静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/10/27 静岡児童合唱団のブログ 追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2010年11月30日

混声合唱団ドルチェ20周年記念コンサート

今回は富士地区で活動する混声合唱団ドルチェさんの
演奏会をご案内します。
富士市コーラスグループ連絡会が運営するコーラスフェスティバルや
コーラスのつどいなどに参加されてきたドルチェさんは、このたび
設立20周年とのこと、おめでとうございます。
チラシのお写真を拝見するに団員は35人ほど、理想的な男女比で
活動されているようです。

今回の20周年記念コンサートは、サブタイトルにあるように
クラシックの名曲から誰もが知っている童謡まで、どなたにでも
楽しんでいただけるような選曲をされているようです。

今回は富士リコーダーオーケストラのメンバーも参加。
こちらはリコーダーの権威、吉澤実先生のご指導を受けている団体です。
皆さんも「ふえはうたう」、ご覧になったことがあるのではないでしょうか。

入場無料という太っ腹な演奏会。
「ドルチェ」の団名通り、甘美に、優しくうたごえが響きますように。

///

混声合唱団ドルチェ20周年記念コンサート
     モーツァルトから森のくまさんまで
2010年12月4日(土) 開演 13:30 (開場 13:00)
ロゼシアター中ホール
入場無料

第1部 愛しきモーツァルトの世界
 賛美歌336番
 レクエイムニ短調K626(抜粋)

第二部 歌は世界を一つにする
 アヨママ
 ケミオキ
 コンドルは飛んでゆく 他

第三部 歌い継ぎたい心の歌
 花
 荒城の月
 海はなかった ほか

指揮/武嶋由美
伴奏/小林晴美 赤堀浩子
富士リコーダーオーケストラ2名

富士ドルチェ2010.jpg
ラベル:混声 ドルチェ
posted by site manager at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

ヴォア・ヴェール第四回演奏会

例によって、ぎりぎりにならないと記事におこさないのは
小学生以来の気質です。

そんなことはともかく浜松の実力派、ヴォア・ヴェールの
第四回演奏会をご案内します。
 参考 VoixVert第3回演奏会
   #なんだか随分エラそうなことを書いています。
   #読み返すとはずかしいです。

去年は国民文化祭に参加協力したりして大編成の曲を歌っていましたが、
やはりヴォア・ヴェールと言えばアカペラ曲、しかも結構難易度の
高い曲に取り組むイメージがあります。
今回は第一部が岡先生の指揮で「南へ・・・」、第二部が長谷部先生の
指揮で「歌が紡ぐ物語」と題されており、それぞれおもむきが異なった
ステージを繰り広げてくれるようです。
同じ団体なのに、二人の指揮者が創り出す世界は全く違います。
違うのですが、それがヴォア・ヴェールの音色なんでしょうね。

前半には、先の芸術祭で演奏されたKa Hia Manu、後半には
去年の国民文化祭でも演奏された辞世九首が演奏されますので、
ひょっとしたら、既にファンになった方もいるかもしれません。

演奏曲目については、公式blog長谷部先生のサイト
紹介や解説がされていますので、お出かけの方は是非一度
目を通してくださいね。

今回はプロジェクタを使って、解説や表現をされるとのこと。
サイトよれば紙芝居にも挑戦とのことで、どんな演奏会になるんでしょう。

耳になじんだ曲とは、ちょっと雰囲気の異なる演目のヴォア・ヴェール。
目で、耳で、そして心で楽しんでくださいね。

///

ヴォア・ヴェール第四回演奏会
2010年12月5日(日) 開演17:00 (開場 16:30)
浜松福祉交流センター
入場料:500円(全席自由)

第一部「南へ・・・」 指揮/岡雅章
四国の阿波踊りを皮切りに、伊豆諸島〜台湾〜ポリネシア〜
オーストラリア〜アフリカ〜ラテンアメリカ・・・と、
国内外の「南の歌」を集めました。
耳と目で楽しめるステージになるはずです。

第二部「歌が紡ぐ物語」 指揮/長谷部雅彦
団員であり作曲家である長谷部雅彦「時世九首」全曲、
ポーランドの人気作曲家J.スヴィデルの宗教作品、
千原英喜「御伽草子」など、物語を歌で紡ぎます。

ヴォア・ヴェール
http://voixvert.seesaa.net/

追記(2010/12/27)
youtubeのvoixvertチャンネルで、今回の演奏会の模様が
公開されています。会場と全く同じ、とは言えませんが、
雰囲気は充分楽しんでいただけれるとおもいますよ。
http://www.youtube.com/user/voixvert

VoixVert2010a.jpg VoixVert2010b.jpg

ラベル:混声 VoixVert
posted by site manager at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

合唱演奏会鑑賞手引き(「演奏会はじめの一歩」改題)

県内の合唱演奏会をご紹介しているこのblogの目的の一つは、
合唱好きの皆さんはもとより、普段合唱にはなじみのない皆さんにも、
身近で合唱演奏会が開かれていると知っていただき、
足を運んでもらうことにより、県内の合唱文化を向上させることです。

でも知ったはいいけれど、何か敷居が高そうと思っている方や、
気をつけることとかマナーとかを気にして縁遠く感じている人が
意外と多いかもしれません。
市販のクラシック入門的な書籍にも「コンサート入門」のような
章立てをよく見かけます。
というわけで、今更ですが「合唱演奏会はじめの一歩」。
(おもにアマチュア合唱)演奏会に足を運ぶにあたって、
気をつけるとご自身はもとより、他のお客様や出演者も
気持ち良くその時間を過ごすことができるポイント

思いつくままに書いてみます。

///

Q1.
なにを着ていけばいいの?

A1.
通常のお出かけ服でok。特別なドレスアップは不要でしょう。
お出かけファッションといってもいろいろあるかと思います。
考え方としては暴論かもしれませんが、チケット代を
レストランと同じようにみればいいかなと思います。
320円の社員食堂ランチと5000円の懐石弁当では、やっぱり
心構えや身なりも変わってきますよね。

サントリーホールのガラコンサートをはじめとして、服装規定
(ドレスコード)が明示されている演奏会もありますが、
基本的には「お知り合いにあって恥ずかしくない格好」くらいで
いいのかなぁと思っています。


Q2.
いつ行けばいいの?

A2.
演奏会という優雅な(?)ひと時を過ごそうというのですから
やはり時間にはゆとりをもって行動したいですね。
音楽ホールには、館内にラウンジや飲食店がある施設もあります。
そこでちょっとお茶して、というのがタテマエ。

チケットやチラシに開場時間と開演時間が書いていませんか?
座席指定のチケットなら開演時間ギリギリでも席はありますが、
その席にたどりつくために、何回も相撲の懸賞受け取りみたいな
小手先チョップを繰り返すことになります。
全席自由となれば、自分が見たい位置は、既にお客様が
お座りになられている可能性もあります。
座りたい位置が決まっているのなら、やはり開場時間前後に
ホール前に行くことをおすすめます。
なお、開場時間には100人ほど並んでいることも多いです。
出演者がお知り合いなら、どの位置がよく見えるのかと
どのくらいお客様が来られそうか聞いておくのもひとつの手です。


Q3.
チケット代を当日払いたい

A3.
窓口に「当日預かり」「当日清算」「当日券売り場」のコーナーがあり、
そこで受け付けてもらえること「が」あります。
演奏会によっては、当日清算をしないこともあります。
各団体で違いますが、誰から誰へのチケット代というのを
明記する必要が多いので、出演者にご相談ください。

あまり内情を言うのはよくないのでしょうが、演奏会主催者としては
演奏会当日に、想定外の現金は動かしたくないというのがあります。
できれば事前にチケット代金の清算をしていただきたいと思います、


Q4.
プレゼントや花束、ご祝儀を渡したい

A4.
入場すると、ロビーにプレゼント受付をするコーナーが
設置されていることがあります。
たいていシールやメモが用意されているはずですので、
お名前と宛名、複数の団体があるなら団体名とパート名を書いて
受付スタッフにお渡しください。
ご祝儀の場合は、スタッフにお声がけください。
なお、会場整理の都合や運営方針で、プレゼントなど辞退を
打ち出している団体もありますので、ご了承ください。


Q5.
客席から花束を渡したい。

A5.
まずできないとお考えください。
演奏中に花束のフィルムがガサガサ音をたてる可能性があり、
他のお客様のご迷惑になるのと、会場内への水分持ち込みが
禁止されているホールが多いこと、運営保安上の問題、
そして演奏会の進行予定を妨げることが理由としてあげられます。
出演者への花束は、前述の通りロビーをご活用ください。


Q6.
写真や録音をしたい

A6.
特別に許可されている場合を除き、ホール内での録音録画、
写真撮影は主催者により禁じられています。

「著作権」や「肖像権」の難しい問題が絡んでいますが、
それ以前に他のお客様のご迷惑になることがあります。
具体的に言えば、暗い会場内でフラッシュを焚く行為や
液晶の明るさは演奏者の集中力をそいでしまいますし、
携帯などのぴろぴろ音は音楽演奏会ではあってはなりません。
主催者が依頼した撮影スタッフ、カメラマンがいますが
彼らは腕章やスタッフ証を掲示しています。
お知り合いの勇姿をとってあげたい気持ちはわかりますが、
お客様には、出演者を瞼や脳裏に焼き付けていただきたいです。

余談ですが、広い空間でのフラッシュは無意味です。
主催者側のカメラマンを見ていただければわかりますが、
彼らはフラッシュを(基本的には)使っていません。
ホールには強力な照明が付いていますので、不要なんです。
またソースは失念してしまいましたが、フラッシュは
確か10mくらいしか効果がなかったと記憶しています。
オリンピックやサッカーなどのスタジアム中継で、
観客席から無数に炊かれるフレッシュを見るにつけ、
電気(電池)の無駄遣いだなぁと思っております。

余談ついでにその昔、出演した演奏会で客席からフラッシュを
焚いたカメラで写真を撮られたことがあります。
やけに後ろから、しかもその後「写るンです」独特のあの
ジーコジーコいう音を響かせてフィルムを巻いていました。
どんな配慮のない人だと思っていたのですが、終演後の
ロビーコールでもふたたびフラッシュとジーコジーコ音。
音の発生方面を見たら、私の母でした。。。


Q7.
終演後出演者に会いたい

A7.
多くのアマチュア演奏会の場合、終演後ロビーに出演者が
でてきて、お客様をお見送りすることがあります。
場合によっては、ロビーで数曲歌ってくれることも
あります(ロビーコール)。
ロビーが狭い場合かなり混雑しますが、譲り合ってお目当ての
出演者を捜してあげてください。
いっぱいお話したい気持ちもわかりますが、他のお客様も
その出演者とお話したいかもしれませんので、つもる話は
また機会を改めてたっぷりしてあげてくださいね。

会場の都合で、ロビーに出てこない場合もあります。
その場合は流れに従って会場をでていただきます。
楽屋口で出待ちをするのもありですが、一般に楽屋口は
狭いですし、機材の搬出などもあります。
個人的にはおすすめできないのが正直なところです。


Q8.
楽屋に行きたい

A8.
楽屋へは関係者以外立ち入り禁止です。
撤収作業で機材が動いていますので、ご遠慮ください。


Q9.
演奏会は素晴らしかったので、録音やビデオがほしい

A9.
比較的規模の大きい演奏会の場合、主催者側が録音や
ビデオ撮影をしていることは珍しくありません。
有力団体だと、ビデオや録音の販売予約をプログラムに
挟み込んでいたり、ロビーで過去の録音を販売している
ことも少なくありません。
ただし、多くの一般団体の場合、録音や録画はあくまでも
団体の活動記録としてであって、外部への販売を目的と
していないケースがほとんどだと思います。
著作権の関係もあると思いますし、部外者が演奏会の
録音やビデオを入手するのは、難しいと思っていいでしょう。

一方で、最近はそれらをYouTubeなどにアップロードする団体も
多くなりました。
YouTubeやニコニコ動画などとJASRACが包括的な利用許諾契約を
結んだため、それらの流れが大きくなってきたようです。
「特定の団体」の「特定の曲の演奏」があるか否かは運次第ですが
ゼロではないですね。


Q10.
子連れだけど、演奏会に行きたい

A10.
とても難しい問題です。
同じ年齢、月齢、日齢であっても十人十色。
正直なところ、私では判断できません。
明確に「未就学児童(幼稚園児)」の来場謝絶もあれば
泣いたりぐずりそうになったらドアの外に出てねっていう
ケースも数多くあります。
なかには泣きっぱなしっていう強烈な経験も。。。

まずは演奏会の主催者に子連れでも大丈夫かの相談をして
判断を仰いでください。
ホールによっては親子室が準備してあるところもありますし、
託児サービス(事前予約)を設けている公演もあります。
その公演になくても、ホール事務室がそういう手配を
紹介しているケースもありますので、まずは相談ですね。
もし子連れokな場合は、次の行動がしやすい席確保を
お勧めします(ドアそばとか通路側とかね)。

少しですが、小さなお子様welcomeなコンサートもあります。
ちっちゃなお友達にも、楽しい良質な音楽を経験して
ほしいというアーティストもいますので、ぜひ応援して
あげてくださいね。


Q11.
荷物は預かってくれるの?

A11.
ホールによっては、かばんやコートなどを預けられる
荷物一時預かり(クローク)があります。
番号札と引き換えですので、なくされませんように。
クロークの代わりにコインロッカーが用意されている
ホールもあります。
座席の足元はあまりスペースがありませんので、
快適に鑑賞するためにも有効活用しましょう。


Q12.
アンコールって、ブックなの?

A12.
定義があるわけではないですが、一般的に合唱の演奏会では
複数ステージに分かれている演奏会でアンコールがあり、
メサイアやバッハの受難曲などの大曲演奏会では
アンコールは演奏されない傾向があるようです。
オーケストラの演奏会ではどうなんでしょうね。

その昔「アンコールなし」と決めていた演奏会で、指揮者が
「アンコールやらんて決めとったけど、ハレルヤやるわっ」と
カーテンコールで言い放ち、管楽器が焦っていたシーンを
思い出します(演目はメサイア)。


Q13.
拍手ってどのタイミングでするの?

A13.
初めての方には難しい所ですね。
曲によってちがいますが、基本的には「区切り」がポイントです。
でも曲が鳴り終わったのと、区切りとはまた別次元なんです。

初めて演奏会に足を運ばれる場合、曲をご存じない場合は、
とりあえず周囲の拍手のタイミングをうかがいましょう。
大勢間違えちゃうケースもありますが(汗)、本当に迷惑なら
指揮者が「シーッ」とか拍手を制することがあります。
指揮者が指揮台を降りてこっち向いて「しっかり」お辞儀をしたら
間違いないタイミングです。

それ以外の拍手については、その他の注意事項をご覧ください。


///

その他注意事項

夏場の演奏会では、羽織るものを一枚用意することをお勧めします。
ホールの空調は微調整が効かないところが多く、冷暖房とも
強めにかかることが多いです。
特に夏場は冷房で風邪をひきかねないくらいですので、ご注意ください。


客席が複数層(1階、2階)ある場合、上層からカメラレンズのふたなど
「もの」を落とさないようにお気を付けください。
ステージ上のピアノの蓋などに落下することがあります。


携帯電話、アラーム付時計、たまごっちなど、音の出る電子機器を
お持ちの方は電源をお切りください。
バイブ機能を活用されるお客様も多いですが、振動音は目立ちますし
マナーモードが反映されない設定で、アラームがなってしまう事故も
ニューヨークフィルで発生しています。
緊急でない限り、電源オフをおすすめします。


演奏中は、おしゃべりをご遠慮ください。
ひそひそ声は、通常のおしゃべりよりも聞こえます。


演奏中の会場内への入場はご遠慮ください。
曲間(曲と曲の間)にドアから入れてくれる演奏会がありますが、
それは客席内への入場のみがokということで、座席を探して
歩き回ってもいいということではありません。
曲間に入場したら、とりあえずドアそばの空席にご着席ください。


演奏中の携帯ゲーム機、懐中電灯の使用はご遠慮ください。
客席の照明は落としてありますので、そこで灯りがつくと
ステージ上でも、近隣の客席からもはっきりとわかります。
小さなお子様の「飽き対策」の側面もあるかと思いますが、
演奏のパフォーマンスおよび他のお客様へのご迷惑も
多少考慮していただければと思います。


演奏中の、あめちゃんやガムのお召し上がりはご遠慮ください。
前述の花束同様、包装フィルムのガサガサ音は、想像以上に
会場内に響きます。


セキ対策として、ハンカチのご用意をお勧めします。
生理現象ですので、突然せき込むことがないとはいいきれません。
我慢するのは苦しいですし、かといって自重しないのは
他のお客さまにもつらいところです。
その際に口元を押さえる(消音効果)事により、周辺のお客さまに
対しての「ごめんなさい感」が和らぐのは間違いありません。


鈴は鳴らないようにご処置ください。
鞄や携帯、財布に付けてある鈴がたからかに鳴り響くと
出演者はのど自慢の「鐘ひとつ」くらいのダメージを受けます。


拍手は、ぜひとも盛大にお願いします。
指揮者やソリストが登場したら、あなたがその音楽家たちに
期待するわくわく感を拍手で表わしてください。
拍手に熱がこもっているかどうかは、舞台でわかります(笑)。

欲を言うと、実は舞台に登場したときから拍手がほしいです。
中央に立ってから拍手ってのを見かけますが、ちょっとさみしい。
舞台袖からセンターまでたかが数メートル、されど数メートル。
指揮者ひとりに数百人の注目が集まるその時、指揮者は
演奏にかける思い、希望、不安、それらとともに歩いています。
ぜひ指揮台へと向かう指揮者への応援、期待を込めて
拍手をしていただければと思います。


///

もうひとつ。
お客様へというより関係者のみなさんへのお願いです。
合唱祭など、出演者が客席で聴くということが多々あります。
その際たいていステージ衣装ですよね。
ステージ衣装でいるということは、ステージ上ではなくても
みなさんはその団体の看板をしょっているわけです。
その時に今まで述べてきたような言動をしていませんか?
合唱団の方はもちろん、指導者の方々も。

例えステージですばらしい演奏をしても、客席でのマナーに
問題があれば、やはりその団体の魅力は下がってしまいます。
表面を取り繕えばいい、というわけではありませんが、
せめて演奏者たる合唱団員くらいは、しっかりとしたマナーで
鑑賞をしてほしいと思います。
もちろん、自戒を込めて。

///

なお、本記事以外にも
コンサートに行こう(合唱・コーラスあれこれ) や
コンサートを200パーセント楽しむワザ(うたにっき)など、
貴重な先達の記事がネット上には数多く掲載されています。
演奏会巡り趣味のかたもニューカマーなあなたにも、是非一度
目を通していただき、客席とステージが一体となって
いい雰囲気のなか、合唱演奏会が楽しめたらいいなぁと思います。

思いのほか長い記事になっちゃいました。
上から目線で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
ラベル:手引き
posted by site manager at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

地域創造大賞のホール

101127_1236~01.JPG
すばらしいホールで演奏できるって
楽しいことですね。
posted by site manager at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

第14回高校生コーラスフェスタ2010

情報収集のソースのひとつ、静岡市のイベントニュースを見ていたら、
清水西高校「高校生コーラスフェスタ2010」なるものを見つけました。
いつもは掲載の可否と内容について、メールで問い合わせるのですが、
今回は問い合わせアドレスが不明。
また学校ということで電話もかけづらく、結局不掲載のままでした。

そして11/23(勤労感謝の日)、旅行の予定が同行予定者の事故により
キャンセルになったので、思い切って出かけることにしました。
念のため「一般客(保護者とか以外)でも入れるのか」ホールに電話すると、
主催者さんに繋いでくれ、資格制限もなく入れるとのこと。
これでようやく安心して、新静岡から桜橋に向かいました。

会場は初めて入る、静岡市清水文化センター中ホール。
大ホールとは別棟なんですね。たぶんこっちが本館なんでしょう。
会場の3階に向かっても異様に静か。
ちょっと心配になるものの、入口には受付の生徒さんと先生がいて
プログラムをいただきました。

メインタイトルは表記の通りですが、サブタイトルにこうあります。
平成22年度静岡県高等学校総合文化祭
平成23年度全国高等学校総合文化祭全国大会(福島大会)
 代表選考会
なるほど、このコーラスフェスタの主旨はこれだったんだ。
運動部でいうところの「高校総体」が、文化部の「総合文化祭」なのでしょう。
もちろん甲子園や普門館と同じように、合唱にもコンクールがあるのは
皆さんご存知の通りです。

このコーラスフェスタは、健康等学校文化連盟合唱専門部の主管で
行われる行事で、(基本的には)各学校1,2年生で構成される合唱団の
デビューの場という側面があるようです。そしてこの場で、
翌年度の高校総合文化祭の県代表を決める場でした。

今回は合唱専門部のうち13校が参加していました。
 清水西高校合唱団 常葉学園高校音楽部 加藤学園暁秀高校合唱部
 浜松江之島高校合唱部 沼津東高校音楽部 掛川東高校合唱部
 浜松北高校合唱部 浜松開誠館高校合唱部 静岡学園高校合唱部
 藤枝西高校音楽部 三島北高校音楽部 韮山高校音楽部
 藤枝順心高校コーラス部

またゲスト(模範演奏かな?)に、静岡児童合唱団/青葉会スペリオルが
登場し、ブルガリアやモンテベルディなどを演奏してくださいました。
いつもながらのクリスタルな響きで、高校生の皆さんもいろいろ
感じるところが多かったのではなかったでしょうか。

審査の結果、来年度の福島大会には藤枝西高校音楽部が出場と
決定しました。発表の瞬間はもっと盛り上がるかと思ったのですが、
当事者さんからの「えっ」「えっ?」って声が響いていたのが印象的でした。
しばらくたってから、じわじわと実感がわいてきたようでした。

///

次年度文化祭への代表選考会であるこのコーラスフェスタですが、
その主眼は述べたように、3年生を送り出した後のメンバーでの演奏。
今回だけかもしれませんが、コンクールとは異なり日本語の曲や
親しみやすい曲が多かったような気がします。
もちろんコンクールのような難曲に挑戦するのもすごいですが、
こういう曲を高校生が演奏するのを聴かせていただける場も
貴重ではないでしょうか。

高校生の座席数を邪魔しない程度に、一般のお客さんにも若々しい声を
聴いてほしいなぁ、と思った秋の一日でした。
ラベル:コンクール
posted by site manager at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクールなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

寄り道

101123_1242~01.JPG
むしろこちらがメインという噂も。
posted by site manager at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

静岡県立大学コーラス部第20回定期演奏会

静大混声とくれば、県大コーラス部がくるのは当然ですね。
県大コーラス部こと、静岡県立大学コーラス部定演をご紹介します。

なにかにつけ静大混声さんと比較される県大コーラス部さんですが、
これまたいろんな意味で対照的です。
大所帯の静大さんに対し、少人数アンサンブルの県大さん。
外部指導の先生をお招きする静大さんに対し、学生さんたちで
活動をしている県大さん。
どちらがいいわるいではなく、むしろ好対称の団体の演奏に
触れることができることをうれしく思います。

今回の県大コーラス部さんの演奏会ですが、県合唱連盟に掲出された
案内をみますと、宗教曲、愛唱曲、そして黒人霊歌という構成のようです。
テーマとしては、合唱演奏会の定石といった感じでしょうか。

県大コーラス部の部員さんに限りませんが、学生の本分である研究に
かなりお忙しくされているようで、練習も大変な様子が伝わってきます。
合唱に時間を費やすのが厳しい雰囲気も感じます。
究極的には「遊び」と言われてしまう活動かもしれませんが、
今このメンバーでやってよかった、と将来言えるような活動を
してほしいな、と思います。
学生の皆さん、がんばってくださいね。

///

静岡県立大学コーラス部第20回定期演奏会
2010年12月4日(土) 開演 14:00 (開場 13:30)
カトリック清水教会 (地図)(会場への問い合わせはご遠慮ください)
入場無料

第1部
 Ne timeas,Maria 他2曲

第2部
 村の鍛冶屋、ペチカ 他2曲

第3部
 Joshua fit the battle of Jerico、Deep river 他3曲

静岡県立大学コーラス部
http://yaplog.jp/kendaichorus/

(2010/12/3追記)
掲載チラシの会場アクセス方法に訂正があるそうです。
 誤:JR清水駅より、しずてつジャストライン「船越堤公園線・港南厚生病院線(6番乗り場)」
 正:JR清水駅より、しずてつジャストライン「港南厚生病院線(1番乗り場)」
県大コーラス部blogでアナウンスされていますので、ご注意下さい。 

kendai2010.jpg
ラベル:県大 混声
posted by site manager at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡大学混声合唱団の演奏会ふたつ

一般合唱団の演奏会もいいけれど、学生の若々しい演奏会もいいですよ。
冬の演奏会シーズン、まずは静岡大学混声合唱団をご紹介します。

静岡県民には周知の事実ですが、静大は静岡(大谷)と浜松に
キャンパスがあり、それぞれに学生さんが研究に励んでいます。
静大混声はそれぞれに所属する学生さんで構成されています。
さすがに週3回毎回行き来して練習するのは、時間や金銭面で
あまりに負担が大きいようで、基本的には各キャンパスごとで
練習をされているようです。
毎回一緒に練習できないのは、合唱団としては少なからず活動に
支障がでると思われますが、それを若いパワーで乗り切って
活動をされています。
そのがんばりが今年は最高の形で結実。
先の全日本合唱コンクールで大学の部で金賞を獲得しました。

そんな静大混声さんの演奏会、例年なら静岡での開催のみですが
今年は3年ぶりに浜松でも開催されます。
ご指導の田中先生のご助言や、浜松顧問の先生の退官、そして
浜松演奏会という文化の継承という側面もあっての開催とのことです。
静岡での定期演奏会との共通曲が基本ですが、浜松でのみの
有志ステージもあるようです。
凱旋公演となる今月末、そして12月末の定期演奏会とも、
「我ら若人」の響きにのせて、すばらしい演奏会が開かれることを
期待しています。

なお、両公演とも静岡/浜松両キャンパスの学生さんが出演です。
浜松単独での活動の際に、DerKlangの名称を使われるそうです。

///

静岡大学混声合唱団浜松演奏会
2010年11月27日(土) 17:00開演 (開場 16:30 終演 19:00頃予定)
遠州栄光教会住吉礼拝堂(浜松市中区住吉町2-35-14)
※遠州栄光教会は住吉と三方原がありますので、お間違えなく。
 ・浜松駅の遠州鉄道バスターミナル14番乗り場から8/51で
  聖隷健診センター下車(210円)など、何系統かバスがあります。
  系統によっては遠回りで、料金の違うところもあります。
  案内所がありますので、そちらでご確認ください。
 ・教会駐車場はご利用いただけません。
  公共交通機関をご利用いただくか、隣接の聖隷パーキングをご利用ください。 
チケット 前売り250円 当日300円

○Opening 学生歌
○Stage1 『Five Childhood Lyrics』(作曲:John Rutter)より
    「MONDAY'S CHILD」「THE OWL AND THE PUSSY-CAT」
○Stage2 混声合唱のための『かなうた第1集』(作曲:北川昇)より
    「ゆれる」「ながぐつ」
○Stage3 有志団体による演奏
○Stage4 『もうひとつのかお』(作曲:鈴木輝昭)より
    「接吻の時」「愛」
     G4「こころの船出」

指揮 田中豊輝 
伴奏 武藤礼子
  ※第1〜3部までは学生による指揮・伴奏です。

静岡大学混声合唱団浜松キャンパス
http://sumchama.web.fc2.com/index.html
twitterはhttp://twitter.com/#!/hamaen2010

hamaen.jpg

///

第45回静岡大学混声合唱団定期演奏会
2010年12月26日(日) 開演17:30 (開場 17:00)
しずぎんホールユーフォニア
チケット代:500円

指揮 田中豊輝 
伴奏 武藤礼子
  ※第1〜3部までは学生による指揮・伴奏です。

第1部
「Five Childhood Lyrics」全曲
第2部
混声合唱組曲「かなうた 第1集」より
「ゆれる」「なみだ」「ながぐつ」「て」
第3部
お楽しみステージ
第4部
混声合唱とピアノのための「もうひとつのかお」全曲

静岡大学混声合唱団
http://www.geocities.jp/sumc60/

SUMC2010.jpg
ラベル:静大 混声
posted by site manager at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

美薗フレンドリーコーラス 第7回フレンドリーコンサート

今回は地元をテーマに演奏会を続けている合唱団、
美薗フレンドリーコーラスさんの演奏会をご紹介します。

サイトをみていただければおわかりになると思いますが、
フレンドリーコーラスさんは、遠州浜松地区の伝承や万葉集などを
テキストにした曲を演奏される団体さんです。
今回も遠州伝承と遠州弁そして万葉集と、この団体さんならではの
アイデンティティを発揮されています。

作品はすべて指揮の舟橋弘子さんオリジナル曲とのことで、
サイトで試聴できるようになっています。
遠州弁物語の各曲タイトルをみただけで、地元民としては
思わずにんまりしてしまうものがあるかもしれませんね。

まだまだここでしか聴くことのできない曲たちかもしれませんが、
地元の文化を音楽に乗せるという体験ができる希有な機会。
足を運んでみてはいかがでしょうか。

///

美薗フレンドリーコーラス 第7回フレンドリー・コンサート
2010年11月27日(土) 14:00開演 (13:30開場)
浜松市浜北文化センター小ホール 
自由席:前売500円 当日600円

第1部 組曲「遠州七不思議」
  波小僧 / 桜ヶ池 / 無間の鐘 / 片葉の葦

第2部 万葉歌を唄う
   花を贈りましょう / 一つ松 / 月の舟 / 防人の歌

第3部 遠州弁物語6
  ささほうさで、けっからかす / かたして / ちみくる
 ちょうだい / なんか小僧 / 本家(ほんや)は本屋じゃない
 ねがっちゃうに / 遠州弁で話さまいか パートZ
                 を発表予定です
詞・曲・指揮 / 舟橋弘子
万葉歌解説 / 山下智之

美薗フレンドリーコーラス
http://www2.wbs.ne.jp/~funahasi/ (F&F企画内)

posted by site manager at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

第30回記念焼津市民音楽祭

毎年恒例、焼津市民音楽祭の季節となりました。
2010年は国民文化祭の関係で春に平成21年度として開催し、
この秋が平成22年度のものとなり、都合2回の開催となります。
 参考→第29回焼津市民音楽祭

出場は昨年より2団体増えて28団体。
市の音楽祭は基本的に、毎度おなじみの団体さんが基本ですが、
大井川公民館で活動されていた団体さんや、新たに立ち上げられた
団体さんが初お目見えします。
市音楽連盟の伊藤真知子先生がジョイアやデルカントを率い、
精力的に活動されているのがおかげでもありますね。
時間も10時から17時とパワーアップして開かれるとのことです。

参加団体のほかに、ハンドフルートの森光弘さんをゲストとしてお招きし、
素敵な演奏を聴かせてくださるとのことです。
直訳すると「手笛」となりますが、その演奏はすごいです。
リリースしたCD「光の中へ」のメーカーサイトで試聴ができますので
そのすごさを予習して、会場へお運びください。

過去には中学校合唱団も参加していましたが、今回はなし。
個人的には全日本合唱コンクール金賞を受賞した港中には、
凱旋演奏をして音楽祭をもりあげてほしかったなぁという想いも
ありますが、日程とか行事もありますしね。
港中にはその前日の県芸術祭で、ばりばり響かせてほしいと思います。
その分YMCの責任は重大です。がんばってね。

///

第30回記念焼津市民音楽祭
2010年11月28日(日) 10:00〜17:00
焼津市文化会館大ホール(旧称焼津市文化センター)
入場無料

参加団体
志太室内楽団 / ギターアンサンブル「ドーン」 / 小川オカリナ「和」(なごみ)
豊田ギターアンサンブル / せせらぎコーラス / 焼津市民合唱団
コール・アトレ / 合唱団Marmo(マルモ) / 健やか会コーラス
リベルテ混声合唱団 / 混声合唱団Gioia(ジョイア) / 大富公民館コーラス
小川オカリナ「愛音」(あいね) / 焼津公民館ハーモニカクラブ
焼津公民館オカリナ講座 / 焼津ハーモニカフレンド /コール・トヨダ
A mici Del Canto(ア ミーチ デル カント) / エコー・キスミレ
小さな歌の会 / フェアリーローズ / コール・グルッペ
焼津市少年少女合唱団「ゆりかもめ」 / Y.M.C. 和田 / 大井川混声合唱団
焼津市混声合唱団 /焼津水産高等学校吹奏楽部 / 焼津市民吹奏楽団

ゲスト 森光弘/ハンドフルート奏者 (出演は16時ころ)

焼津市音楽連盟 http://www.geocities.jp/yaizuonren/index.htm
焼津市役所(市民音楽祭について) http://www.city.yaizu.lg.jp/k003/30siminnonngakusai.html


※なお、当初カレンダーで11/21と日付が間違っていました。
開催は11/28ですのでお間違いなく。
半年間ほど間違った情報を掲載してしまいごめんなさい。
ラベル:合唱祭
posted by site manager at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

第50回静岡県芸術祭合唱コンクール(結果追記)

去年の記事を修正して引用しつつ。
 参考→第49回静岡県芸術祭合唱コンクール
 もっと昔の記事→静岡県芸術祭合唱コンクール

初冬の風物詩、第50回静岡県芸術祭合唱コンクールが近くなりました。
合唱のコンクールの中で、静岡県が主催するのはこれだけですね。
他は合唱連盟が主催するもの。。。のハズ。
とはいえ、実際の運営(主管)は静岡県合唱連盟が行っております。

各コンクールの特色みたいなものは、個人的感覚としてありますが、
他のコンクールと比較して身近と言うか、気軽に参加できるような
気がします。「気」ですよ。

この通称「芸術祭」は、ジュニア(9名以上で中学生以下)、一般(9名以上)、
アンサンブル(3〜8名)のコンクール部門と、順位のつかないオープン参加、
それと過去2年間の芸術祭賞(最高位、でいいのかな)受賞団体の招待演奏が
行われます。

出演団体も、芸術祭賞を狙いにきているところもあれば、貴重な演奏発表の
場として活用している団体、演奏会にむけての評価を受ける場とする団体など、
多種多様です。一概にはいえませんが、合唱祭よりは音楽的に高度なものを
求める団体の参加が多いように感じます。「感じます」です。

先日出演順を決める打ち合わせがあり、その結果主管する静岡県合唱連盟の
サイトに出演順一覧が掲載されました(PDFリンク)。
 
今年の興味ポイントといえば、ジュニアのトリを務める焼津市立
港中学校混声合唱団。全日本合唱コンクール中学校混声の部で
堂々の金賞を受賞した団体がどんな演奏を聴かせてくれるのでしょう。
そのOBも多く含まれるYMC和田は昨年度芸術祭賞受賞ということで、
本年は藤枝西高OG合唱団と同じく、15分間の招待演奏を行います。

そして私の注目本筋はアンサンブルの部。
アンサンブル キールにムジカ・チェレステ、インサラータ・ヴォカーレの
濃ゆーい中で、三島高校合唱部がしっかりと自分たちの演奏をしてくれるか。
なお、キールは静岡県内では初の公式ステージだと思われます。
指揮はなにコラの「あのお方」なのでしょうか。お待ちしております。

もちろん名前を挙げずとも注目の団体は他にもいろいろ。
おなじみの団体もあれば、今後の企画を見据えてと思われる団体、
演奏会目前の団体もあります。
どの団体も、魅力的な演奏をしてくれることでしょう。

県連参加者以外にも門戸を開いている行事ですし、合唱音楽に少しでも
興味のある方には何かしら得るものがあると思っています。
よろしければ、足を運んでみてくださいね。

///

第50回静岡県芸術祭合唱コンクール
2010年11月27日(土) 10時〜17時30分
静岡音楽館AOI
入場無料

(2010/11/28追記)
そのうち結果もサイトに掲載されるはずですが、検索で多くの方が
来られているようなのでご報告。
なお念のため、主催者発表のものと必ずご照合ください。
#結構間違った情報を流してしまう前科がありますので。

芸術祭賞
焼津市立港中学校混声合唱団

朝日新聞社賞(後援)
HAMAMATSU Chamber Choir

奨励賞
アンサンブルキール / 泉の会

準奨励賞
ジュニアコーラス函南

入選(静岡県合唱連盟 演奏順)
浜松市立芳川小学校 / インサラータ・ヴォカーレ /
浜松アルス・アンティカ / 静岡レディースコーラス /
ヴォア・ヴェール / アクアリウス / はまきた少年少女合唱団
ラベル:芸術祭
posted by site manager at 15:09| Comment(3) | TrackBack(0) | コンクールなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第50回東部芸術祭合唱祭

情報収集のため沼津市民文化センターのカレンダーを見ていたら、
第50回東部芸術祭合唱祭というのを見つけました。
静岡県東部地区の秋の合唱祭で、過去には静岡県東中西それぞれに
芸術祭があって、こういう合唱祭を開いていましたが、
予算や環境が変わり、今地区単位で合唱祭を開いているのは
この東部のみです。

この東部芸術祭合唱祭は昭和36年から開催していて、県文化協会が
携わっている毎年12月(今年は11月27日)に開かれている県芸術祭
合唱コンクールが50回と同じです。

東部は伊豆地区も含むので広大ですし、伺ったところによると
参加団体が少ない時期もあったそうです。うたう(発表する)場と
してだけではなく、講師の先生をお招きして勉強の場としたり、
近隣地区のイベントを研究したりして歴史を重ね。今回は
26団体の参加を得て、昨日盛大に開催されました。

春は「静岡県東部合唱祭」(今年は静岡県民合唱祭と併催)、
秋は東部芸術祭合唱祭と2回の合唱祭を開く東部地区。
各行政単位での合唱祭もあり、とてもステージ数は多いようです。
練習で培われる力が基本とはいえ、ステージを経ることにより
磨かれるものもある。
そういう団体さんを勉強しに行く合唱祭も、楽しそうですね。

昨日は模擬試験や他の行事との重なりで、出演を断念した団体も
あったそうですが、なかには出られるメンバーだけでも参集して
参加した団体もいくつかありました。
100%の力が発揮できるのが好ましいことですが、それでも各団が
いろいろな問題を乗り越え、合唱祭に参加されることに拍手を
送りたいと思います。

///

第50回東部芸術祭合唱祭
2010年11月14日(日) 11:30-15:30
沼津市民文化センター大ホール
入場無料
ラベル:合唱祭
posted by site manager at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

くもりが残念

101114_1344~01.JPG
さすがお膝元、くもりでも圧倒的な富士山の存在感です。
posted by site manager at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまには遠くに

101114_1120~01.JPG
途中までですが、楽しみです。
posted by site manager at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

静岡パパさんコーラス 第6回コンサート


日本合唱界の多くはおかあさんコーラス(女声合唱)、混声はその次、
男声合唱団はそんなに多くありません。しかし数の少なさもなんのその、
前回の岳南メンネルコールに続き、今回も男声合唱団です。
静岡パパさんコーラスの演奏会をご紹介しましょう。

チラシ掲載文によりますと、女声コーラスが多かった昭和38年、
「パパさんが集まるコーラスがあってもいいのでは」という
呼びかけをきっかけに設立されたとのことで、今年47年目。
そろそろ50周年、半世紀が見えてきた歴史ある団体です。

以前にもちょろっと書きましたが、静岡パパさんコーラスは
静岡市合唱連盟に属し、連盟がらみのイベントや活動に対し
とても積極的な関わりを持っています。
合唱祭などにはもちろん、連盟所属の他団体演奏会などにも
積極的に団員さんがお手伝いにでかけ、静岡男声合唱団とともに
静岡市合唱界の、縁の下の力持ち的存在であると思います。

そんな静岡パパさんコーラスさんの第6回演奏会。
今回は古くからなじみある童謡と民謡のステージと、松永先生が
ご指導されていた女声合唱団の賛助ステージ、
そして合唱朗読劇とバラエティに富んだ構成となっています。

「日本のミッチミラーを目指して」との静岡パパさんコーラス。
ナウなヤングにはご存じない方も多いでしょうが、大人の皆さんには
懐かしく思い出される方もいらっしゃるでしょう。
若者には負けない40名のパパさんたちには時代を超え、
かっこいい男声合唱を聴かせてほしいと願っています。

///

歌い続けて半世紀 静岡パパさんコーラ第6回演奏会
2010年11月21日(日) 開演14:00(開場:13:30)
静岡市民文化会館中ホール
入場料:1000円(当日券も入口で販売します。全席自由席です)

第1部:合唱組曲「子供の一年」 西崎嘉太郎
 1.序曲 2.ゆき 3.豆まき 4.春が来た 5.さくらさくら
 6.こいのぼり 7.ほたるこい 8.たなばた 9.うみ
 10.赤とんぼ 11.村まつり 12.月 13.どんぐりころころ
 14.あられ 15.ジングルベル 16.蛍の光 17.フィナーレ

第2部:合唱曲、日本の民謡ベスト5

第3部:賛助団体ステージ
 女声合唱とピアノのための「見渡せば」(明治の唱歌歌曲集)
  1.見渡せば 2.才女 3.庭の千草 4.故郷の空 5.哀れの少女
    友情出演 コール・ソレイユ
         指揮/日比洋子 ピアノ/栗本真佐子
 女声合唱とピアノのための四季の歌「7つのバガテル」
  1.ゆき 2.夏は 3.ざりがに 4.会話
    友情出演 コール・ブーケ
         指揮/一色令子 ピアノ/友田規峰子  

第4部:合唱朗読劇「父からの手紙」
 ホーフブロイハウスの歌 / いざや我等の / ウクレレクラブ
埴生の宿 / 旅愁 / 男はつらいよ / アメージンググレイス
 いい湯だな / 青春 / 川の流れのように
   構成 / 松永好夫 ナレーター/ 小林成樹

指揮/松永好夫 ピアノ/甲木雅子

静岡パパさんコーラス
http://www7a.biglobe.ne.jp/~shizuoka_papasan_choras/

静岡パパさん2010.jpg
ラベル:パパさん 男声
posted by site manager at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする