静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/10/27 静岡児童合唱団のブログ 追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2010年06月26日

勉強

100626_0945~01.JPG
小さな歌の会の裏方お手伝いです。
あいにくのお天気ですが、出演者は元気です。
posted by site manager at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

めんねる

100625_1814~01.JPG
ベルマートでホットケーキセット食べてきました。
演奏会中におなかがなると大変ですからね。

。。。ちなみに、小ぶりのホットケーキ2枚(シロップ&バター付)と
マメをごりごり自動でやるコーヒー機械or紅茶ので250円。
場所と内容を考えたら、優秀なコストパフォーマンスではないでしょうか。
posted by site manager at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静大混声OBOG現役合同合唱団 第6回演奏会

6月最後の演奏会ご紹介になるでしょうか。
静大混声OBOG現役合同合唱団第6回演奏会をご案内します。

このblogでも始動のお知らせをしましたが、ついにその演奏会を
迎えました。
静大混声OB演奏会blogが非常に充実しているので、ぜひそちらもあわせて
ご覧いただき、そして演奏会に足を運んでいただきたいと思います。
お客さん向け情報もあれば、出演者向け情報もありますので、
よその団体の運営方法を勉強させていただく、いい機会でもあります。
そういう使い方は私だけかもしれませんが。

通常学生合唱団のOBが参加する演奏会というのは、現役学生の
演奏会の1ステージに、OBOG合同ステージをするというのが一般的です。
なんだかんだいっても多くの場合、社会人となったOBOGと現役では
練習に割ける時間が大きく異なってしまうからです。
しかしこの静大混声さんは、4年に一度ではありますが、現役さんの
定期演奏会とは別に、OBOG合同演奏会を運営しています。
並大抵でない運営のご苦労を思うと、心から応援したくなります。

さて、今回は鈴木輝昭先生とフォーレのレクイエムが演目です。
OBO合同で、鈴木輝昭作品を(同氏の他の作品と比べれば難易度が高くないが)
取り上げるには、なかなか勇気の要る決断だったと思います。
静大混声出身者のレベルの高さが伺える選曲ですね。
一方フォーレは、前回の合同演奏会同様、藤崎凡/清水フィルによる演奏です。
オーケストラ付き合唱曲と言えば第九ですが、静岡県でそれ以外の曲を
聴く機会はあまりないのが実情です。
オーケストラと合唱をしっかり聴きながら、癒しのフォーレを楽しみたいですね。

///

〜静大混声OBOG現役合同合唱団 第6回演奏会 フォーレ レクイエム〜
2010年6月27日(日) 開演14:30 (開場14:00)
静岡市民文化会館大ホール
入場料:2000円(全席自由)

1.「混声合唱とピアノのための 大地はまだ」
  詩/新川和江 曲/鈴木輝昭
  指揮/田中豊輝 ピアノ/武藤礼子

2.「レクイエム Op.48」
  曲/フォーレ
  指揮/藤崎凡 合唱指揮/田中豊輝
  ソプラノ/山田祐規子 バリトン/箕輪健
  管弦楽/清水フィルハーモニー管弦楽団
  オルガン/赤石千穂

合唱:静大混声OBOG現役合同合唱団
http://blogs.yahoo.co.jp/sumcob

shizudaiOB6thfront.jpg shizudaiOB6thback.jpg

///

余談ですが。
この6/27開催の演奏会4つは、すべてフォーレが演奏されます。
いい曲なのは間違いないのですが、そう多くない静岡の合唱演奏会で
これだけ作曲者がかぶるのも、珍しいですね。
ラベル:混声 静大
posted by site manager at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

時空をこえて ひろがる うたの環

西部中部ときて、次は東部の演奏会。
小林陽子先生が指導される合唱団の合同演奏会のご案内です。

春の「おかあさんコーラス静岡県大会」ですばらしい演奏を聴かせてくれた
アクアリウスのステージ、後半は陽だまり、白ばらコーラス、宙(SoRa)が
ともにステージをつくられるようです。
演奏会のタイトルも「第4回アクアリウス演奏会/第2回ソラシドコンサート」と
なっています。

アクアリウスは、「アカペラが基本」との方針をお持ちの小林先生が
ミサをはじめとした宗教曲ををしっかりと組み立てられていそうです。
おかあさんコーラスでの緻密な演奏が今でも耳に残っていますし、
県内の女声合唱団には、ぜひ聴いてほしい団体のひとつです。
ホルスト/オルバーン/フォーレと、演目も魅力的ですね。

アクアリウスだけでなく、後半の陽だまり/白ばらコーラス/宙(SoRa)も
たのしく、あたたかな気持ちになれそうな選曲です。
日本語の曲中心になるようですし、親しみを持って接することができる、
心にすっと入ってくる演奏が楽しめるのではないでしょうか。

///

時空をこえて  ひろがる うたの環
 第4回アクアリウス演奏会/第2回ソラシドコンサート

2010年6月27日(日) 開演13:00 (12:30開場)
ロゼシアター大ホール
入場料:1000円(全席自由)


アクアリウス
渡邊総生(Vo.)
渡邉浩代(Pf.)

アヴェ マリア(ホルスト)
ミサ曲第6番(オルバーン)
レクイエム(フォーレ)

--

陽だまり
白ばらコーラス
宙(SoRa)
塩川美香子(Pf.)
馬飼野京子(Pf.)

浜辺の歌
カチューシャの唄
ふるさとの四季 他

aqua2010.jpg

(チラシデータ提供 渡邊総生さま)
posted by site manager at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

第3回女声合唱団「西の風」演奏会

今回は清水の女声合唱団「西の風」さんの演奏会のご案内です。

女声合唱団「西の風」さんは、静岡県立清水西高校のOG合唱団とのこと。
清水西さんも前掲の浜松市立高校合唱部同様、静岡県の合唱界を引っ張る
すばらしい合唱団ですので、やはりOG合唱団「西の風」さんも魅力的な
演奏をされる団体さんだと思います。

副団長さんから「気持ちは高校生時代のまま、合唱を楽しみ歌っています」と
コメントをいただきました。なんでも今回はドレスも新調されたとの事、
女声合唱団は、素敵なドレスも魅力のひとつですよね。

さて、ステージはフォーレのレクイエムと高田三郎です。
本来混声で演奏されるフォーレのレクエイムですが、他の作曲家の
レクイエムとは異なり、救いに主眼が置かれた天上の響きとも言うような
作品です。
女声ならではの輝かしい響きが期待されます。

また、深い深い精神世界が繰り広げられる高田作品は、「内なる遠さ」を核に
そこへ至る選曲がされているとの事、こちらも興味深いですね。

///

第3回女声合唱団「西の風」演奏会
2010年6月27日(日) 開演14:00 (13:30開場)
清水文化センター中ホール
入場料:1000円(全席自由)

指揮 飯田英夫
ピアノ 落合美都恵

1.Requiem op.48より(曲/G.フォーレ)
  I.Introiit-Kyrie
  III.Sanctus
  V.Agnus Dei
  VI.Libera me
  VII.In Paradisum

2.高田三郎「内なる遠さ」までの世界
  水たまり/風が/機織る星/秋を呼ぶ歌/コスモス/弦

3.女声合唱組曲「内なる遠さ」(詩/高野喜久雄 曲/高田三郎)

西の風.jpg
ラベル:女声 西の風
posted by site manager at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女声合唱団浜松アンサンブル・フリージア第6回演奏会

浜松の演奏会後紹介が続きます。
女声合唱団アンサンブル・フジージア第6回演奏会が開かれます。

フリージアさんは、浜松市立高等学校合唱部のOGが中心となって
できた、一般の女声合唱団だそうです。
市立の合唱団はコンクールにも参加していますが、フリージアさんは
「中途半端な練習や成果でコンクールには参加しない」とのポリシーで
コンクールには参加せず、このような演奏会を主な活動とされています。

今回の演奏会は、フォーレのラシーヌ讃歌や「美しい訣れの朝」の
古典といわれるような曲から、今をときめく信長、松下両先生の作品。
硬軟織り交ぜてしっかりと聴かせてくれるであろう選曲となっています。

高い意識を持って音楽に取り組むフリージアさんの演奏で、
日曜の午後を心豊かに過ごす幸せを、あなたも感じてみませんか。

///

女声合唱団アンサンブル・フリージア第6回演奏会
2010年6月27日(日) 開演14:00 (13:30開場)
浜松市福祉交流センターホール
チケット 990円

1.祈りのうた
  ラシーヌの雅歌 (詩/ジャン ラシーヌ 曲/G.フォーレ)
  女声合唱組曲「美しい訣れの朝」(詩/阪田寛夫 曲/中田喜直)
2.ポピュラー ア・ラ・カルト
  信長貴富編「サザンオールスターズセレクション」より 他
  亀渕友香のレッツ・シング・ゴスペル」から
   アメージング グレイス
3.女声合唱とピアノのための「この星の上で」(詩/谷川俊太郎 曲/松下耕)

合唱 浜松アンサンブル・フリージア
指揮 尾崎亘
ピアノ 金原由理/池野充代
ヴォイストレーナー 八田隆子

アンサンブルフリージア.jpg

※「美しい訣れの朝」の作曲が大中先生になっていますが、中田先生です。
ご了承ください。
posted by site manager at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

2010年浜松混声合唱団演奏会

この時期は演奏会が数多く開かれます。
今回は2010年浜松混声合唱団演奏会をご案内します。

浜松混声合唱団(以下「浜混」)さんは、団員さんの多くが浜松フロイデ合唱団と
かぶっていますが、サイトによりますと、
1984年に、浜松フロイデ合唱団でベートーヴェンの第九を歌った仲間たちが、「一年を通して歌いたい」という思いから結成した合唱団

だそうです。一年の前半は浜混で、後半はフロイデで第九、というようです。

今年はすっかり合唱のスタンダードになった「白いうた 青いうた」をメインに配し、
世界の民謡とオルガンステージで演奏会をつくられるようです。
テキストに曲を付けるのではなく、曲にテキストを付けると手法で生み出された
この曲集は、一見(一聴?)すると簡単そうですが、練習すればするほど味が出る
スルメのような作品です。
浜混さんがどう仕上げるのか、とても興味深いところですね。

///

2010年浜松混声合唱団演奏会
2010年6月26日(土)
アクトシテイ浜松中ホール 開演14:00 (開場13:15)
入場料:1,000円(全席自由席)

指揮:齋藤令
ピアノ:落合洋美
ゲスト:廣江理枝(オルガン)

第1ステージ:世界の民謡

世界の民謡
フニクリ・フニクラ
グリーンスリーブス
コンドルは飛んでゆく
そうらん節(男声4部)
会津磐梯山(女声3部)

第2ステージ
オルガン独奏/廣江理枝
前奏曲とフーガ/ト長調J.S.バッハ
ティエルスをテノールで/N.de グリニー
交響曲第5番より トッカータ/Ch.-M. ヴィドール
Ave Verum Corpus/モーツァルト【合唱/オルガン】

第3ステージ
白いうた 青いうた/作詩:谷川雁 作曲:新実徳英
 自転車で逃げる
 なまずのふろや
 北のみなしご
 ぶどう摘み
 いでそよ人を
 卒業
 壁きえた

主催:浜松混声合唱団
お問い合わせ
053-584-0139(晝馬)
hamakon@freude.or.jp
http://www.freude.or.jp/hamakon/

浜松混声2010.jpg 浜松混声20100.jpg
ラベル:浜混
posted by site manager at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡14楽派アンサンブル 声楽アンサンブルコンサート

諸般の事情で春から延期されていた静岡14楽派アンサンブルの演奏会が、
今週末土曜に開かれます。
春の「バロック三昧」のうち、今回は声楽アンサンブルコンサートとして、
バッハのカンタータ4、カンタータ189、そしてモテット1が演奏されます。
バッハ好きにはおなじみの曲です。

曲解説は私には荷が重いので回避しますが、合唱という切り口で言うならば、
超難曲のモテット1が今回のメインプログラムだと思います。
ダブルコーラス(二群8声)の難しさ、テキストのはめにくさ、音楽的表現の
奥深さ、しっぽの生えた音符がいっぱいの譜面、畳み掛けてくるような旋律。
一度歌ってみたいと思いながらも、おいそれとは手をだしてはいけないように
私は感じています。
ただそれは歌う側としてみた場合。曲を聴く側としては、こんなに色彩豊かで
合唱の楽しさを感じさせてくれる曲は、そうないのではないでしょうか。
いかめしい教室のバッハ画がこんな曲を作ったのかとびっくりするくらいです。

静岡14楽派アンサンブルは、少人数での演奏形態をされているそうです。
指揮、支配人の永坂さんに伺ったところ、今回の合唱メンバーは東京から
東京バロックスコラーズ」(略称TBS)のメンバーが中心となっているそうです。
いい歌い手さんたちですよ。

耳慣れた曲の演奏会ではないかもしれませんが、バッハの新たな楽しさに
触れられる、とてもいい機会ではないでしょうか。
おすすめですよ。

///

瀬芭須茶庵工房14企画
静岡14楽派アンサンブル 第2回公演
声楽アンサンブルコンサート

2010年6月26日(土) 開演 14:00 (13:30開場)
江崎ホール(静岡市葵区七間町8-20 毎日江崎ビル9階 青葉通り沿い)
入場料:2000円(高校生以下:1500円)

カンタータ4番 キリストは死の縄目に繋がれたり BWV4
カンタータ189番 我が魂はほめ讃う BWV189
モテット1番 主に向かいて歌え、新しき歌を BWV225

静岡14楽派アンサンブル
指揮/テノール 永坂邦彦

お問い合わせ
電話054-625-2733(永坂)
sebastianstudio14@gmail.com
http://www7b.biglobe.ne.jp/~sebastianstudio14/

14楽派10_6.jpg 14楽派10_6b.jpg

追記(2010/6/22)
チラシと静岡14楽派アンサンブルのサイト、江崎ホールのサイトそれぞれで
開演時間が違っていますが、チラシの時間が正しいそうです。
七間町なので時間調整には困らない地区ですが、お間違えのないように。
ラベル:混声 14楽派
posted by site manager at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

お手伝い

100620_0913~01.JPG
浜松合唱団定期演奏会の裏方お手伝いです。
posted by site manager at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

小さな歌の会25周年コンサート

焼津市の小さな歌の会さんの25周年コンサートをご紹介します。
小さな歌の会は、焼津市の港公民館で活動する合唱サークルで
不定期に演奏会を開いています。

今回は三部構成のコンサート。
前半は合唱曲アラカルト、後半は一般の方にもなじみのある
歌謡曲、ポップスステージとなっているようです。
今回はゲストにパンフルート演奏あり、フラダンスありと
合唱以外でも楽しめる企画があるとのことです。

いわゆる「合唱組曲」はないですし、毎年演奏会をするような
安定した演奏ではないかもしれませんが、むしろ会員さんの
手のぬくもりが感じられるような魅力にあふれたコンサートに
なるのではないでしょうか。

地区の小さなコンサートかもしれませんが、応援したいですね。

///

小さな歌の会25周年コンサート
   ちっちゃなちっちゃなhistory

2010年6月26日(土) 焼津市大井川文化会館ミュージコ
14:00開演 (13:30開場)
入場料 500円(全席自由)

指揮:五木眞理子
ピアノ:杉山由利子
合唱:小さな歌の会

賛助出演:田中淳子(パンフルート)
    レイ・モキハナ(フラダンス)

主催:小さな歌の会
後援:焼津市教育委員会/焼津市音楽連盟

小さな歌の会
http://music.geocities.jp/tiisanautanokai/

小さな歌の会2010.jpg
posted by site manager at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

静岡県民合唱祭2010について

twitterでもお知らせしましたが、三島近隣の演奏会情報さんに
本日開催の第55回県民合唱祭のチラシが掲載されています。
10時から4部構成、最終Dブロックが17時からで終演は19時となっています。
入場無料ですが、プログラムは300円だそうです。
東部伊豆地区中心に、中西部からも参加する団体も加え、全部で55団体。
年に一度の県民合唱祭、楽しいハーモニーを味わってください。

///

第55回県民合唱祭
2010年6月13日(日) 10:00開演(19:00終演)
長泉町文化会館ベルフォーレ
入場無料
ラベル:合唱祭
posted by site manager at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

第23回浜松合唱団定期演奏会

今回は静岡合唱団とともに県を代表する合唱団のひとつ、
浜松合唱団さんの定期演奏会をご紹介します。

この春に開かれた法政大学アカデミー合唱団浜松公演で
演奏された「唱歌の四季」をはじめ、萩原英彦先生の作品や
ミサ曲など、一粒でいろいろ楽しめる演奏会です。
Mass from Two Worldsは、アルゼンチンの作曲家
Ariel Quintanaさんの作品。キリスト教のミサ典礼文に
作曲されたものだそうです。

チラシに各ステージの紹介が丁寧に掲載されていますので、
ぜひお読みいただき、お運びいただければと思います。

出演者さんもここここここなどで宣伝されています。

///

第23回浜松合唱団定期演奏会
2010年6月20日(日) 開演14:30 (開場14:00)
アクトシティ浜松中ホール
1.000円(全席自由)

1.混声合唱組曲「白秋による三つの楽想」
   詩/北原白秋 曲/萩原英彦 
2.唱歌の四季
   編曲/三善晃
3.Mass from Two Worlds
   曲/Ariel Quintana

指揮 岸信介、玉川昌幸
ピアノ 戸塚勢津子、渡邉渚

問合せ先 (財)浜松交響楽団事務局(053-454-6722)
tmmmhykw@mb.infoweb.ne.jp

浜松合唱団
http://www.tcp-ip.or.jp/%7Epinehill/HC-J.html

浜松合唱団2010表.jpg 浜松合唱団2010裏.jpg

///

追記

なお、浜松合唱団さんは定演後、岸信介先生がご指導されている団体の集まり、
舫(もやい)の会第10回演奏会にも参加されます。
県内からは浜松フラウエンコール、浜松少年少女合唱団が参加します。
東京での演奏会ですが、レベルの高い演奏会ですので、いろいろゆとりのある方は
ぜひお運びください。

舫の会
http://www.moyainokai-chorus.com/
posted by site manager at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

アフリカの若き息吹

サッカー好きの皆さんにとっての祭典、FIFAワールドカップが始まりますが、
その開催国、南アフリカからカースニーカレッジ合唱団がやってきます。
日本では浜松と八王子、2か所だけでの交流演奏会です。

そもそもカースニーカレッジ合唱団とは、という疑問をお持ちのあなた、
MusicaMundi(リンク先は英語)で現在総合19位、民族音楽部門で1位だそうです。
平たく言うと、むちゃくちゃうまい合唱団ということです。
カレッジですが、日本でいう大学ではなく、小学校の次くらいの世代の
合唱団さんです。

ということで、カースニーカレッジ合唱団以外に、今回は
浜松ライオネット児童合唱団ジュニアクワイア浜松VoixVert
そして静岡文化芸術大学ゴスペルサークル「ごす」が出演します。

静岡文化芸術大学の講堂が会場という事ですが、かなりいいホールのようです。
本筋とは関係ないかもしれませんが、そちらも見学してみたいポイントです。

なお、本公演は無料ですが、事前申込で整理券が必要となっています。
申し込み方法やお問い合わせは静岡文化芸術大学お知らせページや、
演奏会特設blogをご覧ください。

updated 2010/6/25
定員に達したため、整理券の配布は終了しました。
(ここまで)

特設blogでは、カースニーカレッジや演奏会内容の紹介なども掲載されるそうです。
欧米圏の合唱団は触れる機会が多いですが、南アフリカの合唱団さんの演奏に
触れるのは私は初めてで、今からわくわくです。
早めの申し込みをして、楽しみに演奏会を待ちたいですね。

///

アフリカの若き息吹
 カースニーカレッジ合唱団交流コンサート

2010年7月11日(日) 17:30開演(17:00開場)
静岡文化芸術大学講堂(浜松市中区、浜松駅から徒歩15分)
入場無料(要事前申し込み)

カースニーカレッジ合唱団
ジュニアクワイア浜松
浜松ライオネット児童合唱団
ヴォア・ヴェール
静岡文化芸術大学ゴスペルサークル『ごす』〜no music, no life〜

アフリカの若き息吹公式ブログ
http://kearsney.seesaa.net/
静岡文化芸術大学のお知らせページ
http://www.suac.ac.jp/news/event/642.html

10600.jpg 10601.jpg
posted by site manager at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする