静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/10/27 静岡児童合唱団のブログ 追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2012年05月30日

第10回静岡市民文化祭 第77回合唱のつどい

県民合唱祭が西部で開かれましたが、今度は静岡市でのお祭り、
第10回静岡市民文化祭 第77回合唱のつどいをご案内します。
去年は県民合唱祭との併催でしたが、今回はいつもの通り
静岡市の合唱団が集う合唱祭となります。

静岡市合唱連盟事務局さんから進行表をいただきましたので
簡単にご案内します。
お昼12:30から夕方18:30くらいまで、各団体持ち時間8分で
今回は出演38団体を3ブロックにわけての開催です。
昨年の県民合唱祭と同じく、市文のひろい大ホールです。
職場でがんばっているヤギモクさんやNTT静岡女声も
今回も元気に参加してくれるようです。
また人数は少ないものの、県大コーラス部もエントリーを
してくれています。

進行表によれば、今年は2部冒頭にゲスト演奏があるとのこと、
いったいどんな方(団体?)さんが登場するのでしょう。
こちらも楽しみです。

///

第10回静岡市民文化祭 第77回合唱のつどい
2012年6月3日(日) 12:30〜18:20
静岡市民文化会館大ホール
入場無料

第1部 12:30〜
コール 茜
Fiore 〜フィオーレ〜
わらしな混声合唱団
水仙香
コール・ブーケ
安東小学校PTAコーラス部
靜岡合唱団 なかま
コール・華
コール・モワ
アミューズ・華
コール・ノルテ
大谷洋光台混声合唱団
ヤギモク合唱団

第2部 14:24〜
ゲスト演奏
うたう会歌輪
浜田女声コーラス
NTT静岡女声合唱団
コール・まどか
コール・フェローニア
かとれあコール
混声合唱団コールファイブ
コール・ノイ 
コール・ソレイユ
静岡フラウエンコール
静岡県立大学コーラス部
清水女声コーラス

第3部 16:26〜
コーラスもとばんか
靜岡女声合唱団
グリュンネ・コール
静岡混声合唱団ひびき
靜岡合唱団
クール・グルヌイエット
コールかんばら
静岡大学混声合唱団
静岡レディスコーラス
靜岡パパさんコーラス
清水合唱団
靜岡男声合唱団
静岡混声合唱団TERRA
ラベル:静岡市 合唱祭
posted by site manager at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

いすにすわったいちにち

切る時、ブツッとしないところがいい。
pfとchorの流れ方が違う?

かぜかぜ、ちまきのfをていねいに
フレーズ最後まで気を抜かない

言葉に魂がほしい
ぶくぶくしたい
本当にほしいと思ってる?
pにすると響きが落ちる

出だし、sopr.

pf、アンサンブルする気ある?
発声やや奥かな。言葉が伝わらん
子音を強くすれば言葉が伝わるわけではない

少し客席側へ意識がほしい
和音構成を考えよう、自分の役割を

のっぺらぼう
あなはなとなり
Alt出やすい音域といってハーモニー崩さない
切る時口をつぐむのはもったいない

愛したり、はしらない
意味のあるpでありたい
parcc.はリズム厳守

きれいな声ですね

ハ行むずかしいね。
拓治の世界を知ってほしい
意味のない「ル」なの?
指揮者が動く前にpfが立つのはかっこよくない

sopr.「あ」開きすぎるところあり
音楽が動かないなぁ
小林旭が一瞬見えたよ
pfが刻んでいるときのオブリガードがあうといいね。

白滝
音は出す前に狙う
pfがstaccなのに歌い方はかわらない?

sopr.3つくらい聞こえる

「あ」
かみなりさまはok、ffは言葉が弱い
言葉に戻る時切り替えが遅れる

まっすぐな声
歌い手の中でイメージがふくらんでいるとなおいいね。
動きが入ってくると、音楽が柔かくなるね。

同じフレーズを同じように歌うのは意図的?

「ち」のつかみ
裏から出るとき、そんなにびっくりするようにうたうの?
指揮者じゃなく、客席に向かって歌ってほしい

内声がちょっと不安定
キャパ200人くらいの教会で聴きたいなぁ

いつもと比べて練習不足?

知名度の高い曲は、言葉に甘えがないかい?
pfとchorが別物みたい

ん〜、まったくイメージがわかない

よかったよ、バリトンかセカンドがややノドか?

テノールのリズムがいいね。
ちゃんと言葉が聞こえてくる
ちょっと開き過ぎのところもあるけどね。

振り付けセンス、私の好み(笑)
aitが押し気味、息をちょっとながせるかな

まっすぐな少女の、まっすぐな眼差しで小首をかしげるような
疑問の音色が出るといいね。
語尾処理が粗いよ

合わせようという意識は見えるが、なにかあわない。
響きが抜け切らないのがやぼったいのか

元気があっていいね。
明るめの声をブラッシュアップするともっとよくなるよ

音のつかみ

ビブラートがきになるなぁ。
最後の和音、ハーモニーを決めよう

はもりやすさに甘えることなく、ピッチや縦のラインを確実に

「へ」がたいら。でも色があっていいですよ。

言葉が多くなるとしんどくなるか。
客席への意識はいいね。

子音はもう5%引きでもいいかな。ちょっと強すぎるような。
他はいいねぇ。

むち→humが不自然
ちょっとひびきすぎかな。静岡市文だったらほどよかったかも。

いろんな声が聞こえました

いろんな音色が表現として使い分けているのが楽しいね。
ビブラートがちょっときになる

pfのバランスが残念

和音,楽しんでる?
さらっと流しすぎてないかい?

ソラモの方がリラックスしてたのかな。
指揮棒がムチなんでしょうか(笑)。

うまいと思うけど、何を歌っているのか伝わってこない

チルやりましたねー。よかったですよ。
好みとしてはもうちょっとリズムがクリアなんだけど、
そこらへんは演奏者次第ですもんね。

とまらなくてよかった

ユニゾンがんばれ。もったいない。

ハ行
音量でなく、息を流して伝えたいね

以前よりビブラートが少なくなって聴きやすかった。
響きメインだが、それの推進力がもうちょっとほしいな。

女の子、いっぱい入団してくれてありがとう。
まだ演奏に「譜面」がみえる。磨いて音楽にしていこう
ラベル:合唱祭
posted by site manager at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

第1回合唱プロムナードコンサート「コーラスinソラモ」

前日ですが、やっぱりご紹介。
第1回合唱プロムナードコンサート「コーラスinソラモ」をご案内します。

その名の通り、初めての企画です。
浜松駅前のMayOne、遠鉄百貨店の本館と新館(旧フォルテ)の間にある
通路/イベントスペースが、屋根つきの浜松市ギャラリーモール
「ソラモ」と整備されました。そこで今回、県民合唱祭と合わせて
浜松市合唱連盟さんがプロムナードコンサートを企画されました。
もともと浜松駅北口ではプロムナードコンサートが開かれていますが、
それの合唱版ですね。

今回は浜松市や遠州地域で活動する12団体14ステージが
プログラムされています。
浜松市立高校と浜松江ノ島高校は2ステージなのか
グループ編成しているのか不明ですが、どちらもしっかりと
楽しませてくれるステージをしてくれるはずです。

合唱祭はどこも出演団体数が多いため、演奏時間はたいてい
8分くらい、2〜3曲しか聴けないのですが、今回の
「コーラスinソラモ」は持ち時間が20分ほどあるようです。
お客さまにもたっぷり楽しんでいただけると同時に、
出演団体もちょっと気のきいたことをする時間的余裕が
ありそうです。
屋根付きとはいえ屋外ですから、ホールと全く同じような演奏は
きっとしない、と思いますよ。

ソラモとアクトをあっち行ったりこっち行ったり。
合唱にふだんなじみのない方にも、ショッピングの途中に素敵な
音楽をお届けできるといいですね。

///

第1回合唱プロムナードコンサート「コーラスinソラモ」
2012年5月27日(日) 11:10〜15:50
浜松市ギャラリーモール「ソラモ」

出演
1110〜 浜松市立高校合唱団
1130〜 浜松江ノ島高校合唱部
1150〜 はまきた少年少女合唱団
1210〜 混声合唱団「寄せ楽」
1230〜 ジュニアコーラスふくで
1250〜 浜松ライオネット児童合唱団
1310〜 コール・アコール
1330〜 浜松江ノ島高校合唱部
1350〜 ジュニアクワイア浜松
1410〜 積志コーラスまどか
1430〜 シオーネ混声合唱団
1450〜 ヴォア・ヴェール
1510〜 浜松合唱団
1530〜 浜松市立高校合唱団

今回の記事はももママさんのblogに添付されたチラシを参考に
書かせていただきました。
ありがとうございました。

ラベル:合唱祭
posted by site manager at 12:11| Comment(15) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

第57回静岡県民合唱祭

今年も恒例、静岡県民合唱祭の季節となりました。
毎年記事を書いていますので、去年のをご参考に
今年は西部、アクトシティ浜松中ホールでの開催です。

静岡県合唱連盟のサイトにチラシpdfが掲出されましたので
そちらとはまかるドットネットをみてみましょう。
今年の出演は西部地区を中心に46団体。
それらを4つのブロックにわけ、午前10時30分から
午後7時30分の開催となっています。

県連加盟の有無は参加資格にないので、目新しい
団体さんもいくつかご出演されます。
そのなかでも今回初登場の男声合唱団 Big Gold と
コール・ナチュ はこちらこちらをご覧いただければ
どういった団体さんかおわかりいただけると思います。
うん、愉快なメンバーが揃っています。

おなじみの団体さんもしっかり名を連ねています。
pdfで気がつきましたが、清水トゥルヴェールは改称して
清水トゥルヴェール合唱団となられたようです。
浜松の実力派アンサンブル、HCCやキール、ヴォカーレに
チェレステはもちろん、リーダー的存在の浜松合唱団に
静岡合唱団、大規模団の伊豆新世紀など、本当にバラエティに
富んだ出演団体さんが、それぞれの練習の成果を発揮して
楽しい演奏を聴かせてくれる、はずです。

毎回書いていますが、合唱祭は発表の場であると同時に、
自団のアピールや新人勧誘の場でもあります。
たのしく、充実した一日になりますように。
私も一日、客席で勉強しようと思います。

なお、当日は浜松市ギャラリーモールソラモで
第1回合唱プロムナードコンサート「コーラス in ソラモ」という
企画があるそうです。
詳しくは浜松市合唱連盟さんにお問い合わせください。

///

第57回県民合唱祭
2012年5月27日(日) 10:30〜19:30
アクトシティ浜松中ホール
入場無料

静岡県合唱連盟
http://shizuoka-jca.com/
ラベル:合唱祭
posted by site manager at 00:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

静岡バッハ合唱団演奏会 J.S.バッハ「ヨハネ受難曲」

今回は静岡市で活動している静岡バッハ合唱団の
J.S.Bachヨハネ受難曲演奏会をご案内します。

昨年抜粋版の演奏会を開いた静岡バッハが1年間の鍛錬を経て
満を持しての全曲演奏会を開きます。
静岡バッハの池ヶ谷代表に、ご紹介をお願いしました。

2004年のアメリカ映画。『パッション』(原題 : The Passion of the Christ)。メル・ギブソン監督のアメリカ映画を見たことがある。あるいは、見たことはないが知っているという人は多いのではないかと思います。
『Johannes-Passion−ヨハネ受難曲』は「パッション」という共通の単語が示す通り、聖書の「ヨハネによる福音書」に記されているイエス・キリストという方の受難のストーリーをJ.S.バッハが音楽にした作品です。1724年4月7日の聖金曜日にライプツィッヒの聖ニコライ教会で初演されたようです。
音楽は、ヨハネによる福音書18章〜19章に記されている「裏切りと逮捕、連行と尋問、ペテロの否認、ローマ総督ピラトの尋問と死刑の判決、十字架とイエスの死、葬り」の出来事が展開されていく、出だしから緊張度の高い音楽です。その間に11曲のコラールが全体の中に宝石のようにちりばめられ、また1曲目と終曲には芸術性の香り高い曲が置かれ、そして物語全体を装飾するかのようにアリアやアリオーソを歌わせています。沢山の要素で表現される「J.Sバッハの世界」を是非とも味わって頂きたく存じます。
そして、今回はプロの古楽演奏オーケストラで演奏させて頂きます。こちらも古楽ゆえの表現と味わいが楽しめると思います。
また、静岡ゆかりのソリストも多く、岡部町出身の佐藤敦史さんがエヴァンゲリストに挑戦します。また、ソプラノの中楯有起さん、チェンバロの戸崎廣乃さんは出身もお住まいも静岡県です。静岡ゆかりの演奏家の活躍を聴くことで応援して頂きたく願っております。
最後に、静岡バッハ合唱団は、発足して3年目のまだよちよち歩きの合唱団です。今回は磐田バッハ合唱団の共演やオーケストラの出演でようやくこのようなバッハの大曲を味わうことができます。この幸いを喜び感謝しながら、イエスという方の受難を思い描きながら演奏したいと思っております。是非、皆様も聴きいらして下さり、バッハの合唱音楽を共に喜んで頂ければ幸いに存じます。
演奏会の詳細は静岡バッハ合唱団HPをご覧ください。

これ以上、私がなにをかくことがありましょう。
坪井メソッドによるヨハネ、楽しみたいですね。

なおヨハネ受難曲は前半が40分くらい、後半が80分くらいの
2部構成です。
休憩時間でしっかり体をのばしたりお手洗いに行ったりして、
万全の態勢で楽しみましょう。

///

静岡バッハ合唱団演奏会 J.S.バッハ「ヨハネ受難曲」
2012年6月2日(土) 開演14:00 (13:30開場)
静岡音楽館AOI
チケット 前売り3000円 (当日3200円)
全席自由

指揮 / 坪井貞夫

エヴァンゲリスト / 佐藤敦史
イエス / 春日保人 ピラト / 山形明朗

ソプラノ / 中楯有紀、藤沢たまき、本宮廉子
アルト / 上杉清仁、北條加奈
テノール / 神田豊壽、佐藤淳史
バス / 井手守、春日保人

管弦楽 / モーツァルト アカデミー トウキョウ(MAT) (オリジナル楽器使用)
コンサートマスタ− / 大西律子
チェンバロ / 戸崎廣乃

合唱 / 静岡バッハ合唱団 磐田バッハ合唱団

静岡バッハ合唱団 http://sbachchor.com/
練習日 / 毎週火曜日 19:00〜21:00
練習場所 / 日本キリスト教団静岡草深教会

SBC2012a.jpg SBC2012b.jpg
ラベル:混声 静岡バッハ
posted by site manager at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

沙羅&コール・ヴィオラ ジョイントコンサート

今回は東部、沼津地区で活動している2つの女声合唱団、
女声合唱「沙羅」さんとコール・ヴィオラさんの
ジョイントコンサートをご案内します。

こちらは共に柳原義光先生のご指導を受けられている団体で、
沙羅さんが結成32年、ヴィオラさんが17年だそうです。
団の歴史と同じく、団員さんも沙羅さんの方がお姉さんで、
どちらも柳原先生ご指導の練習で楽しく歌われているそうです。
歴史は長いですが、一度入団したら楽しさにハマってしまい
皆さん在団歴はとても長いとおっしゃっていました。

今回は単独でそれぞれ2ステージと、合同で1ステージの構成。
いただいた資料によれば、各ステージにタイトルがついていて

1部は「合唱ファンタジーと組曲」
2部は組曲「遥かな歩み」より など
3部は「ナポリ民謡」
4部は「叙情歌」
5部はピアノのためのシャンソン「生きる」など
とされています。

技術を大切にする合唱もありますが、日々の暮らしの中で
ふつうのおばちゃんたちが苦労して声をあわせる合唱もまた
何物にも代え難い価値があると思います。
円熟のステージを応援してくださるお友達やご家族の方に
深い感謝とともに、心のこもった演奏会となりますように。

///

女声合唱「沙羅」&コール・ヴィオラ ジョイントコンサート
2012年5月26日(日) 開演13:30 (開場13:00)
沼津市民文化センター小ホール
入場無料 要整理券

指揮 / 柳原義光
伴奏 / 勧山悦子

第1部 コール・ヴィオラ
 私と小鳥と鈴と / 雪 / 子供時代 / スパイス / さくら

第2部 女声合唱「沙羅」
 よしきり / 櫛 / 花野

第3部 コール・ヴィオラ
 フニクリ・フニクラ / さらばナポリ / 遥かなるサンタルチア
 Lerchenge Sang(おおひばり) / ウィーン、わが夢のまち

第4部 女声合唱「沙羅」
 岩河三郎編曲による四つの叙情歌より
  早春賦 / 初恋 / 中国地方の子守唄 / 平城山

第5部 沙羅&コール・ヴィオラ 共演
 ぶどう摘み / 南海譜 / 生きる

saraviora2012.jpg

協力 / コール・ヴィオラ代表 鈴木さま
posted by site manager at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

混声合唱団しまだファミリー創立25周年記念演奏会

今回は島田市で活動している、混声合唱団しまだファミリーさんの
創立25周年記念演奏会をご案内します。

今回はどのステージも、合唱に縁のない方でもどこかしらで
耳にしたことのあるだろう曲が並んでいます。
信長先生編曲の唱歌にしまだファミリーさんの愛唱歌、
そして過去演奏してきた組曲も、超一級のメジャー曲です。
しまだファミリーにとどまらず、島田市自体に縁の深い
高田三郎先生の作品はもちろん、蔵王、旅、筑後川など
ステージはもちろん、客席からも歌声が聞こえてきても
おかしくない曲が並びます。

しまだファミリーの川合さんにコメントをいただきました。
第1部と第3部は県下合唱界では重鎮の玉川昌幸の指揮です。
第2部は東京芸大卒の新進気鋭、大石陽介が指揮と司会を兼ねて進行します。また男声合唱にはギターの伴奏がつくのも珍しいステージかと思います。
第3部は創立以来演奏してきた多くの組曲の中から、特に思い出深い曲で構成しました。当団も高齢化が進みましたが、やる気だけはまだまだ若いつもりでおります。少しでも多くの皆様に聴いていただきたいと思っております。

///

混声合唱団しまだファミリー創立25周年記念演奏会
2012年5月13日(日) 13:30開演 (13:00開場)
プラザおおるりホール(島田市)
500円(全席自由)

指揮 / 玉川昌幸 大石陽介
伴奏 / 木村千寿子

混声合唱とピアノのための近代日本名歌抄 (編 / 信長貴富)  
あの町この町 / 宵待草 / ゴンドラの唄 / 青い目の人形
影を慕いて / カチューシャの唄

愛唱歌集
故郷 / 浜辺の歌 / 小さな空 / 見上げてごらん夜の星を
夢路より / 北国の春 / 昴               

『思い出の組曲』より
風が (混声合唱組曲『心の四季』より) 
やわらかに (『啄木短歌集』より)
あめつちに (同上)  
飛翔 - 白鷺 (混声合唱組曲『内なる遠さ』より)
旅立つ日 (混声合唱のための組曲『旅』より)
苔の花 (混声合唱のための組曲『蔵王』より)
河口 (合唱組曲『筑後川』より

混声合唱団しまだファミリー
練習日 毎週月曜日 19:00〜21:00
アーク東海ビル3階
団の名称通りとてもふぁみりぃーな雰囲気ですので老若男女どなたでも
お気軽においで頂ければとお待ちしております。
http://www.ne.jp/asahi/hide/kawai/ShimadaFamily.htm

posted by site manager at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜松男声合唱団第5回演奏会

今回は浜松で活動する男声合唱団、その名もズバリ
浜松男声合唱団の第5回演奏会をご案内します。
前回はこちら

今回は男声合唱の定番、多田武彦作品から東京景物詩と
こちらもよく演奏される日本民謡を選曲。
さらにメインに豊橋でご活躍の齋藤喬先生をお迎えして
ラインベルガーのミサ曲をオルガンで演奏されます。
19世紀中頃から後半に書けて活躍されたオルガニスト兼
作曲家さんで、主にオルガン曲に名曲があるそうです。
今回のヘ長調ミサは、技巧的にこねくり回すことなく
男声のやわらかな響きを素直に楽しむことができる名曲で
ハマれば鳥肌がたつくらい素敵な曲です。

前回同様、飯田裕子先生がピアノを弾いていらっしゃる
コール丘さんが賛助出演で、ステージに彩りを添えます。

///

浜松男声合唱団第5回演奏会
2012年5月20日(日) 15:00開演(14:30開場)
浜松市福祉交流センターホール
入場料:800円(おとな) 400円(小学生〜大学生)

客演指揮 / 齋藤喬
オルガン / 吉田文

指揮 / 和田美喜男
ピアノ / 飯田裕子

男声合唱組曲「東京景物詩」 (詞/北原白秋 曲/多田武彦)
日本民謡より
そうらん節 / 五つの子守歌 / おてもやん / 斎太郎節
ミサ曲 ヘ長調 Op.190 (曲 / ラインベルガー)

賛助出演 / コール丘
指揮 / 松木弘子 ピアノ / 飯田裕子

ラルゴ〜オンブラ・マイ・フ (ヘンデル)
スペインのセレナーデ (ビゼー)
とげのささやき(新実徳英) ほか

浜松男声合唱団
練習日 毎週月曜日 ほか休日練習もあるようです
http://hamadan-gasshou.cocolog-nifty.com/blog/
ラベル:浜男 男声
posted by site manager at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

静岡合唱団第36回定期演奏会

今回は静岡県の合唱界を引っ張る団体のひとつとしておなじみ、
静岡合唱団第36回定期演奏会をご案内します。
前回にご案内したのは50周年記念演奏会でした。

今回はブルックナーに阿久悠、ラターに憲夫さんと、合唱に
普段なじみのない方でも肩の凝らなさそうな選曲です。
#ブルックナーをそういうくくりにいれていいか迷いましたが(汗)。

ブルックナーさんはwikiを見ていただくとお分かりのように
19世紀半ばに活躍したオーストリアの作曲家さん。
音楽史でいえば、後期ロマン派にあたるとのことです。
ご本人も合唱好きだったようで、男声合唱曲もいろいろ
書かれています。
モテットは、テデウムやミサなどに分類されない宗教曲って
ニュアンスで私は理解していますが、あっているのかしら。

阿久悠と言えば、それこそ知らぬものはいないだろう作詞家。
最近のナウなヤングでも、知らず知らずのうちにその作品を
耳にしているでしょう。
今回の曲名は聞こえてきませんが、おそらく誰もが知っている
超有名曲を静岡合唱団のオリジナルアレンジで聴かせてくれる、
はずです、たぶん。

RutterのGLORIA、これもまた名曲。
現代イギリスの作曲家ラターさんの、急/緩/急3部構成の作品。
変拍子をふんだんに取り入れ、祝祭的ファンファーレが
随所にちりばめられているような曲です。
もとはブラスでの演奏が想定されている曲ですが、
今回も武藤先生のピシッとしたシャープなピアノでのステージ。
合唱とともにこれらを華やかに演奏されることでしょう。
ソプラノの皆さん、最後までがんばってください(bです)。

最終ステージは憲夫さんの「雨ニモマケズ」。
近年の女声合唱界では金子みすゞの作品ですっかりおなじみの
鈴木憲夫先生ですが、個人的には「祈祷天頌」「地蔵礼讃」の
自然崇拝というか祈りの音楽のイメージがとても強い先生です。
鈴木先生が関大ひびきに「永訣の朝」につづいて作曲されたのが
今回の「雨ニモマケズ」。
言うまでもないですが、宮澤賢治の詩に作曲されたものです。
朗読にBGMを付けたものなどを耳にされたことがある方も
多いと思いますが、それが合唱曲になるとどういう作品になるか。
またイメージがいろいろとふくらむのではないでしょうか。

実はこの「雨ニモマケズ」。
静岡合唱団の約1ヶ月後にある浜松合唱団定演でも演奏されます。
同じ曲を別団体が演奏するとどう変わってくるのか。
高い技量を持つ団体で、コンクールとはまた違った意味で
同一曲を聴き比べられるのは、そう多くありません。
そういった意味でも、多くの方に両公演に足を運んでほしいなぁと
思っています。
浜松合唱団のご案内は、また改めてしますね。

///

静岡合唱団第35回定期演奏会
2012年5月20日(日) 18:30開演(18:00開場)
静岡音楽館AOI
入場料 1000円(高校生以下無料)
チケットはすみやプレイガイドまで

1.BRUCKNER モテット集より
2.阿久悠メドレー(静岡合唱団ヴァージョン)
3.GLORIA (John Rutter)
4.雨ニモマケズ (鈴木憲夫)

指揮 / 鈴木与志一 / 小林由夫
ピアノ / 武藤礼子

静岡合唱団 http://www.shizusyo.com/
練習日 毎週金曜日 18:30〜21:00 ほか臨時練習あり
練習場所 アイセル21 静岡市女性会館

shizuzho35.jpg

ラベル:混声 静唱
posted by site manager at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする