静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/3/17 寄せ楽 移転更新)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2010年07月30日

早稲田大学合唱団サマーコンサート

夏ならではの公演がつづきます。
楽しく充実した夏休みを過ごす学生合唱団の一つ、早稲田大学合唱団さんの
サマーコンサートをご紹介します。
夏合宿、サマコン合宿を経て、期待の1年生が本格的にステージデビューする
大切なコンサートでもあります。

ご存知の通り超巨大学校法人である早稲田には同志社同様、この早稲田大学
合唱団以外にも早稲田大学グリークラブや早稲大学混声合唱団など、
複数の合唱団があります。それらが独自の活動ポリシーを持って切磋琢磨し、
各自高い技術の演奏活動をされているようです。
早稲大学合唱団さんは、通常は特定の外部指揮者を持たず(定演は客演指揮を
お迎えするとのこと)、学生主体で日本語の曲を中心に活動されているそうです。

毎年東京近隣でサマーコンサートをひらくということで、今年は三島での開催です。
木下先生の出世作ともいうべき(失礼かしら?)ティオは、静岡で聴く機会は
最近は少ないような気がします。個人的にも聴きてみたいです。
そのほかには早稲田大学合唱団らしい選曲がされています。
また、地元三島市どんぐり合唱団との合同ステージもあるとのこと、こちらは
聴いても楽しいし、ジョイントされる地元団さんもいい刺激を受けるのでは
ないのでしょうか。

普段聴く機会のない団体がやってくる演奏旅行は、ある意味ラッキーチャンス。
若い100人近い学生合唱団のあつい演奏を楽しみませんか?

なお入場無料ですが、整理券が必要とのこと。
本記事や早稲田大学合唱団サイト、また三島のゆぅゆぅホールなどで
入手方法をご確認くださいね。

///

早稲田大学合唱団サマーコンサート
2010年8月28日(土)
三島市民文化会館ゆぅゆぅホール
開演15:00 (開場14:30)
入場無料(要整理券)

混声合唱曲集「ティオの夜の旅」
 作詩 池澤夏樹/作曲 木下 牧子 

ポピュラーステージ〜Starry Pops!〜
 (NHK全国音楽コンクールスペシャルステージ特集)
  星屑の町 三日月 粉雪 Jupiter

「マザーグースのうた」
 訳詩 谷川俊太郎/作曲 青島広志

特別ステージ〜三島市どんぐり合唱団合同ステージ〜
 混声合唱組曲「初恋物語」
 作詩 森村誠一/作曲 池辺晋一郎

■ご案内
コンサートは無料ですが、入場整理券を設けております。
入場整理券をお持ちのお客様は優先的に会場にお入りいただけます。
三島市内の公共施設でお求めください。
コンサート担当までご連絡いただければ、チケットの取り置きや
郵送もいたします。
当日には、当日券をご用意しております。
文化会館には一般の方用の駐車スペースがございませんので、
お近くの一般優良駐車場をご利用ください。

サマーコンサート連絡先
【曽根 summercon2010@gmail.com/090-9900-6370】

早稲田大学合唱団
http://wasedachorus.web.fc2.com/index.html

wasechor1.jpg wasechor2.jpg
タグ:混声
posted by site manager at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

コール・ノイ 1stコンサート

静岡市で活動する女声合唱団、コール・ノイさんが初めての演奏会を開かれます。
これまで合唱祭や芸術祭などに参加し、おかあさんコーラスでは関東大会へ
出場された経歴もあるそうです。
常葉橘高校で教鞭をとり、県オペラ協会などでご活躍の北島光基先生による
発声指導を受け、楽しく音楽をつくられているそうです。

今回の1stコンサートは、23名でのステージとのこと。
チラシ掲載の林光先生の曲などだけでなく、いろいろ楽しい曲を
用意されているようです。詳しくは当日のお楽しみ、ということで...

聴いて楽しく、見て楽しく、そんな素敵なコンサートにすべく、
がんばっているとのことでした。

コンクールや合唱祭ではせいぜい10分程度の演奏時間しかないですが、
単独演奏会ではやろうと思えば、どんな長いステージでも可能です。
ステージ構成に伴う大変さを乗り越え、演奏団体として一皮むけた
コール・ノイさんの取り組みを応援してあげたいですね。

///

コール・ノイ 1st.コンサート〜新しい風にのせて〜
2010年09月18日(土)
静岡音楽館AOI 開演14:00 (開場13:30)
入場料 1,000円(全席自由)

女声合唱とピアノのための「天使のせいぞろい」
 (詞/谷川俊太郎 曲/林 光)

女声合唱組曲「今日もひとつ」
 (詞/星野冨弘 曲/なかにしあかね)

ほか

指揮:北島光基
ピアノ:石部愛美

お問合せ コール・ノイ TEL:054-272-8037

noi2010.jpg

タグ:ノイ 女声
posted by site manager at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

Joy of Music 2010

毎年行われている「Joy of Music」のお知らせです。
アンサンブル・プティポ幹事の佐藤さんからコメントをいただきましたので
ご紹介します。

「Joy of Musicは、昨年第10回を迎えた音楽発表会です。
ジャンル、年齢、障害の有無、プロ、アマチュア等、垣根の無い
音楽演奏と交流を通して、心のバリアフリーをめざす催しで、
例年さまざまの方のご賛同を得て開催してまいりました。
今年は定普段とはちょっと趣を変えて、合唱とソロを中心とした
集まりになりました。
出演団体のひとつ、コロボックルは年一回、東京都男声合唱祭に
参加するのを恒例とする季節性合唱団。今回は県外県内の有志が
参集して男声合唱の名曲集を披露します。
お気軽にお立ち寄り下されば嬉しいです。」


チラシの通り、コロボックルは「いざたて戦人よ」や「月光とピエロと
ピエレットの唐草模様」などの超メジャーな曲を演奏されるとのこと。
またアンサンブル・プティポはこれまた有名な「夢見たものは…」。
さらに合唱出演者の中からソロやデュエット、また伴奏などされる方も
いらっしゃるとのこと。個人や各団体の多彩な演奏が楽しめそうですね。

///

Joy of Music 2010
2010年8月7日(土) 開演13:30 (開場13:00)
静岡県男女共同参画センターあざれあ小ホール
入場無料

出演
女声合唱 Fiore
グリークラブ・コロボックル有志
混声合唱 アンサンブル・プティポ
その他ソロ、デュエット、ギター演奏ステージあり
全体合唱 

協力:音楽市場
http://www6.plala.or.jp/onn-ichi/

///

余談ではありますが、とても楽しい出演者さんたちです。
聴衆として楽しまれた後はぜひ声をあけてあげてください。
ひょっとすると、次回の出演者になれるかも、ですよ。

joyofmusic2.jpg

タグ:Joy of
posted by site manager at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

同志社グリークラブ静岡演奏会

すでにご存知の方も多いと思いますが、春の関西学院グリークラブに続き、
今夏は日本を代表する学生合唱団の一つ、同志社グリークラブが、
12年ぶりに静岡にやってきます。
関西学院グリークラブ、早稲田大学グリークラブ、慶應大学ワグネル
ソサィエティ男声合唱団とともに「東西四大学合唱連盟」を構成し、
学生男声合唱界をけん引する団体が静岡に同年に2団体も!!です。
個人的にも学生時代によく聴いた団体さんだけに、今からわくわくしています。

同志社グリークラブは現在、技術顧問にOBの伊東恵司先生を迎えられています。
関西のなにわコラリアーズ淀川混声葡萄の樹をはじめ、数多くの団体を
ご指導されています。そういえば先のアルティ声楽アンサンブルフェスティバル
2010に静岡から参加したアンサンブルキールも伊東先生のご指導ですね。
今最も注目されている合唱指揮者のおひとりである伊東先生。その音楽に
静岡で触れられる絶好の機会ではないでしょうか。

今回賛助出演の静岡雙葉高等学校・中学校は、ご存知の通り女子校です。
雙葉出身の皆さんには、慣れ親しんだ女声での校歌が混声で演奏されると
いうことで、一般の方とはまた違った想いがあるのではないでしょうか。

担当の安池さんに伺ったところ、チケットの販売具合も順調とのこと。
ご興味の方は早めのチケット確保をしてくださいね。
(2010/8/7追記)
チケット販売終了しました。当日券もありません。
(ここまで追記)

///

同志社グリークラブ静岡演奏会
2010年08月12日(木) 18:00開演 (開場:17:00)
静岡音楽館AOI
入場料:2000円(全席自由)

1st「Our All-time Favorite Songs」
 指揮:神谷亮太(副指揮者)

2st「男声合唱組曲『白き花鳥図』」
 指揮:森崎公平(学生指揮者)

3st 静岡雙葉高等学校・中学校聖歌隊 賛助出演ステージ
 雙葉学園の校歌
(通常は女声二部合唱の校歌を今回は、同志社グリークラブと
 混声四部で歌います。)
 MISA BREVIS より Kirie
 Ave verum corpus
 指揮:齋藤愛子 伴奏:中川志保実

4st「祈りの風景〜現代の宗教音楽から Sandstromh他 」
 指揮:伊東恵司(技術顧問)

問い合わせ先
安池倫成 FAX:054-245-0894 携帯090-1627-0900
m@yasuike.jp
http://gleeclub.jp/concert/2010/08/2010.html

(2010/8/11追記)
今回の演奏会のblogがありました。
http://gleeclub.eshizuoka.jp/

また、現役さんサイトに、今回の演奏曲解説があります。
http://gleeclub.jp/blog/2010/08/post-21.html

そんなわけで、同志社グリーの来静をお待ちしております。
(追記ここまで)
タグ:男声 同G
posted by site manager at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

PIccolo Cantate Vol.1〜フランスオペラの華〜

浜松声楽研究会さんから、演奏会のお知らせをいただきましたので
ご紹介します。

***

研究会のメンバーによる、フランスオペラのアリアの演奏会です。
今まで、研究会ではアクトの中ホールで2〜3年に一度と
いったペースで比較的大掛かりなコンサートを開いてきました。
今年から、少し小さな空間でのサロンコンサート的な催しを
やってみようということになり、その第1回です。
出演者は歌い手12名とピアニスト2名で、フランスオペラのアリア
14曲を演奏します。オペラアリアとかいうと敷居が高いのか?も
しれませんが、お気軽に雰囲気を楽しもうという感じで
おいでいただけたらうれしいです。
タイトルのピッコロカンターテというのは 小さな歌い手 
といった意味です。

///

PIccolo Cantate Vol.1
〜フランスオペラの華〜

2010年7月25日(日) 14:00開演 (13:30開場)
アクトシティ浜松音楽工房ホール
入場料1500円(全席自由)

企画制作主催:浜松声楽研究会

出演 :
有賀美聡 / 岩瀬智久 / 大谷知佳子 / 川合睦子 / 川口麻衣 /
河村幸子 / 木戸浩子 / 佐々木元子 / 菅谷節代 / 中山真理 /
前嶋智 / 松井美有紀

ピアノ :
落合洋美 / 田中友美子

演目:
マスネ「ウェルテル」より ・手紙の歌 ・春風よなぜ私を目覚ますのか
ビゼー「カルメン」より ・ジプシーの唄 ・もう恐れはせぬ ・闘牛士の歌
サン=サーンス「サムソンとデリラ」より ・愛の神よ!私を助けにきておくれ
ビゼー「真珠とり」より ・昔のように夜の暗がりの中
トマ「ハムレット」より ・遊びの仲間に入れて下さい
グノー「ファウスト」より ・宝石の歌
オッフェンバック「ホフマン物語」より ・オリンピアの唄 ・ロマンス ・舟唄
トマ「ミニョン」より ・君知るや南の国
シャルパンティエ「ルイーズ」より ・その日から

///

合唱ではありませんが、同じ声を扱う分野ですので、いろいろ
刺激を受けることができると思います。
ちなみにアリアって言うのは、ものずごくばっさり言ってしまえば
「歌曲」のこと。オペラ(歌劇)の中で役者たちが心情を吐露する曲、と
でも言えばいいのでしょうか。オペラをある意味もっとも劇的にする曲です。
。。。ばっさり言いすぎ?


木戸さん@浜松声楽研究会
「ん〜、ばっさりいいすぎ(笑)。
時にオペラではない歌の作品をさして、(オペラアリアと対比した意味で)
歌曲(ドイツリートをドイツ歌曲と呼ぶように)と使う場合があるので、
ちょっと違和感があります。
ばっさり言ってしまえば「歌」のこと...オペラの中で役者たちはメロディー付きで
会話もし、演技もしますが、自分の心情を吐露する長大な“歌”を滔々と
歌いあげます。それが、アリア。
オペラの一番の醍醐味がアリアにあるとも言えますね。
それだけに劇的で(劇に使われるのだから当然?)名曲も多く、オペラを離れて、
あるいはオペラが上演されなくなっても、アリアだけが演奏されたりします。
今回どんな名曲がでてくるのか〜?・・なんて。」

なるほど、確かにリートもありますもんね。ありがとうございます。
超メジャーの「カルメン」もあれば、ウルトラクイズのBGM(ミシシッピ組曲)で
おなじみオッフェンバックの「ホフマン物語」もあります。
小さなサロンコンサートですが、おなかいっぱいになれそうですよ。
100725chirasi.jpg
タグ:PIccolo Cantate
posted by site manager at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

通過

100717_1800~01.JPG
前を通るだけでがまん。
posted by site manager at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

第1回江川坦庵合唱コンクール参加者募集

昨年の国民文化祭in伊豆の国市(以下「国文祭」)は記憶に新しいところですが、
開催地伊豆の国市主催により、新たな合唱コンクールが生まれました。
その名も「第1回江川坦庵合唱コンクール」です。

国文祭で委嘱初演された「瑠璃色の空の下で〜江川坦庵のバラード〜」を
課題曲(約6分)とし、自由曲(6分以内)と合わせ12分以内の演奏で
審査を受けることになります。

なお本選前に、団体の演奏が録音された媒体、地域性、活動方針、活動歴
などの観点で一次審査を行い、出場団体を決定するとのこと。
その結果で、来年3月の本選出場団体を決定するとのことです。

その他コンクール規定は伊豆の国市ホームページ特設サイト
ありますのでご確認ください。
また、三島周辺の演奏会情報を運営している音助ドットコムさんが
募集案内のチラシ(4ページ)を入手掲載してくださいましたので、
リンクを貼らせていただきます。
1ページ / 2ページ / 3ページ / 4ページ

本審査の結果、伊豆長岡温泉宿泊券を上位3団体に、それ以外の賞には
「伊豆の国から季節の贈り物(伊豆の国市特産品)」を授与するとのことです。

///

さて、なぜ伊豆の国で「江川坦庵合唱コンクール」なのか、簡単にいうと
国文祭で委嘱されたこの曲を通じ、江川坦庵の名をもっと広めていこうと
いう目的があるようです。
江川坦庵wikipediaへのリンク

チラシpdf(pdfへのリンクです)によれば

伊豆の国市韮山で生を受けた幕末の先覚者江川英龍(坦庵)は
武芸百般だけでなく、絵画や書、詩文、経書、さらには間宮林蔵仕込み
の測量術まで身につけた当代一の教養人でもありました。日本でパンを
最初に焼いたことや品川台場を築いたことでも知られています。


とのこと。ただ残念ながら、全国的な知名度はまだまだ高くないのが実情です。
そこで合唱曲に乗せて全国に発信しよう、というのが、このコンクールでしょう。
コンクール参加者さんに「観光の町」伊豆の国市に来ていただくのも、
大きな目的のひとつではあるでしょうが。

また、伊豆の国市は松下耕先生が足を運ばれ、アクシス合唱祭などを
運営される、合唱の盛んなまちでもあります。
合唱を通じ人と人との交流、文化の触れ合いをつくっていこうという
意気込みも感じることができます。

このblogをご覧の方は静岡県内の方が多いと思いますが、県外の方にも
積極的にこのコンクールに参加して、伊豆の国市に足を運んでいただきたいと
思います。

///

申込期間 平成22年8月1日(日)〜平成22年9月30日(木)必着
出場決定 一次審査の結果は、平成22年10月31日(日)までに全申込者に通知。
     出場が決定した団体には「参加要項」を送付します。

申込先(問合せ)
静岡県伊豆の国市観光産業部文化振興課
伊豆の国市長岡総合会館内)
TEL 055-9480225 FAX 055-948-0855
E-mail bunka@city.izunokuni.shizuoka.jp
http://www.city.izunokuni.shizuoka.jp/bunka/ibento-a/egawatanangasshou.jsp

本選
第1回江川坦庵合唱コンクール
〜響かせようハーモニー 瑠璃色の空の下で〜
平成23年3月13日(日)12時30分〜17時
1.コンクール ※15団体程度
2.ゲスト演奏
3.審査結果・表彰
長岡総合会館アクシスかつらぎ 大ホール
posted by site manager at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

よくありそうな質問 -FAQ的なもの-

電話で掲載のお許しを頂く際にときどき受ける質問がありますので、
ここでFAQとしてまとめておきます。
「よく」というほど頻度もないので、「ありそうな」と逃げております。
(10/10/2更新)

///

Q1.なんでこんなことしてるの?

A1.直接の目的は、地元(静岡県)でどんな合唱の演奏会があるか調べて、
自分が聴きに行って楽しむためです。それは今もかわりません。
そのなかで、とてもいい演奏会なのにお客さんが少なかったり、
ホームページなどの広告手段をもたない団体さんの演奏会もあり
もったいなく感じることがしばしばあります。
そんな状況を改善したい、もっと静岡県の合唱事情を応援したい、
もっと知ってほしいという気持ちから、このblogを運営しています。


Q2.情報をのっけてほしい場合はどうしたらいいの?

A2.ありがとうございます。
blogの左「メールはこちら」をクリックしていただきますと、ご使用の
メールソフトが立ち上がりますので、そこからメールでご連絡ください。
または、本blogのどこでもコメントでお寄せいただければと思います。
その際、住所や電話番号などはコメントされませんようご注意ください。
団体名と活動場所が分かれば、ご連絡ができるかと思います。
なお、メールを送っていただいた方には、遅くとも1週間以内には
確実にお返事いたします。返信が届かない方は恐れ入りますが、
コメントをお寄せください。


Q3.どんなことを掲載してくれるの?

A3.チラシ掲載の基本情報(演奏会名/日時/場所/金額/内容)のほか、
簡単な団体紹介や演奏会内容、お勧めポイントなどを考えています。
チラシだけでなく、合唱団さんの「ナマの声」を拾い上げて皆さんに
お伝えしたいと思っています。


Q4.お金がかかるの?

A4.掲載には一切お金はかかりません。
ただし、一般的な通信費(メール送受信代、チラシ送料、電話代等)は
ご負担ください。


Q5.のっけてほしくないです。

A5.わかりました。掲載しないようにします。


Q6.掲載基準はあるんですか?

A6.基本的に、誰でも聞きに行くことができる演奏会を取り上げます。
特定の会員/組織向けや、会場整理の都合で大々的に取り上げないよう
依頼を受けたものも掲載しません。
中高生の一般演奏会ついては、過去数回学校側に掲載のお願いメールを
していますが、過去お返事をいただいたことがないので、掲載を
見送っています。ご了解をいただいたものについては掲載します。


Q7.情報だけ掲載してくれないか?だらだら書いてあると読みにくい。

A7.駄文で申し訳ありません。
基本情報は記事の後半にまとめてありますので、そちらへスクロールして
ごらんください。
本blogは、静岡県の合唱を応援することが目的です。
それは合唱団員に対してだけでなく、合唱を聴きにいこうかという
一般の方に対してへの思いでもあります。
「演奏会のチラシをもらったけど、どんな団体か知らない」とか、
「どんな曲やるの」といったような、一般の方への情報提供の側面もあります。
「チラシをホールに置けば集客OK」という団体は、日本でもそう多くありません。
チラシを補足し、興味を持ってくださった方に演奏会へ足を運んでいただく
お手伝いができればなぁ、と考えています。


Q8.アマチュアだけなの?プロの情報はないの?

A8.プロフェッショナル合唱団の情報も掲載したいと思っていますが、
チラシなどは肖像権の問題、また現状アマチュア主体の本ページに
同一のものとして掲載を拒まれる団体さんもございます。
また、BCJや"イ・マエストリ"など、情報を知った時点で満席に近いと
いうこともあり、こちらも掲載しませんでした。
入手情報は掲載していく方向ですが、合唱団さんのご意向もありますので、
その点ご了承ください。


Q9.管理人のお出かけ投稿がうざい。内容がない。

A9.申し訳ございません。
本blogは管理人の趣味blogであり、覚え書き的内容も掲載しています。
合唱関連行動の記録ですので、ご容赦ください。
カテゴリ「おさんぽ」に統一していますので、そちらを避けていただくと
よろしいのではないのでしょうか。


Q10.県連サイトやホールのイベントカレンダーに情報が載ってるよ。

A10.情報提供ありがとうございます。
主催者さんに確認しますね。


Q11.お金儲けなんかの、アフィ。。。なんとかが目的なんじゃないの?

A11.アフィリエイトのことですね。今のところ設置するつもりはありません。
blogの大家さん(seesaa)自体の機能でgoogle配信の広告が出ることが
ありますが、管理人の意図で設置も撤去もできないと思います。


Q12.twitterとの連携は?

A12.連携というほど大したことはしていませんが、blogの更新情報リンクや
その他管理人自身の運用情報(笑)を掲載しています。
twitterご利用の方は、どうぞお好きなようにご利用ください。


Q13.あなたどなた?合唱連盟の人?

A13.焼津市にすむ、「pun@うたうチェロ弾き」こと「しばはら」といいます。
県や市の合唱連盟役員ではありません。単なる合唱好きのワープアです。
所属団は県連に加盟していますが、このblogは個人の活動です。


Q14.「はいったもの、でたもの。」ってタイトルはなんなんですか?

A14.このblogはもともと、管理人のお小遣い帳兼食べたもの記録でした。
現在でもカテゴリにその名残があります。
食べたもの(はいったもの)、でたもの(お金をつかったもの)からです。
新たにblogを立ち上げるのもめんどくさかったので、そのまま使っています。


Q15.演奏会の感想は書かないの?

A15.合唱好きですが詳しくはないので、あまり書かないようにしています。
合唱祭などは地域の団体を応援してあげたいので、感想を書く「つもり」です。
これについてはその時の気分次第ということで。


Q16.県連に入ってないと掲載してくれないの?

A16.そんなことはありません。県連やそれに類する組織に
入っていなくても情報をいただければ掲載しますよ。
掲載についてわけへだてはありません。


Q17.「合唱」しかダメですか?他のクラシック分野はとりあげませんか?

A17.他のクラシック分野にも興味があるのですが、自分の活動分野が
合唱と少しチェロなので、正直良くわからんのです。
それこそチラシ基本情報程度でよければ掲載しますが、基本的には
合唱、ちょっと広げてオペラなどの声楽分野くらいでしょうか。
ただ、寄せていただいた情報を、メールボックスで腐らせるような事は
しないよう努力します。


Q18.このblogにリンクしたいし、相互リンクをお願いしたいです。

A18.皆さんからリンクを貼ってくださることに関しては、特にご連絡
いただかなくとも、自由にしていただいて結構です。
blogのトップページ http://daizunomizuni.seesaa.net/
だけに限らず、各記事へ直接していただいても構いません。
ただし、記事の修正やカテゴリ変更などで、記事URLが変更になる
可能性もありますこと、お含みおきください。
相互リンクに関しましては、合唱団やそれに類する組織や団体を対象に
リンクページを設け、アドレス掲載させていただきます。
合唱に関係の薄いサイトの場合、ご希望に添えない場合もあります。


Q19.記事を引用したいけどいいですか?

A19.基本的にはご自由に使っていただいて構いません。
商用利用はないと思いますが、その際にはご相談ください。


Q20.全部カレンダーに掲載しているの?

A20.これからのイベントに関しては、基本的に掲載をお許し
いただいたもののみを掲載しています。
過去のイベントに関しては、「開催された出来事」ですので
私が把握したものをすべて掲載しています。


posted by site manager at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

文芸大

100711_1709~01.JPG

べんがら横丁のうどん屋さんが撤退しててがっかり。
posted by site manager at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

第33回静岡県少年少女合唱連盟合同演奏会

夏休みが近づくと、こどもたちの活動が活発になりますね。
今回は県少年少女合唱連盟の合同演奏会をご紹介します。

静岡県内の8つの少年少女合唱団で構成するこの会は、
各地持ち回りで合同演奏会を開かれてかれているそうで、
今年は清水文化センターで行われます。
各団体個別の演奏のほかに、こどもたちにはおなじみの
合唱曲を合同で演奏するという事です。

合同演奏会のいいところは、普段接する機会の少ない団体さんの
演奏や取り組みに触れられるところです。
きっと参加するこどもたちは、互いにすばらしい経験を
積むことができるのではないでしょうか。

平日の昼間ですので、なかなかお仕事をされている方が
会場に足を運ぶのは大変ですが、ご都合がつく方は
彼ら、彼女らの合唱活動を応援してあげてくださいね。

///

静岡県少年少女合唱連盟第33回合同演奏会
 〜みんなでうたおう少年少女合唱の祭典〜

2010年8月20日(金) 開演13:30 (開場13:00)
静岡市清水文化センター中ホール
入場無料/全席自由

出演
熱海少年少女合唱団
伊東市少年少女合唱団
御殿場少年少女合唱団グリーンシャポー
沼津少年少女合唱団
静浦少年少女合唱団
富士宮少年少女合唱団
富士市少年少女合唱団
清水少年少女合唱団
タグ:合唱祭 童声
posted by site manager at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

〜浜名湖の風にのって〜 三ケ日サマーコンサート

今回はこのblogに初めて寄せられた、記念すべき演奏会情報です。
浜松市北区でのジョイントコンサートをご案内します。

昨年まで三ケ日文化協会が32回主催されていたこのコンサートを、
「まきの木コーラス」さんが引き継ぎ、浜松北区を中心に
幅広く声をかけて、趣旨に賛同した合唱と吹奏楽の
計8団体が参加されます。
また演奏会の最後には、出演者有志が混声合唱の演奏を披露します。

大きな組織での運営から、所属されるメンバーの皆さんによる、
一から手づくりのコンサートとなる今回。
演奏する機会を持ちたいという皆さんの情熱が昇華され、
タイトル通り楽しいハーモニーが浜名湖の風とともに
響き渡りますように。

///

平成22年度 北区地域力向上事業 
 〜 住民提案による住みよい地域づくり助成事業 〜
〜浜名湖の風にのって〜 三ケ日サマーコンサート

2010年7月25日(日) 
浜松市三ケ日文化ホール 開演13:00(開場12:30)
入場無料

女声合唱:
コールリンデン(旧・細江町)、
いなさ楽しいコーラス(旧・引佐町)、
カトレアコーラス(湖西市)
混声合唱:
まきの木コーラス(旧・三ケ日町)、
引佐4区虹の輪合唱団(旧・引佐町)、
リジョイス(浜松市東区)、
ゼーヴェストコール(湖西市)

吹奏楽:
三ケ日ウィンドオーケストラ(旧・三ケ日町)

バリトン独唱:
松岡 恒(まきの木コーラス指揮者)

問合せ先 三松幼稚園(園長 須賀淳子)
電話 053-525-0232
sansho@ai.tnc.ne.jp

mikkabi1.jpg
タグ:合唱祭
posted by site manager at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

千草コーラス院内コンサート

焼津の千草コーラスさんから、病院内コンサートをする旨、
ご紹介いただきました。
外部から一般のお客様を招いて、という企画ではないですが、
焼津市内の音楽団体活動という事でご紹介します。

以前にも記事にしていますが、病院や施設などへの訪問コンサートは
私たちが考えている以上に、聴衆の皆さんには喜んでいただけるようです。
もちろん行くからにはしっかりとした演奏を携え、聴いてくださる方に
少しでも勇気と希望と安らぎを与える。。というとえらそうですが、
行く事が目的にならないように、と、自戒を込めて思う次第です。

今回の千草コーラスさんは、下記の通りの曲目です。
七夕にちなんだ曲や昭和前中期の懐かしい曲、童謡などを演奏されます。
お見舞いなどで病院を訪れる予定の方は、ちょっと心に留め置きくださいね。

///

千草コーラス病院内コンサート
7月7日(水) 18:30〜19:00
焼津市立病院内

メドレー たなばたさま (詞/権藤はなよ・林柳波 曲/下総皖一 編/源田俊一郎)
海 (文部省唱歌 編/源田俊一郎編)
虫の声 (文部省唱歌 編/源田俊一郎編)
瑠璃色の地球 (詞/松本隆 曲/平井夏美 編/白石哲也)
青い山脈 (詞/西條八十 曲/服部良一)
高原列車は行く (詞/丘灯至夫 曲/古関裕而)
高校三年生 (詞/丘灯至夫 曲/遠藤実)
こんにちは赤ちゃん (詞/永六輔 曲/中村八大)
リンゴの歌 (詞/サトーハチロー 曲/万城目正)
世界の国からこんにちは (詞/島田陽子 曲/中村八大)
荒城の月 (詞/土井晩翠 曲/滝廉太郎 編/平井康三郎)

指揮/高森有紀 伴奏/篠原恵
posted by site manager at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする