静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2011年06月28日

裾野混声合唱団20周年記念演奏会

今回は静岡県東部、裾野市で活動する裾野混声合唱団の
20周年記念演奏会をご案内します。

ご案内しますとはしたものの、実は取材不足で普段どんな
活動をされているのかとか規模とか、そういうことは
聞きそびれてしまいました。

2011/7/1追記
代表の佐野さんが教えてくださいました。
裾混ですが、現在34名(女性24、男性10)、現在の年齢構成は50歳台から70歳台。歌の好きな方ならどなたでも歓迎ですが、若い人や男性にも是非、共に歌うことを勧めたいと思います。
練習は裾野市文化センターの音楽室で毎週金曜の夜7時半からです。どなたでも気軽に見にお出でくだされば歓迎です。


送っていただいたチラシは、素敵なネウマ譜のデザイン。
毎回の演奏会チラシはネウマ譜とのことですので、演奏会を
今までにもかなりの回数を重ねられていると思います。
特にミサ曲に重点を置かれているというわけではないようですが、
指揮者の福田道治先生が声楽の方で、フォーレのレクイエムで
一部バリトンソロを歌われるそうです。

演奏会は4部構成。
テーマを持たせたアラカルトステージあり、新旧青春の歌や
男声合唱ステージあり、そして組曲やクラシック曲あり。
代表の佐野さんによりますと
マニフィカートは「John Rutter のMagnificat anima mea」を歌います。静岡交響楽団さんから弦5台(Vn,Vn,Vla,Vc,Cb)とライブ・ファイブ・ブラスよりトランペット1台の協力演奏を得ます。

とのこと、大きなセールスポイントですよね。
ラターの曲は祝祭的雰囲気が漂いますが、特にこのMagnificatは
冒頭のトランペットがかっこいいんだこれが。

詳細についてご興味の方は、是非チラシ問い合わせ先にお尋ねいただき
裾野混声さんの演奏会を楽しんできてくださいね。

///

歌を愛するあなたへ
裾野混声合唱団20周年記念演奏会

2011年7月10日(日) 開演 13:30 (13:00開場)
裾野市民文化センター 多目的ホール
入場無料

第1部
 ホームソングメドレー
   花 / 浜辺の歌 / 荒城の月
 混声合唱とピアノのための子守歌
第2部
 混声合唱組曲「確かなものを」
  詩 / 高野喜久雄  曲 / 高田三郎
第3部
 混声合唱 青春の歌
  YELL / 時の旅人 / 大地讃頌
 男声合唱
  昴 / 涙君さよなら / 紀の国
第4部 クラシックの名曲
  フォーレのレクイエムより
  J.Rutterのマニフィカートより

指揮 / 福田通治
ピアノ / 杉田三千代

裾野混声2011.jpg

裾野混声合唱団
練習日 毎週金曜の夜7時半から
練習場所 裾野市文化センター音楽室
http://create-s.xsrv.jp/susokon/
ラベル:混声
posted by site manager at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

第46回東部合唱祭

つい先日静岡県民合唱祭が開かれたところですが、その熱気を
保ったままに、第46回東部合唱祭が開かれます。
そういえば中部や西部の単位では、参加地域や団体数などの点で
これに対応する規模の合唱祭ってないんですね。
規模が大きくなればなるほど開催には困難が伴いますが、
それらを乗り越えて運営してこられた皆さんに、敬意を表します。

今回の出演は児童2、女声26、男声2、混声5の計35団体。
普段から演奏会を開く団体さんもあれば、こういう合唱祭が
年間のメインステージの団体さんもあります。
参加の皆さんが、持ち時間をしっかり使って、練習の成果を
ばっちり発揮されますように。

///

第46回東部合唱祭
2011年6月26日(日) 開演11:00 終演予定16:20
三島市民文化会館(ゆうゆうホール) 大ホール
入場無料

参加団体(出演順)

