静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2010年12月26日

ユーフォニア

101226_1714~01.JPG
実は初めてです
posted by site manager at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

ふじのくに合唱団員募集

プロオーケストラ静岡交響楽団が、同じくプロの浜松フィルハーモニー管弦楽団とともに
ふじのくに交響楽団を今年結成し、来年に2回目の公演を予定しています。
今度は合唱付きの曲を取り上げるのですが、付属合唱団をもたないオーケストラのため
合唱参加者を募集されています。

ふるさとしずおか「こころのうた」は、さきの静響「第九」で演奏されましたので
歌われた方も多いでしょうし、シベリウスのフィンランディアもまた、
多くの方がどこかで耳にされたことがある、親しみある曲でしょう。
メインプログラムの「新世界」を含め、多くに方に楽しんでいただけるステージです。

合唱指導は静岡児童合唱団の指導者として、また近年の静響「第九」の指導者としても
おなじみの戸崎裕子先生、戸崎文葉先生。本番の指揮は外山雄三先生です。
「オーケストラと歌ってみたい」「第九みたいに難しいんでしょ」とおっしゃるあなた、
戸崎先生による基礎からのトレーニングを受ければ、きっと歌えるようになりますよ。
年の初めのチャレンジとして、ひとついかがですか?

なお、受け付け締め切りは本日、12月20日です。
ご興味の方はお急ぎくださいね。

///

ふじのくに交響楽団 第2回公演 巨匠 外山雄三指揮
〜ノスタルジック 名曲への誘い〜 ♪ふじのくに合唱団員募集♪

公演日時:2011年2月27日(日) 開演14:00
グランシップ中ホール・大地
合唱指導:戸崎裕子先生・戸崎文葉 先生
本番指揮者:外山雄三先生
合唱曲目:シベリウス/フィンランディア讃歌(合唱付き)
杉浦邦弘 編曲/ふるさとしずおか「こころのうた」(合唱付き)
参加費:15000円(レッスン料、本番日のお弁当、公演チケット1枚付)

その他詳しくは静岡交響楽団内の案内pdfをご確認ください。
posted by site manager at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

初訪問

101219_1251~01.JPG
三島大社参拝してきます。
posted by site manager at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

サロンコンサートNo.137 無伴奏合唱でお贈りする 年末だ!あれやこれやのテンコ盛り

今回は大きな演奏会ではなくちょっと異色のイベント、
磐田のサロンコンサートのご案内です。

回数を重ね今回は137回目だそうです。すごいですね。
今回はMUSICA CELESTE(ムジカ・チェレステ)、芸術祭での演奏も
記憶に新しいところですね。
過去には芸術祭賞を獲得したこともある団体で、皆さんもどこかで
見かけたことがあるであろう「濃ゆ〜い」メンバーが揃っています。
#もちろん褒め言葉ですよ。

サイトの紹介文を引用させていただきますと、
いまでもCMで耳にするあの歌、某男性歌手が
カバーする超有名な歌、関西の某歌劇団の愛唱歌、サロコンを
教会に変身させる宗教曲。
そうだ今年は南アフリカの年だった、そして誰でも知っている
クリスマスソング。おたのしみに!
ムジカチェレステのYouTubeチャンネルで、前回のサロコンの
演奏(一部)が聴けます
http://www.youtube.com/user/MusicaCeleste1997


この磐田サロンコンサートは、何と無料!!
出演くださるアーティストさんもすごいですが、これを企画運営する
強力なおじ。。。おにいさんたちの熱意には頭が下がります。
普段のホール演奏とは違って、身近に音楽を感じることができる
このサロコンで、年末のひとときを過ごしてみませんか?

///

サロンコンサートNo.137 12月18日 in オフィス・サロコン at 夜
無伴奏合唱でお贈りする 年末だ!あれやこれやのテンコ盛り! 

2010年12月18日(土) 開演 19:30 (19:00開場)
オフィス・サロコン 地図はこちら
駐車場案内はこちら

出演: MUSICA CELESTE(ムジカ・チェレステ)
ソプラノ 岡留美 毛利優子   メゾソプラノ 伊熊繭子 木戸浩子
アルト 杉上友紀 澤田孝治    テノール 岡雅章 木戸聡彦
バス 柏木俊之 松本直哉

今回のサロコン案内記事はこちら

サロコン情報室
http://salocontama.hamazo.tv/
タグ:サロコン
posted by site manager at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

ふらふら散歩

101212_1335~01.JPG
かぶりつきでみようかと。
posted by site manager at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

静岡県の第九演奏会2010年版

年末もだんだん詰まってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
さて、日本で年末の風物詩と言えばベートーヴェンの第九。
この静岡でも複数第九の演奏会が開かれます。
個別にご案内するのが本来の形なのでしょうが、同じ演目ですし
聴き比べをされる方もいらっしゃるかもしれないので、
ここに一気に掲載させていただこうと思います。
「第九」のみを演奏する所もあれば、前プロを用意している所や
地元の中学生との共演をするところなど、それぞれに魅力があります。
場所や費用、演目も違ってきますので、ご興味の方は是非詳細を
チラシやサイトでチェックしてお運びくださいね。

なお、私の計画性のなさにより、すでに開催済みの公演もあります。
来年は気をつけますので、静響さん沼響さんごめんね。

掲載は「演奏会タイトル」「日付」「場所」「第九の指揮者」「第九のオケ」
そして「第九の合唱」です。 
時間やチケット代、前プロやソリスト等の掲載は省略させて
いただきました。横着してごめんなさい。

///

沼津交響楽団「市民が歌う沼津第九」
2010年11月28日 沼津市民文化センター大ホール
小泉ひろし / 沼津交響楽団 / 「市民が歌う沼津第九」合唱団
2010numadunr9a.jpg 2010numadunr9b.jpg


静岡交響楽団第45回定期演奏会
2010年12月5日 グランシップ 中ホール・大地
手塚幸紀 / 静岡交響楽団 / 県民参加による特別第九合唱団

///

2010オーケストラで『第九』を歌おうインよしだ
2010年12月12日 吉田町総合体育館
堺武弥 / 掛川市民オーケストラ / フリューゲル合唱団 (公募による近隣参加者)
※第四楽章のみです
http://homepage3.nifty.com/dream-honpo/index.html
2010_yoshidanr9.jpg

///

第20回市民による歓喜の歌大演奏会
2010年12月12日 静岡市清水文化センター大ホール
金井俊文 / 清水フィルハーモニー管弦楽団 / 歓喜の歌市民合唱団
※第3、第4楽章です
http://www.city.shizuoka.jp/deps/bunka/bunka_jigyou_fureai.htm
静岡市歓喜の歌2010event.jpg

///

伊豆新世紀創造祭記念合唱団第11回定期演奏会
2010年12月19日 三島市民文化会館大ホール
小林恵子 / 静岡交響楽団 / 伊豆新世紀創造祭記念合唱団
http://www.geocities.jp/izushinseiki/
izushin2010.jpg

///

浜松フロイデ合唱団 ベートーヴェン 第九演奏会
2010年12月23日 アクトシティ浜松大ホール
飯守泰次郎 / 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 / 浜松フロイデ合唱団
http://www.freude.or.jp/
2010freude1.jpg 2010freude2.jpg
タグ:第九
posted by site manager at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

浜松バッハ研究会創立25周年記念「クリスマス・コンサート」

今回は浜松バッハ研究会創立25周年記念「クリスマス・コンサート」を
ご紹介します。
今年1月のバッハ研メサイアをご案内しましたが、それから1年経たずの今回は
大曲ではなく(かといって小品では絶対ないのですが)、器楽の超名曲
「ブランデンブルグ協奏曲第4番」と、普段演奏される機会があまりないであろう
マグニフィカート初稿、そして三澤洋史先生編曲によるクリスマス曲が演奏されます。
演奏曲の紹介はバッハ研サイトのチラシに記載がありますので、そちらをご覧ください。

マグニフィカートの紹介で、第二稿はニ長調、今回の初稿は変ホ長調とあります。
これは平たく言いますと「初稿は半音高いよ」ということを意味します。
はい、ソプラノとテノールの皆さんが大変厳しい曲なんですね、これ。
ソプラノさんはHがいっぱい、テナーもAが結構出てきます。
合唱は文化活動でありますが、間違いなく体が資本であると体感できる曲です。
演奏はそういう面でハードでありますが、それを乗り越えたところに
この曲の美しさ、輝かしさがあるように感じます。

クリスマスメドレーは、皆さんよくご存じの曲がキリスト降誕の物語に沿って
曲配置され、管弦楽で演奏されます。
街中の雑踏で通り過ぎてしまいがちな曲たちが、どういった意味を持ち、
どのような響きで奏でられるのか。
商業音楽とは一味違う、あたたかなものを期待したいですね。

バッハ研は2007年のクリスマスオラトリオ以来、4年ぶりにカトリック
浜松教会聖堂をお借りし、演奏をさせていただきます。
音楽は演奏する場所で違いがあるわけではないですが、賛歌やクリスマス曲を
祈りの場である教会で演奏させていただくことに感謝と喜びをもって
当日を迎えることになると思われます。
私も浜松バッハ研究会所属(事情で今回はスタッフとして参加)ですが、
信仰のあるなしにかかわらず、音楽を演奏(関与)できることの喜びと感謝を胸に
時を過ごしたいと思っています。

///

浜松バッハ研究会クリスマスコンサート
2010年12月23日(木/祝) 開演 14:30 (開場 13:00)
カトリック浜松教会聖堂
入場料 一般 2000円 高校生以下 1000円

J.S.Bach
ブランデンブルグ協奏曲 第4番 G-Dur BWV 1049
マグニフィカート(マリアの賛歌) Es-Dur BWV 243a(第1稿)

三澤洋史/編
クリスマス・メドレー 管弦楽付改定版 初演

指揮/三澤洋史

Sopr./大谷知佳子 Alt./三輪陽子 Ten./西垣俊朗 Bas./河野真剛
ヴァイオリン/北川靖子 オルガン/花井淑 チェンバロ/日向めぐみ
ピッコロトランペット/松野美樹 リコーダー/長瀬正典・徳永隆二

合唱・管弦楽/浜松バッハ研究会・豊橋バッハアンサンブル

追記(2010/12/16)
大勢のお客様のご来場が予想されます。
駐車場がございますが、お近くの方やお友達で乗り合いに
ご協力いただければ助かります。
よろしくお願いします。

浜松バッハ研究会
http://music.geocities.jp/hamamatsubach/

HBS_Front2010.jpg HBS_Flyer_Back.jpg
posted by site manager at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜松ライオネット児童合唱団創立30周年記念演奏会

今回は浜松ライオネット児童合唱団 創立30周年記念演奏会を
ご紹介します。
今年は本当に周年記念の団体さんが多いですね。
浜松ライオネット児童合唱団さん、おめでとうございます。

さて、浜松市内のライオンズクラブ後援で誕生したこの児童合唱団、
団名のライオネットは「ライオンの子」の意味だそうです。
今年はジュニアクワイア浜松などと一緒に、カースニーカレッジの
演奏会に出演したり、浜松・ワルシャワ音楽文化友好交流事業の
一環としてワルシャワ演奏旅行を行いました。
その他にも市内各所で依頼演奏をされてきたようで、演奏面でも
活動面でもアクティブな児童合唱団のひとつです。

今回の演奏会では、そのワルシャワ演奏旅行で演奏した曲や
当代人気の鈴木憲夫先生、木下牧子先生の作品、そして
シーズンに合わせたクリスマスソングなどを演奏されるそうです。
ジュニアクワイア浜松がゲストとのことですので、ワルシャワの曲は
合同演奏されるの「かも」しれませんね。

初村先生、ひと言コメントをください。

初村先生「本合唱団は、現在男子が40パーセントを占めています。
ジュニアクワイア浜松さんとはワルシャワでの合同曲を演奏し、
浜松・ワルシャワ音楽文化友好交流事業の報告をします。
クリスマスコーナーでは、ポーランド・ロシア・ハンガリーのキャロルを
原語で演奏する予定です。お楽しみいただけましたら幸いです。」


ライオネットといえば、今期より岡雅章先生が新たに加わりました。
先のヴォア・ヴェールやムジカチェレステなど緻密なアンサンブルを
つくられてきた岡先生と、発声や表現をのびやかに引き出す初村先生と
それぞれ今回指揮を担当されるようです。
複数の先生に触れることによって、子供たちが新たな音楽表現をみつけ
きらきらした演奏をしてくれるでしょう。
楽しみですね。

なお、来年1月30日に磐田バロックコアのマタイ受難曲公演がありますが、
そちらの児童合唱をライオネットが担当されるそうです。
こちらも楽しみです。

///

浜松ライオネット児童合唱団創立30周年記念演奏会
2010年12月12日(日) 開演 13:30 (開場 13:00)
アクトシティ浜松中ホール
入場料 800円

ワルシャワ訪問記念
「浜松・ワルシャワ音楽文化友好交流使節団」演奏曲
別れの曲、わらべうた  他

作詩:谷川俊太郎 作曲:木下牧子
「いのちの木を植える」より

作詩・作曲:鈴木憲夫
「光る地球(ほし)」より

クリスマスソング  他

指揮:初村則子、岡雅章
ピアノ:戸塚勢津子、久保田世津子
フルート:渥美友香(卒団生)
ゲスト:ジュニアクワイア浜松

浜松ライオネット児童合唱団
http://homepage3.nifty.com/lionet/

lionet2010.jpg
posted by site manager at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

クラシックとセイロンティーVol.14

静岡県の合唱に特化したこのblogですが、過日
NPO法人「音楽の架け橋メセナ静岡」さんから、法人協力の
演奏会のご紹介をいただきましたのでご案内します。
ご案内とはいっても、演目について詳しいわけではないので
プログラム掲載くらいでご容赦ください>メセナさま。

タイトルにあるように、本公演は14年目の企画。
ピアニストの赤石先生がスリランカの方と交流があり、
音楽を通してスリランカのことを伝えたいということから
始まった演奏会だそうです。

チラシによりますと、休憩時間にはスリランカティーのサービスや
グッズの抽選プレゼントなど、面白そうな試みもされるそうです。
直前のご紹介ですが、ご興味とお時間があればお運びください。

///

クラシックとセイロンティーVol.14
    ピアノ :赤石千穂 
    ソプラノ:大塚千穂子

2010年12月7日(火) 午後7時開演(午後6時30分開場)
静岡音楽館AOI
チケット 一席2000円 全自由席

出演者 
 ピアノ :赤石千穂 
 ソプラノ:大塚千穂子 
 オルガン:勝山雅世
 語り  :佐野昌子

曲目
 ピアノ独奏  ショパン      
        スケルツォ第2番

 ソプラノ独唱 シュトラウス    
        喜歌劇「こうもり」より
        "伯爵様、あなたのような御方ならば"

 オルガン独奏 ルフェーブル・ヴェリ
        田園的風景

 オルガン・ソプラノ・ピアノ・語りによる「バッハ伝」

seiron2010a.jpg seiron2010b.jpg
posted by site manager at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

暑いくらいです。

101205_1256~01.JPG
今日は浜松で裏方お手伝いをさせていただきます。
posted by site manager at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

はじめての会場

TS360182.jpg
素敵な響きが期待できます。
posted by site manager at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする