静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2011年12月13日

女声合唱 原水曜会50周年記念 第15回演奏会

今日は沼津で活動する合唱団、原水曜会50周年記念演奏会をご案内します。
伺ったところによりますと、原水曜会さんは沼津合唱団のコンサートマスターで
あった渡邊義昭先生が創立以来一貫して指導・指揮をされている
沼津の婦人合唱団だそうです。
演奏会としては15回目とのことですが、50周年は県内でも老舗の団体さんです。
大方皆さん予想されているかとおもいますが、沼津市立 原小学校 にて
「水曜日」に練習していたため、この会の名前になったそうです。

この演奏会は原水曜会さんの単独ステージと、元沼津合唱団の
OB・OGさんたちで構成される「牧水の歌を歌う会」さんのステージ、
そして両団の合同ステージと続きます。

50年の歴史を持つ水曜会さん、年齢層は若干高めとのことですが
若者には作れない音楽の重みや熟成されたものがあることでしょう。
数多くの曲目で、いろんな音楽が楽しめそうです。、

///

女声合唱 原水曜会 50周年記念 第15回演奏会
2011年12月17日(土) 14:00開演(開場13:30)
沼津市民文化センター小ホール
入場無料 要整理券

指揮 / 渡邊義昭
ピアノ / 松永京子

第1部
愛唱歌
 雪の窓辺で 小鳥の旅 霧と話した シューベルトのセレナード
 新実徳英作品 青い花 傘もなく 落葉 夏のデッサン 火の山の子守歌
 高田三郎作品 父はいる 手鞠 秋の人形 花野 秋を呼ぶ歌

第2部
「牧水のうたを歌う会」賛助出演
 牧水のうた四首
 幾山河 しらたまの うす紅に なびき寄る

合同演奏
君とあいし時より 思い出の山 お山の細道 
ノブゴロドの鐘 主はつねにイスラエル見守りて


女声合唱 原水曜会
練習日 毎週金曜日 19時〜21時
練習場所 原地区センター (沼津市)

ラベル:原水曜会
posted by site manager at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

女声合唱団 浜松アンサンブル・フリージア 第7回演奏会

直前になっちゃいましたが、今回は浜松の合唱団、
女声合唱団 浜松アンサンブル・フリージア 第7回演奏会をご紹介します。
前回はこちら

フリージアさんは比較的若いメンバーが多いので、出産や結婚などで
人数が増えないのが悩み、とおっしゃっていましたが、今年の浜松の
合唱祭でも豊かな響きの演奏をされていました。

竹村さんにお電話で伺いました。
フリージアの演奏会はそれぞれのステージに特徴を持たせ、聴いてくださる様々な世代、様々な方に楽しんでいただけるようにつくっています。
今年は最初に難しい難しい鈴木輝昭先生の作品で幕を開け、第2ステージでなじみのある曲を演奏します。この世相のなか、しっとりとした曲を演奏し、それぞれの方へ想いを伝えたいとおもっています。
最終ステージはスタバートマーテル。ピアニスト山本明日香さんのつながりで、愛知県立芸術大学卒のメンバーで構成されるカルテットをお招きして演奏します。

スタバートマーテルはキリスト教の聖歌。
音楽的な美しさとテキストにいろんな想いがかぶさります。
多くの方に足を運んで聴いていただきたいとおもいます。

///

女声合唱団 浜松アンサンブル・フリージア 第7回演奏会
2011年12月11日(日) 14:00開演 (13:30開場)
浜松市福祉交流センターホール
入場料 990円 全席自由

I 日本の現代合唱曲
女声合唱とピアノのための組曲「獅子の子幻想」(蓬莱泰三 作詩 鈴木輝昭 作曲)
角兵衛獅子の子たち、その悲惨な貧しさとけなげさを歌う感動のドラマ


II ポピュラー ア・ラ・カルト
「見上げてごらん夜の星を」「SWEET MEMORIES」(松下 耕 編曲)
「天までとどけ」(松下 耕 編曲)/「YAYA」(信長貴富 編曲)他

III ヨーロッパの宗教曲
「Stabat Mater(悲しみの聖母)」より(G.B ペルゴレージ 作曲)
数ある宗教曲の中でも至高の美しさで知られるラテン語女声合唱の名曲、
弦楽四重奏との共演でどうぞ

指揮 / 尾崎 亘
ピアノ / 山中一哲、山本明日香
弦楽四重奏 / カルテット フリーセント(愛知県立芸術大学卒)
ボイストレーナー / 八田隆子

浜松アンサンブル・フリージア
練習日 毎週土曜日 13:45〜15:45
練習場所 可美公民館
posted by site manager at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

静岡県の第九演奏会2011年版

今年も12月、毎年恒例の第九のシーズンです。
合唱人やオーケストラに興味が無い人にも、この時期の第九は
もう既に風物詩としてご了解いただいているでしょう。

毎年恒例のところもあれば、単年の企画のものもあります。
去年同様、今年も各団体の開催のアウトラインをお知らせしますので、
ご興味のところにお出かけくださいね。

なお、初めて演奏会やコンサートにお出かけになる方は、
以前書いたこちらの記事が、クラシックコンサートへの心構えの
一助になるかもしれません。

///

第21回市民による歓喜の歌大演奏会
2011年12月11日(日) 14:00開演(開場13:30)
静岡市清水文化センター大ホール
入場無料
藤崎凡 / 清水フィルハーモニー管弦楽団 / 歓喜の歌市民合唱団
※第九は第三,第四楽章(前プロあり)
清水の第九2011b.jpg
http://www.city.shizuoka.jp/deps/bunka/bunka_jigyou_fureai.htm

///

県民参加による「歓喜の歌」第九コンサート
静岡交響楽団第47回定期演奏会
2011年12月11日(日) 14:30開演 (開場14:00)
グランシップ中ホール 大地
一般 3500円 24才以下の学生 1000円
宮本文昭 / 静岡交響楽団 / 県民参加による第九特別合唱団
静響第九2011.jpg静響第九2011b.jpg
http://www.shizukyo.or.jp/

///

浜松フロイデ合唱団 第九
2011年12月11日(日) 15:00開演 (14:15開場)
アクトシティ浜松大ホール
S / 6000円 A/5000円 B/4000円 C/3000円 D/2000円 E/1000円
車いす席 / 3000円 シルバー席 / 2000円
学生席割引 ハンディキャップ割引(当日券に限りS/A/Bの半額)
曽我大介 / 東京フィルハーモニー交響楽団 / 浜松フロイデ合唱団
浜松フロイデ2011b.jpg浜松フロイデ2011a.jpg
http://www.freude.or.jp/

///

三島市制70周年 文化会館開館20周年記念事業 「第九演奏会2011」
2011年12月18日(日) 14:00開演 (13:00開場)
三島市民文化会館大ホール
全席自由 2000円 ※チケットは完売しました(2011/12/12)
関谷弘志 / 三島フィルハーモニー管絃楽団 / 一般公募による市民合唱団
http://www.city.mishima.shizuoka.jp/web_event002205.html

///

今年は12月11日(日)に3公演、しかも静岡でかぶっています。
演奏会の方向性も違いますし、お客様層も違うとはおもいますが、
集客担当さんの心中を察するにあまりあります。
ともあれ、各会場で練習の成果が十分発揮され、お客様にも
ご満足いただけるような演奏になりますように。

なお、今回の記事は主催者さんに掲載確認をとっておりません。
情報の精度も確証がありませんので、ご興味の方はそれぞれ
主催者さんにお尋ねください。
#12月に入って、やたら検索語にはいってきたので。。。
#勝手に記事にしたこと、怒られたらイヤだなぁ。

ラベル:第九
posted by site manager at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

白いうた青いうた 第二頁

今回はファンの多い「白いうた青いうた」を取り上げるコンサート、
その名も「白いうた青いうた第二頁」をご案内します。

「白いうた青いうた」については、演奏会で取り上げられることも
多いですし、このブログでもご紹介してきました
このコンサートは合唱だけでなく、歌のソロ、デュオ、アンサンブル、
セリフ、楽器演奏、ジャズなど、さまざまな形態での演奏があるそうです。

主催の大島先生に伺いました。
新実先生には去年の”白いうた青いうた”コンサートの企画を、私の先生(畑中良輔さんの奥様の更予先生)を通じて知っていただき、関心を寄せて下さいました。おととしの東京のLIVE“白いうた青いうた”を覗いて下さり、去年清水で開催した“白いうた 青いうた”には積極的に参加して下さいました。
今年の“白いうた 青いうた”第二頁も勿論新実さん参加!です。


合唱は、大島先生ご指導のヴォーカルスタジオ・猫の手はじめ、
4つの団体が名前を連ねています。
クール・グルヌィエットはもうおなじみですが、
劇団夢舞'92と日中合唱団 茉莉花は存じ上げない団体さん。
お名前からするに、面白い活動をされるのかもしれませんね。

合唱曲として慣れ親しんでいる「白いうた青いうた」が、合唱以外で
どのように奏でられるのでしょうか。
なかなか興味深い演奏会ですね。

///

白いうた 青いうた 第二頁
2011年12月9日(金) 開演 19:10 (開場 18:30)
静岡音楽館AOI
入場料 前売り 3000円 当日 3200円
(高校生以下 共に1000円引き)


演奏曲目
無名 / 火の山の子守歌 / 十四歳 / 二十歳 / しらかば
とげのささやき / 八月の手紙 / 落葉 / 恐竜広場
南からの人々 / ねむの木震ふ / ちいさな法螺 / 就職
わらべが丘 / ライオンとお茶を / あしたうまれる

歌 / 大島優美子
指揮・ピアノ・歌 / 新実徳英 
ピアノ / 岡崎悦子 田中信正
ファゴット / 岡崎耕治 

歌 / 木まゆみ 相川恵美子 田口千穂 山下亮一

合唱 /
クール・グルヌィエット
ヴォーカルスタジオ・猫の手
劇団夢舞'92
日中合唱団 茉莉花

大島先生のサイトに、公演の紹介があります。
http://www.geocities.jp/fankyjuice/

猫の手2011a.jpg 猫の手2011b.jpg

posted by site manager at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

静岡大学混声合唱団第46回定期演奏会

県大コーラス部の定期が終わると、次は静大さん。
静岡大学混声合唱団第46回定期演奏会をご案内します。
去年はこちら

静大さんは今年も充実した人数で活動しています。
ご存知の通り静岡と浜松でキャンパスが別れているので、
練習も(時間も移動費用も)なかなか大変なようですが、
それでもいい音楽を創ろうと元気に活動されています。

この夏のコンクールは関東大会銀賞獲得、残念ながら全国へ
進むことはできませんでしたが、そこでの評価をしっかりと
そしゃく、血肉にして、この定期演奏会にむけ練習を
重ねられているとおもわれます。

今回は静大混声の井口さんに、演奏会の紹介をしていただきましょう。
簡単に各ステージの紹介をさせていただきます。
○オープニングステージ「我ら若人」
○第1ステージ「IN TERRA PAX」より3曲
ベトナム戦争をモチーフにしています。メロディが明快な曲なので、合唱に詳しくない方もお楽しみいただけると思います。
○第2ステージ「ここから始まる」全曲
昨年と同じ北川昇先生の作品のステージです。
○第3ステージ
このステージでは、おなじみの曲を混声合唱でお届けします。そして、今年卒団する4年生による寸劇も見ものです。
○第4ステージ「さびしきみち」全曲
全曲初演委嘱作品です。平成23年度課題曲F4作曲者土田豊貴さんが静大のために作曲してくださいました。 作詩は「智恵子抄」で知られる高村光太郎です。
第1ステージから第3ステージは学生による指揮・伴奏、第4ステージは田中豊輝の指揮、武藤礼子のピアノでお送りします。

IN TERRA PAXはクラス合唱で知っている人もいるかもしれませんが、
組曲なのです。終曲は希望に満ちた響きですが、そこに至る
苦しみの一端が前半の曲たち。「大地讃頌」の「土の歌」と
通じるものがありますね。
今回の演奏を聴いたら、全曲に興味を持ってどこかの団体が
演奏してくれないかなぁと期待しています。

お楽しみステージは推測するに、合唱曲よりもポップスよりの
選曲かしら。合唱にあまりなじみのない皆さんにも楽しんで
もらえるようなステージになるとおもいます。
ミュージカルとは行かないまでも、合唱と物語(ストーリー)を
どう展開、表現していくのか考えてつくられたステージですし。
そういう見方(演出表現)でも楽しめるかもしれません。

課題曲F4っていうのは、全日本合唱コンクールの女声の課題曲のひとつ、
「けれども大地は・・・」(「夢のうちそと」から)ですね、
今の合唱作曲界の若手土田先生、北川先生の作品と、ベテランの
荻久保先生の作品、そしてお楽しみステージ(同列に並べたったw)。
元気な静大混声さんがどう各ステージを表現していくのか、
とても楽しみです。

///

静岡大学混声合唱団第46回定期演奏会
2011年12月25日(日) 17:30開演 (17:00開場)
しずぎんホール 「ユーフォニア」
入場料 500円(小学生以下無料)

○オープニングステージ「我ら若人」
○第1ステージ
混声合唱組曲「IN TERRA PAX」より
 「OH MY SOLDIER」「花をさがす少女」「IN TERRA PAX 地に平和を」
○第2ステージ
無伴奏混声合唱曲集「ここから始まる」
 「ウソ」「一つの出会いから」「ここから始まる」
○第3ステージ
  お楽しみステージ
○第4ステージ
混声合唱とピアノのための「さびしきみち」 (委嘱初演)
 「さびしきみち」「冬がくる」「花のひらくやうに」「声」
 指揮 / 田中豊輝  伴奏 / 武藤礼子

静岡大学混声合唱団
http://www.geocities.jp/sumc60/

46th-poster.jpg

posted by site manager at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。