東駿河混声合唱団第7回演奏会を
ご案内します。前回はこちら。

東駿河さんといえば、その設立経緯およびこれまでの演奏会で
オーケストラ付大曲の1曲演奏会というイメージがありますが、
今回は合唱団演奏会の定番スタイル、4ステージ構成です。
指揮の芹澤先生が他団体で最近多く取り上げられている田作品、
チルコットさんのジャズミサ、源田先生の童謡メドレーに
「歌おうNIPPONプロジェクト」という選曲がされています。

芹澤先生に伺いました。
この演奏会は「いのち、その心の響き」と致しまして、東日本大震災から二年経った今、まだまだ復興は遠いという事を考え、私たちもあらためて真の復興を祈り願う演奏会にしたいと思っております。
会場にお越しいただいた方の半券をカウントし、一枚に対し100円の寄付を全日本合唱連盟を通して行わせて頂きたいと思っております。

田先生の代表作として、そして日本の合唱作品の代表として
挙げられることもある「水のいのち」は、すっとこころの中に
はいってきますが、テキストは非常に高い精神性をもっています。
この曲は英訳するなら"The Life of Water"ではなく"The Soul of Water"と
田先生が解説でおっしゃっています。
今回のプログラムに詩が掲載されるかどうかはわかりませんが、
初めて「水のいのち」に触れられる方にはぜひ高野喜久雄先生の詩に
じっくり接してほしいと思います。

///

東駿河混声合唱団第7回演奏会
いのち、その心の響き
2013年5月18日(土) 開演14:00(開場 13:30)
長泉町文化センターベルフォーレ 大ホール
チケット 一般1000円 小学生〜高校生 500円

第I部 日本中に歌声を「歌おうNIPPON」プロジェクト 
東日本大震災の被災者の皆様へ より
365歩のマーチ / 負けないで / 夢をあきらめないで / 上を向いて歩こう

第II部 A Little Jazz Mass
作曲 / Bob Chilcott

第III部 混声合唱組曲「水のいのち」
作詩 / 野喜久雄 作曲 / 田三郎

第IV部 混声合唱のための童謡メドレー「いつの日か」
編曲 / 源田俊一郎
しゃぼん玉 / 揺籃のうた / 叱られて / 七つの子 / 夕焼小焼 /
月の沙漠 / 証城寺の狸囃子 / 汽車のうた〜 汽車ぽっぽ /
汽車ポッポ / 汽車 / みかんの花咲く丘 / どんぐりころころ /
里の秋 / あの町この町 / 赤とんぼ 

指揮 / 芹澤卓弥
ピアノ/ 田京まゆみ

東駿河混声合唱団
練習日 毎週火曜 19:00〜21:00
長泉町文化センターベルフォーレ
ラベル:混声 東駿河
posted by site manager at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。