静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2012年07月21日

男声合唱団オーロラ 創立10周年記念演奏会

今回は県内では数少ない男声合唱団のひとつ、浜松で活動している
男声合唱団オーロラさんの創立10周年記念演奏会をご案内します。

オーロラさんといえば、年明けに記事にしましたように
平成23年度地域文化活動奨励賞を受賞されましたね。
その段階でもう演奏会は予定されていたようですが、
受賞が団の活動に勢いを付けたのではないでしょうか。
この演奏会以外にも地区の施設への慰問や、財団主催の
企画合唱団に参加など、元気に活動されてきたようです。

今回の10周年記念演奏会は3部構成。
第1部では愛唱歌で巡る世界の歌、第2部ではアカペラで歌う
日本の名歌ステージ、男声合唱おなじみの曲を演奏します。
そして第3部は合唱朗読劇「我が人生に悔いなし」と題して
平均年齢70ウン才のオーロラさんだからこそ構成し、身を以て
表現に説得力を持たせることができるステージが組まれています。

小耳に挟んだところによると、チケットの出足がかなりよく
プラチナチケットになっているようです。
チケットを確保された方は大切にお持ちいただき、当日を
楽しみにしていてくださいね。

///

男声合唱団オーロラ 創立10周年記念演奏会
2012年8月5日(日) 開演 14:00 (13:30開場)
浜松市福祉交流センター
チケット 1,000円(全席自由) 同行の中学生以下は無料

第1部 / 愛唱歌で巡る世界の歌
第2部 / アカペラで歌う日本の名歌
第3部 / 合唱朗読劇「我が人生に悔いなし」

指揮 / 玉川昌幸 齊藤靖司
ピアノ / 山崎恵子 伊藤絢
朗読 / 加藤燿子

男声合唱団オーロラ
練習日 毎週火曜日 19:00〜
練習場所 夢汎(ユメヒロ)スタジオ
http://www3.tokai.or.jp/hp-aurora001/


ラベル:オーロラ 男声
posted by site manager at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

清水合唱団第33回演奏会

今回は静岡市清水区を中心に活動する歴史ある合唱団、
清水合唱団さんの第33回演奏会をご案内します。
前回はこちら

いつもはそんなに詳しくない私がチラシ情報をもとにご案内しますが、
今回は清水合唱団の「さくらえび」さんにご案内いただきましょう。
よろしくお願いします。

///

みなさんこんにちは。清水合唱団の「さくらえび」です。
清水合唱団の演奏会を20倍楽しんでいただこうと、プログラムの見どころ聴きどころや、知ってためになる(?)清水合唱団の情報をお届けします。

まず第1ステージ「イタリア紀行」
サンタルチア、オーソレミオ、帰れソレントへ、いずれもよく知られた代表的なナポリ、イタリア歌曲を演奏します。
今回選曲した3曲は、ともに歌詞が文語的です。
「帰れソレントへ」はアルトの友人曰く「恋人を失った者が可哀想で涙が出る」そうですが、恋を失ったのは彼かな彼女かな?男性が歌っているイメージがあるので彼か!う〜ん、めめしい!最初はアマルフィ(織田裕二主演の映画にもなった景勝地)の美しさを歌ったうただそうですよ。(参考の画像検索)
「フニクリ・フニクラ」は、ナポリ近郊ベスビアス火山の登山電車のためにつくられた世界初のCMソング。なかなか手強い編曲ですが、明るい、イタリアの空や海の姿がマリナートに浮かんでくるでしょうか。


清水合唱団の演奏会ではミサ曲を取り上げます。今回は第2ステージで17世紀のフランスバロックを代表する作曲家シャルパンティエの「真夜中のミサ」を演奏します。
ミサ曲は最初のキリエはギリシャ語で、あとグロリア、クレド、サンクトゥス、ベネディクトゥス、アニュスデイはラテン語です。作曲家がちがっても歌詞は同じです。
《真夜中のミサ》とは、クリスマスの真夜中に執り行われる礼拝です。この作品は当時のノエル(クリスマス・キャロル)のメロディをたくさん借用してつくったミサ曲。当時の人たちは、こんなメロディーを好んでいたんだなぁと楽しくなります。今回はピアノ伴奏ですが、原曲は古楽器での演奏でとっても癒されます。お疲れの方はお休みになってもいいですよ。ただしいびきはダメよ。


第3ステージはポピュラーステージ。
フィーリング、サライ、美空ひばりメドレー、世界に一つだけの花、地上の星など。さらにピンクレディーメドレーがあります。TVで40才代の女子の踊れる確率90%と聞きへぇ〜と思いましたが、我が団もばっちり当てはまりました。
前回の演奏会のアンケートで「あの年代の人たちがあれだけやるのは随分練習したんだと思う」というのがありましたが、私も手こずったものです。6年前初めての演奏会、前日の稽古で頭が真っ白になり動けなくなりました。今回はそうならないようしっかり練習しています。最高年齢80才前団長もがんばっています。


第4ステージは混声合唱組曲「時の華」武蔵野に寄せる五つの譚詩曲。
埼玉県の国際ソロプチミスト埼玉による委嘱(※)で、ご当地の地名や祭や昔話などを題材につくられています。
そういうこともあり清水合唱団で川越へバスツアーに行き、作中のどろぼう橋や蓮馨寺、新川、お祭り会館で山車やおはやしの実演を見ました。当日ご覧いただくプログラムの表紙絵もこの山車です。蓮馨寺でシャボン玉を吹いたり、菓子屋横町でマコロンを買ったり、その場に赴き歌われているものを見て、イメージをつくることができました。

この中の「お祭り婆婆羅」は木遣りや祭の掛け声がはいっていて難しい曲ですが、昨年の県芸術祭合唱コンクールで準奨励賞をいただきました。

実は清水の人がなんで川越の歌をうたうの?最初はちょっと疑問でした。でも練習を重ねるうち、この歌に込められているのは川越だけでなくもっと誰でももっている普遍的なもの、川越をうたっているが、川越を越えたものをうたっている(川越だけに)と気付いたのでした。

余談ですがこの川越ツアー、バスが故障して出発が一時間遅れ、敏腕幹事さんはすかさず交渉し、旅費をすこし割り引いてもらったというこぼれ話もありました。


長々ご紹介してきました。皆さんのご来場をおまちしています。


///

さくらえびさん、ありがとうございます。
これだけご紹介していただいて、他に何を書くことがありましょう。
演奏会、楽しみにしています。

///

清水合唱団第33回演奏会
平成24年9月2日(日)
静岡市清水文化会館マリナート(大ホール)
開演 13:30 (開場13:00)  入場料 1,000円

1.イタリア紀行
  サンタルチア、オーソレミオ、帰れソレントへ、

2.ミサ曲
  シャルパンティエ
    Messe de Minuit pour Noel「真夜中のミサ」

3.ポピュラーステージ 編曲者 鈴木幸一ベストセレクション
  サライ フィーリング ピンクレディメドレー 世界に一つだけの花 ほか

4.混声合唱組曲「時の華」武蔵野に寄せる五つの譚詩曲
  作詞 / 村田さち子 作曲 / 池辺晋一郎

指揮 : 山根悦子  ピアノ : 三浦ゆきの


清水合唱団
練習日時 原則毎週土曜日19:00〜21:00
練習場所はその都度変わりますので、ホームページなどでご確認ください。
http://www4.tokai.or.jp/shimizu-gassyou/

※記事掲載時「時の華」委嘱団体を別の団体と表記していました。
正しくは現在の記事の通り国際ソロプチミスト埼玉です。
失礼いたしました。


shimizu_2012.jpg

ラベル:混声 清水
posted by site manager at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

祝祭第九演奏会ボランティアスタッフ募集

マリナートの開館一発目「第九」の演奏会を先日ご案内しましたが、
そのボランティアスタッフ募集が告知されていました。
もぎり/座席案内/ドア係等のロビー業務で18人だそうです。
スタッフですので当然ですが、コンサート鑑賞はできません。

平日15時〜21時過ぎ拘束の無給(お弁当は支給)なので全ての人に
おすすめと言うわけではないですが、真新しいホールで
演奏会のスタッフとして関わるのは思い出に残るかも。
ご興味の方はマリナートのサイトをご覧ください。

///

祝祭第九演奏会ボランティアスタッフ募集
募集対象/15才以上(除く中学生)の18人(定員に達した場合は抽選)
     コンサートが好き、クラシックが好き、
     イベントが好きなど意欲のある方
活動内容/コンサート運営(もぎり、座席案内、ドア係等)
     2102 2012年8月1日(水) 15:00集合 21:20解散予定
     黒系のスーツ必須
締切 / 2012年7月24日(火)必着

詳細はこちら

ラベル:第九
posted by site manager at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

関東支部のサイト

直接はあまり関係がないように感じますが、とても関係がある
団体さんもありますのでご案内。
今日行われているおかあさん大会はもちろん、各種大会や
イベントなど地区で統括する県上位の組織として
全日本合唱連盟関東支部がありますが、そのサイトが
オープンしたとtwitter情報で知りました。

全日本合唱連盟関東支部
http://jcak.jp/index.html

トップの写真にぶったまげてしまいましたが、ともあれ
このサイトを通じていろんな情報を提供していただけることを
感謝したいと思います。
posted by site manager at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝祭 第九 演奏会

県内の第九演奏会情報は、一応シーズンと言うことになっている
冬前にまとめて掲載をしていますし、今年もそのつもりですが
本公演は記念と言うことで単独記事。

静岡市清水文化センターの実質的後継館、静岡市清水文化会館
通称マリナートが今年8月1日に開館。
実質的開館事業、ベートーヴェンの「第九」演奏会が開かれます。
まさに祝祭。

上にも書きましたが、マリナートの前身、桜橋の文化センターでは
清水市時代の1990年代から「清水の第九」として毎年合唱を募り
静岡市と合併してからも、年末に「歓喜の歌大演奏会」を続けてきました。
文化センターからマリナートになるその節目には、やはりこの
「第九」こそがふさわしい、と行政さんが考えたのかはわかりませんが
祝祭的意味合いをもつこの曲が、開館事業に選ばれました。
ソリストにAOI「静岡の名手たち」合格者で、県内の音楽関係者には
すっかりおなじみの4人の先生方、オケは清水フィルと静フィル、
そして合唱は清水の第九から脈々と続くふれあい音楽特別編成合唱団、
静岡混声合唱団ひびき、静岡大学混声合唱団OB会が浜松の浅野武先生の
ご指導でひとつになり、東響の秋山和慶先生のもとで音楽を紡ぎます。

前プロはこれまた壮大な「ニュンベルクのマイスタージンガー」前奏曲。
不真面目な私はおなかが減ってしまいますが、ワーグナーの傑作中の傑作。
全曲演奏は4時間をゆうに越える作品の前奏曲です。

既に5月から音響や動線のテストランとしていくつか実施されて
いますので、ホールを体感された方も多いかもしれません。
ホール練習に参加した合唱団員さんから「すごくいいホール」との
話も聞こえてきました。音楽もすばらしいものになることが期待されます。

演奏会に優劣はないですが、実質的に静岡市が名誉をかけて実施する
開館記念コンサートです。
お時間のある方は足を運ばれてはいかがでしょうか。

///

祝祭 第九 演奏会
2012年8月1日(水) 開演19:00
1階席 2000円 / 2階席 1500円
静岡市清水文化会館(マリナート) 大ホール

ワーグナー「ニュンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
ベートーヴェン「交響曲第9番ニ短調「合唱付」


指揮 / 秋山和慶
sopr.横山靖代 alt.渡辺有夏、ten.佐藤敦史、bar.初鹿野剛

管弦楽 / マリナート祝祭管弦楽団
(清水フィルハーモニー管弦楽団静岡フィルハーモニー管弦楽団)

合唱 / マリナート祝祭合唱団
(ふれあい音楽特別編成合唱団、静岡混声合唱団ひびき
静岡大学混声合唱団OB会)
合唱指導 / 浅野武 (静岡県合唱連盟副会長)

静岡市清水文化会館(マリナート)
http://www.marinart.jp/

marinato_open9.jpg

ラベル:第九
posted by site manager at 14:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜浜名湖の風にのって〜 三ケ日サマーコンサート2012

個人的事情でいろいろ滞っておりますが、今年も夏。
すっかりおなじみの感もある三ヶ日サマーコンサートを
ご案内する季節です。
前回前々回をあわせてご覧ください。

過去記事にもありますように、このコンサートは
行政から地区の皆さん主催に移ってから3年目となりました。
活動の中核、まきの木コーラス松岡先生に伺ったところ、
年々知名度も集客も上昇傾向とのことで、順調に成長している
地区の音楽祭だそうです。

松岡先生、今年の売りはなんでしょう?
今年は三松幼稚園が初参加、オープニングに登場し年中・年長あわせて71名が出演し、歌と踊りを披露します。
各団体や恒例の出演者有志による合同演奏はもちろん、今回初めてまきの木コーラスと引佐虹の輪合唱団の合同合唱も予定しています。

1+1=2とは限らないのが音楽の楽しさ、他団体を聴き合ったり
合同演奏で楽しい科学変化がうまれ、お客様にも出演者にも
実り多き音楽祭になるといいですね。

///

〜浜名湖の風にのって〜 三ケ日サマーコンサート2012
2012年7月22日(日) 
浜松市三ケ日文化ホール 開演13:00(開場12:30)
入場無料

合唱:
引佐虹の輪合唱団
コールあらい
ゼーヴェストコール
まきの木コーラス
リジョイス
Eng

歌/遊戯:
三松幼稚園

吹奏楽:
三ケ日ウィンドオーケストラ

ゲスト:
松井彩乃(メゾソプラノ)
田中惠子(ピアノ)

問合せ先 まきの木コーラス事局 (三松幼稚国内)
電話 053-525-0232

まきの木コーラス公式ブログ 〜三ヶ日音楽向上委員会〜
http://blog.livedoor.jp/makinokichorus/

mikkabi2012.jpg
ラベル:合唱祭
posted by site manager at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。