みなかみ合唱団 女23
コール・ロベリア 女16
柿田川コーラス・めぐみ 女19
静浦少年少女合唱団 児16
女声合唱団やまびこ 女13
清水コーラス 女9
三島フラウエンコール 女31
熱川コールファンタジー 女21
女声コーラス みな美 女15
御殿場フラウエンコール 女25
女声合唱「花えみ」 女20
納米里混声合唱団 混15
沼津フラウエンコール 女30
コールブーケ・ふじ 女11
大岡女声コーラス 女17
コール・ヴィオラ 女22
熱海フラウエンコール 女33

コールうらら 女18
あんさんぶる逍遥男声会 男12
御南小マザーズコーラス「野ばら」 女14
原水曜会 女17
はまゆうの会 女27
沼津あゆみ会 女16
男声合唱「BOSCO」 男13
合唱団木の実 女20
コールたんぽぽ 女6
混声合唱「風」 混21
女声合唱「沙羅」 女23
SoRa(宙) 女20
キンダ―コ―ア花輝 児13
アンサンブルぬまづ 混13
長泉ひまわりコーラス 女30
女声合唱「コール・アンダンテ」 女23
東駿河混声合唱団 混55
伊豆の国混声合唱団 混45
ラベル:合唱祭
posted by site manager at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

ちょっと

110619_0851~01.JPG
早くつきました。
posted by site manager at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

天竜区民合唱祭 第13回やまゆりコンサート

今回は明日開催の合唱祭、天竜区民合唱祭
第13回やまゆりコンサートをご案内します。

浜松市北部に位置する天竜区は、天竜 春野 佐久間 水窪 龍山 と
静岡県にお住まいの方ならどのくらい広大な区域かわかるでしょう。
焼津から掛川くらいの面積になるかもしれません。
そのかなりの部分は森林で、人口は多いとは言えませんが、
そこで合唱連盟を組織し、合唱祭を運営されています。
また合唱連盟所属外の近隣団体にも声をかけ、賛助として
合唱祭を盛り上げていこうとしているようです。

会場は天竜二俣近くの壬生ホール、天竜浜名湖鉄道天竜二俣近くで
遠州鉄道西鹿島からもそんなに遠くありません。
私はまだ入ったことがありませんが、すごくいいホールのようです
出演のみなさんはもちろん、お客さんもいい響きに身を置くことが
できると思いますよ。

ちょっと都市部と離れますが、秋野不矩美術館とあわせて
緑深いまちに出かけてみてはいかがでしょうか。

///

天竜区民合唱祭 第13回やまゆりコンサート
2011年6月19日(日)13:30 開演 (開場13:00)
天竜壬生ホール
入場無料

天竜合唱連盟団体
 コールリバー / わかあゆコーラス / グリーンコーラス / かすみ草
 天竜混声合唱団 / 天竜児童合唱団
賛助団体
 さざんかコーラス / JA掛川市ハツラーズ / 童謡を歌う会 / 虹色コーラス
 エコーラインコーラス / ありがとう広め隊 / コール・フローラ・K / 里山合唱団

tenryu2011.jpg
ラベル:合唱祭 天竜
posted by site manager at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

静岡バッハ合唱団演奏会 " 通奏低音とバロック・ヴァイオリンによる「ヨハネ受難曲・抜粋版」"

やる気になっているうちに、いろいろ記事を書きます(笑)。
静岡バッハ合唱団の「ヨハネ受難曲・抜粋版」をご案内します。

静岡バッハ合唱団は磐田の坪井先生が率いるグループの一つで
バロック唱法を基本とした表現を目指されている団体です。
お兄さん団体であるプロ/セミプロで構成された磐田バッハ合唱団
メサイアに参加したり、静岡バッハの第1回公演も磐田バッハの
協力を得たり、と、一心同体的活動をしています。

今回はバッハの「ヨハネ受難曲」抜粋版とのこと。
チラシによると第1部全曲、第2部のコラール全曲と、
24番、32番のコラール付きアリア39番が演奏されるそうです。
 ※ごめんなさい、まちがえました。
ヨハネ受難曲をご存じの方には、wohinの24番、拍の合わせにくい
32番(8分の12と4分の4)といえばお分かりになるのではないでしょうか。
演奏されない部分は、団員さんによる朗読がなされるようです。

話が前後しますが、受難曲とはイエス・キリストの受難を記した
聖書の中の福音書による楽曲のこと。
ヨハネとかマタイとかルカとかの名が受難曲に冠されるのは、
その曲がどの福音書に基づく楽曲か、ということになります。
合唱に詳しくない方でも、マタイ受難曲の名前はどこかで
聞いたことがあるかもしれませんが、これは
マタイによる福音書による受難曲、という意味です。

なお、一口に●●受難曲といっても、音楽史の中で数多くの
作曲家が同一の福音書をもとに受難曲をつくっていますので、
厳密には○○(作曲家)の●●受難曲と言わないと、その作品は
特定されないのです。
福音書をベースに、自由詩や教会でのことばをとりいれ
受難曲はつくられています。
#教会関係のみなさん、誤認があったらご指摘ください。

今回の公演はサブタイトルにオラトリオ実験工房とありますが、
これはチラシや静岡バッハ合唱団のブログによりますと
今回のオラトリオ実験工房はJ.S.バッハのヨハネ受難曲を受難オラトリオの原点にさかのぼって「通奏低音とバロックバイオリン・チェロ・合唱と独唱」のみで演奏する試みです。またバッハの音の世界をボーカル主体に表現し味わってみようとする試みでもあります。

とのことです。器楽に助けてもらえない分、合唱にはそれなりの
技量と覚悟が求められますね。

調性を介しての表現に重みを置かれるイメージの静岡バッハですが、
今回はどんな演奏を聴かせてくれるのでしょう。
楽しみですね。

毎回のことですが、気になる方のために。
キリスト教会が会場ですが、宗教的勧誘などがされることは
ありません。
思想信条一切わけ隔てなく、ご興味の方は足をお運びください。
とはいえ信仰の場、キリスト者の方にとって教会は非常に大切な場です。
一般常識を持って会場をご利用いただければと思います。

2011/6/29追記
チケット完売、当日券販売無しとのアナウンスがされました。
また体調不良に伴う出演者キャンセルが発表されました。
詳しくは公式サイトをご確認ください。

///

静岡バッハ合唱団演奏会
オラトリオ実験工房−「通奏低音とバロックバイオリンの器楽編成による」
J.S.BACH「ヨハネ受難曲」 1部全曲と2部(コラール全曲+24番・32番アリア)
バッハ通奏低音とバイオリンのための器楽曲

2011年7月2日(土) 開演 14:00 (開場 13:30)
日本キリスト教団 静岡草深教会
 (静岡市葵区西草深町4-6 NHK静岡放送局東) 地図
チケット 1500円(定員200名) ※6/8時点で残席50を切ったそうです。

指揮 / 坪井貞夫

エヴァンゲリスト / 佐藤敦史

バロックバイオリン / 大西律子 関口敦子
バロックチェロ / 十代田光子(体調不良キャンセル)
チェンバロ / 坪井香野 
                                 
Sopr. / 藤沢たまき
Alt. / 北條加奈
Ten. / 神田豊壽
Bas. / 春日保人・井手守
                 
合唱 / 静岡バッハ合唱団 磐田バッハ合唱団

静岡バッハ合唱団 http://sbach.net/
shizubach2011.jpg
ラベル:混声 静岡バッハ
posted by site manager at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

コールマリーン30周年記念コンサート さわやかな初夏の風をあなたに

今日はmixiで仕入れた情報のご紹介。
牧之原市で活動するコールマリーンさんの30周年記念コンサートです。
チラシによりますと当初は男声6名だったのが、現在は30名をこえる
団員を擁するようになり、地域の合唱祭や慰問活動をされているそうです。

コンサートはなかなかたっぷりなステージ構成です。
指揮の座光寺先生に
第一ステージに名づけた「ゼファー」は西風を意味する英語ですが、合唱の歴史を考えるにあたって、教会音楽から発達し、西洋から日本へ明治以降入ってきて、今にいたっていることを意識して名づけたものです。

と教えていただきました。そう考えると、この演奏会自体も古典から
現代曲までとりあげるわけで、歴史トラベラーとも言えますでしょうか。

ゲストは泉の会。その実体は富士宮東高校音楽部のOG会が「泉の会」です。
第2ステージの指揮をされる吉野俊博先生がご指導をされている縁で
今回ゲスト出演をされるそうです。
今まで対外的演奏は年末の芸術祭のみだけだったようですが、
今年は春先のおかあさんコーラス大会(地震のため出場辞退)はじめ、
こういった演奏会にも参加されることになったとのことです。
芸術祭では入賞経験もある実力派、魅力的な団体です。

〆は志太榛原で大活躍の杉浦久喜先生の指揮でのステージ。
流行曲あり、定番曲あり、こちらも楽しみです。

なお、会場の「い〜ら」、私は行ったことがありません。
googleマップで見たところ100台ほど駐車スペースがありますが、
い〜らのホールはキャパ500です。
行かれる方は相乗り等ご協力いただければと思います。

///

コールマリーン30周年記念コンサート
 東日本大震災チャリティー
 ♪さわやかな初夏の風をあなたに♪

2011年6月26日(日)13:30 開演 (開場13:00)
牧の原市相良総合センター「い〜ら」
チケット 800円 ※乳幼児の同伴はご遠慮ください

第一ステージ「ゼファーの調べ」  指揮 / 座光寺 哲
「アヴェ・ヴェルム・コルプス」モーツアルト
「ラシーヌの雅歌」フォーレ
「スカボロフェア」サイモン&ガーファンクル
「ユー・レイズ・ミー・アップ」ロルフ・ロブランド

第二ステージ 「水のいのち」 指揮 / 吉野俊博
1.雨
2.みずたまり
3.川
4.海(朗読)
5.海よ                            

第三ステージ 「泉の会」ゲスト出演 指揮 / 吉野俊博

第四ステージ 「J-POPと日本の合唱曲」 指揮 / 杉浦久喜
「世界にひとつだけの花」
「時代」
「また君に恋してる」
「手紙」
「山のいぶき」
「大地讃頌」
「いざ立て戦人よ」
「七つの水仙」

chormarine2011.jpg
posted by site manager at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

浜松合唱団第24回定期演奏会

(キャッシュからデータを持ってきました。リンク切れはご容赦ください)
毎度更新が遅くなってしまいますが、今日は静岡県を代表する合唱団、
浜松合唱団の定期演奏会をご紹介します。
去年はこんな感じでご紹介しました。

浜松合唱団に関してはもう皆さんよくご存知だと思うので、
私がご紹介するまでもないかな、と言う感じです。
全日本合唱コンクールへの挑戦を続け、ここ数年は県代表として
関東大会はもちろん、全国大会への出場経験もあります。
浜松交響楽団との共演、病院慰問なども取り組んでいます。
活躍目覚ましいHAMAMATSU Chamber Choirの初期団体である
浜松合小団をご存知の方もいるでしょう。
メンバーの年代も、上も下も実は結構幅広くなっています。

今回もチラシにいろいろ掲載されていますので、曲紹介については
そちらをご覧ください。
webでも出演者さんがいろいろ宣伝していますので、そちらも
ご興味の方は是非読んで、応援していただければと思います。

そうそう、今年はアンコール予告が県連サイトにありますね。
コンクール好きの方には、また興味深いのではないでしょうか。

///

第24回浜松合唱団定期演奏会
2011年6月19日(日) 開演14:30 (開場14:00)
アクトシティ浜松中ホール
1.000円(全席自由)

MISA(無伴奏のための) (Ryan Cayabyab作曲)
混声合唱のためのヒットメドレー「HANA」(三沢治美編曲)
混声合唱とピアノのための「海を想う」 (川崎洋 作詞 / 新実徳英 作曲)

指揮 岸信介、玉川昌幸
ピアノ 戸塚勢津子

問合せ先 (財)浜松交響楽団事務局(053-454-6722)
hamamatsuchoir@hotmail.com

浜松合唱団
http://hamamatsu-choir.blogspot.com/
posted by site manager at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

サイクリング

PA0_0102.JPG

「今日もひとつ」苦手だったんですが、聴いて好きになりました。
いい演奏に触れるって、今更ながら大切ですね。
posted by site manager at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

シンフォニエッタ 静岡 合唱団がはじまります

今日はあらたな合唱団創設のお話です。
中原朋哉さん率いるシンフォニエッタ 静岡というプロオーケストラが
活動しているのは皆さんご存知だと思いますが、そこが新たに
自団と共演するための専属合唱団を組織するという情報を得ました。

ご紹介するお許しを得ましたので、要項などからご案内します。
合唱団はあくまでもシンフォニエッタ 静岡の公演に参加するために
組織される団体で、合唱団単独の公演はしないとのこと、
必然的にオーケストラ付き合唱曲がレパートリーになるようです。
既に2013年にフォーレのレクイエムを演奏することが決まっています。
募集は各パート25名程度で、合唱経験不問とのことです。
楽譜の読み方や音取りの補講もしてもらえるようですので、
文字通り合唱経験不問ということでいいようです。
その上大槻義昭先生によるボイストレーニングもあるようで、
なかなか充実したものになりそうです。

もちろん、合唱経験不問とはいえいい演奏を目指すわけですので、
出演オーディションや練習出席ノルマの可能性も言及されています。
この辺はここに限らず、どんな合唱団でもありえることですね。
ただ不合格を出すのが目的ではないでしょうから、そうならないよう
指導にも熱がはいることでしょうね。

練習開始は今年の8月。
どんな合唱団になるんでしょうか、楽しみです。
名曲フォーレのレクイエムを歌ってみたい方、是非ご参加ください。

///

シンフォニエッタ 静岡 合唱団
首席指揮者 中原朋哉
ボイストレーナー・副指揮者 大槻義昭

募集パート:ソプラノ、アルト、テノール、バリトン 各25名程度

入団資格:
1 合唱経験不問
2 高校1年生以上

参加公演 シンフォニエッタ 静岡 第29回定期演奏会
2013年2月1 日(日) 14 時開演 グランシップ中ホール
フォーレ:レクィエム

練習日:毎月第 1,3,5 金曜日 18:45 ~ 21:00
公演直前は追加練習あり/第 1 回練習日 2011年8月5日
練習会場:主に焼津市豊田公民館(JR東海道線 西焼津駅より徒歩約 5 分)

指導者:中原朋哉 首席指揮者/
「シンフォニエッタ 静岡」芸術監督・指揮
フランス音楽のスペシャリストとして高い評価を得ているマエストロ。
大槻義昭 ・・・ボイストレーナー・副指揮者

入団費:1,000 円
団費: (原則として 6 か月分を一括納入)
 3,000 円/月(一般)
 2,500 円/月(シンフォニエッタ 静岡 定期会員)、
 1,500 円/月(25 歳未満の学生)
楽譜:実費
公演参加費:
 15,000 円 (一般)
 10,000 円 (「シンフォニエッタ 静岡」定期会員)
 5,000 円 (25歳未満の学生)
会場使用料等、合唱団にかかる経費として公演出演 2 ~3か月前に集金致します。
特 典:「シンフォニエッタ 静岡」自主公演のチケットが割引購入出来ます。

お問合せ シンフォニエッタ 静岡 合唱団 準備室
 (シンフォニエッタ 静岡 事務局内)
  月曜〜金曜 10〜17時(祝日はお休みです)
電話 054-204-7778  090-9940-6995
FAX  054-204-7773
E-mail  InfoSSJ@aol.com 

シンフォニエッタ 静岡
http://www1.odn.ne.jp/ssj/
posted by site manager at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | メンバー募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

もうついた

110605_0937~01.JPG
看板ないですが、ここで一日過ごします。
posted by site manager at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。