静岡県内の合唱関連演奏会を中心に、チラシや口コミなどで得た情報のなかで行政及びそれに準じる団体のものや、 主催者及びそれに準じるかたから掲載のお許しを頂いたものを掲載しています。連絡先不明やメールでお返事頂けなかった場合は 、演奏会当日以降カレンダーに表示させています。 情報の信憑性、確実性に関しては一切担保しませんので、ご興味の方はそれぞれご自身でご確認下さい。 なお、発表のない終演時刻については3時間を目安にしており、時間未定のものは開催日のみの掲載です。 情報提供や削除のお申し出も tajiri.chor@gmail.com でおまちしております。 メール不達が多発しておりますので、返信がない場合はこちらからお知らせください。 なお、趣味で運用しているブログですので、費用などは一切かかりませんのでご安心を。
ReadMeとよくありそうな質問はこちら(10/10/2更新)、静岡合唱リンクはこちら(17/7/21 男声コーラスBWANA 新規追加)、2013年度の第九合唱団員募集はこちらへ(13/11/26御前崎の第九追加)。

2010年04月26日

静岡14楽派アンサンブル日程変更のお知らせ

バッハうたいのa_oさんから、静岡14楽派アンサンブル演奏会のうち、
5/2開催声楽アンサンブルの日程変更をお知らせいただきました。
近日中に公式サイトでも発表されるはずですが、
当初の日程が目前(今週末)のため、非公式ながら広報いたします。
チケットをお持ちの方や当日券をお求め予定だった方は、
恐れ入りますが、主催者にお問い合わせください。
5/2に油山へお出かけ予定だった方は、特にご注意ください。

先のa_oさん情報によりますと、振り替えは6/26(土)午後、
静岡江崎ホールだそうです。
それ以外のGW中企画については、情報が入っておりません。

///

※注意事項
本記事は出演者さんからの情報でありますので、間違いはないと
思いますが、一番正確なのは主催者さんからのリリースです。
さらに変更になる可能性もありますので、繰り返しになりますが
公式サイトを必ずチェックしてくださいね。

追記(2010/5/1)
公式サイト内「目玉な企画」にて、公式リリースがされました。
ご確認ください。
ラベル:混声 14楽派
posted by site manager at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

わんだふぉ〜

100424_1539~01.JPG
なんとか到着
posted by site manager at 15:40| Comment(2) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仁義、恩義

100424_1506~01.JPG
新幹線使っても途中からしか聴けませんが、
仁義はきらにゃなりません。
とはいえ、貧しい私には小さくない出費です。

あ、チケットは当日券価格だ…。
posted by site manager at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

県民合唱祭とコンクール日程2010

4月18日、静岡県合唱連盟平成22年度総会に出席しました。
議事内容についてここで述べることはないですが、その席で
本年度の県合唱連盟及びその上部組織、関連組織の行事日程が
報告されました。
近日中に静岡県合唱連盟の事業予定に掲載されると思いますが、
既に「静岡県/合唱祭」や「コンクール」などで検索されるかたが
いらっしゃいますので、県内の演奏会に関連する事だけこちらに記します。

なお、以前より本blogカレンダーで掲載していたものもありますが
日程や場所が変更になっているものがありますので、ご注意ください。
また、正式な日程は静岡県合唱連盟にお問い合わせください。

///

第55回県民合唱祭
6/13(日)長泉町文化センターベルフォーレ

第65回合唱コンクール静岡県大会
8/29(日)静岡音楽館AOI

第65回合唱コンクール
9/25(土)中学生部門 9/26(日)高等学校部門
静岡市民文化会館

第50回静岡県芸術祭音楽舞台部門合唱コンクール
11/27(土)静岡音楽館AOI

第21回ヴォーカルアンサンブルコンテスト
平成23年1/30(日)
藤枝順心中学校・高等学校講堂

平成23年3/13(日)

第34回全日本おかあさんコーラス静岡県大会
平成23年4/3(日)静岡音楽館AOI

///

なお、本旨とずれますが、カレンダー内で静岡男声合唱団さんの
演奏会日程を間違って掲載しておりました。
現在は正しい日程となっております。
静岡男声合唱団さんごめんなさい。
ご指摘くださったS先生、ありがとうございました。
posted by site manager at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010 静岡児童合唱団演奏会

4月最後の演奏会案内は、恒例の静岡児童合唱団(以下「静児」)です。
児童/少年少女合唱団はそれぞれすばらしい活動をしていて、そのことに
優劣をつける事は全くもってナンセンスでありますが、それを踏まえても
静児の活動にはただただ感心するばかりです。

以前にも記事にした海外交流はもとより、公的行事への招待演奏、
バッハコレギウムジャパン(BCJ)など一流の演奏団体との共演、
そして研究発表会や各種演奏会。
主宰の戸崎裕子先生、指揮者の戸崎文葉先生、そして音楽青葉会会長の
戸崎廣乃先生ご指導と、それを支える「価値ある大人」によって
子供たちのクリスタルボイスが響き渡ります。

静児の戸ア先生から、演奏会に際しこんな言葉が寄せられています。

卒団生と共に合唱団の歴史を刻んだ懐かしい
合唱作品の数々、そしてヒゲの作曲家山本直純先生の
「えんそく」が、現代によみがえります。
佐藤典子先生のステージソングで、子供達が
どんなに開放され、素敵な歌声を響かせてくれるのか、
とても楽しみです。


なお、チケットは残りわずかだそうです。
ご興味の方はチケットの問い合わせをしてから、会場にお出かけくださいね。


///

2010 静岡児童合唱団演奏会
2010年4月29日(木/祝)
開演14:30(開場:14:00)
静岡音楽館AOI 入場料:2000円(全席自由)

合唱 静岡児童合唱団 / 青葉会スペリオル / 青葉会コルス・ファミリアーリス
指揮 戸ア裕子 / 戸ア文葉
オルガン 戸ア廣乃
ピアノ 山内知子(客演)
パーカッション 立岩潤三(客演)

音楽青葉会 静岡児童合唱団
http://www.ongakuaobakai.com/
ラベル:童声 静児
posted by site manager at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

第5回東駿河混声合唱団演奏会

4月は演奏会がまだまだいっぱいあります。
4月25日の第5回東駿河混声合唱団演奏会のご案内です。
東駿河混声合唱団は東部地区若手のホープ、芹澤卓弥先生ご指導のもと
メサイアを歌おうと設立された団体で、ホームページによれば70名ほどの
団員さんがいらっしゃるようです。

今回は「落葉松」と「Requiem(2台ピアノによる)」の二部構成ステージが
組まれています。

「落葉松」は合唱祭などに行くと、一度は演奏されるほどメジャーな曲です。
女声ではよく聴きますが、そういえば混声を全曲と言うのは、あまり静岡で
聴いた経験がありません。県内で久しぶりの演奏かもしれません。
さわやかな初夏の風景や、舞い落ちる落ち葉の触れ合いも情景として
浮かんできそうな野上彰/小林秀雄の「落葉松」、これをどのように客席に
届けてくれるのか、聴きどころのひとつでしょう。

「Requiem(2台ピアノによる)」は、こちらもみなさんよくご存知の
W.A.Mozartのそれ(K626)を三島出身の作曲家、松田眞樹先生に依頼して
2台ピアノに編曲されたものだそうです。
オーケストラや練習ピアノで歌われた経験のある方は多いでしょうが、
今回は委嘱初演です。2台ピアノでどのような表現になるのか、
オーケストラ版との違いもそうですが、むしろピアノという楽器の
可能性の幅広さにも注目です。

編曲された松田真樹先生からは、

編曲について一番心がけたことは、
演奏する人にも聴く人にも、
音の広がりを楽しめるように配慮したことです。


と、コメントを頂戴しました。

松田先生ご自身のblogではもう少し、本編曲に際しての想いや
お考えを示されていますので、そちらもお読みください。
リンク及びコメントを快くご了解いただいた松田先生に
深く感謝いたします。

また、東駿河混声合唱団さんに伺ったところによりますと、

今回はソリストも団員持ち回りと言う挑戦でもあります。


とのこと、同じ合唱団員として大変なのがわかりますし、
応援したいですね。

///

第5回東駿河混声合唱団演奏会
2010年4月25日(日) 14:00開演(13:30開場)
長泉町文化センターベルフォーレ 
入場料 一般1000円 小学生以上高校生以下500円

第1部 落葉松(作詞:野上彰 / 作曲:小林秀雄)
第2部 Requiem(2台ピアノによる)
(曲:W.A.Mozart / 編曲:松田眞樹(三島市出身の作曲家)

東駿河混声合唱団(「コアクライスセリ」内)
http://chorkreisseri.web.fc2.com/hgsrugatop.html
ラベル:混声 東駿河
posted by site manager at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

演奏会びより

100418_1623~01.JPG
なのにわたしはここにいる。
posted by site manager at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

帰ります

daizunomizuni-2010-04-17T15-16-43-2.jpg

この車をみると安心します。
updated
仕事に戻ったら、業務が増えていました。
posted by site manager at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事は終わりません

100417_1337~01.JPG
めでたくも忙しいですので、途中で失礼するかも。
まさかこれほど並んでますとは。
posted by site manager at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

富士市民合唱団第30回演奏会

目前ですが、もうひとつ。
静岡県東部で活躍する、富士市民合唱団さんの第30回演奏会です。
30回という事は、活動期間はおそらく30年以上ではないでしょうか。
先日の静岡合唱団は50年でしたが、こちらもきっと歴史のある
団体さんだとおもいます。

ステージ内容は下記の通り。
今回は富士市民合唱団以外にも、富士地区で活動する男声合唱団、
岳南メンネルコールの単独ステージや、地元東部地区の合唱愛好家さんを
募って演奏されるステージなど、地域でひとつの演奏会をつくっていく
姿勢が見受けられます。

ひとつの合唱団の団員を統率するのも大変ですが、ここに別団体や
一般参加が加わる事による事務手続きはとてもハードです。
しかしそのハードさを乗り越えて開かれる演奏会は、音楽をつくり上げる
結束力が、より高いものになるのではないでしょうか。

///

富士市民合唱団第30回演奏会
2010年4月18日(日) 14:00開演(13:30開場)
富士市文化会館ロゼシアター・中ホール
入場料:1000円
1.混声合唱曲集「光と風につれて」より(富士市民合唱団)
2.男声合唱組曲「月光とピエロ」(岳南メンネルコール+α)
3.混声合唱のための「ふるさとの四季」(富士市民+地元愛好家)
4.『歌い継いでいきたい曲達』(富士市民合唱団) 

お問い合わせは、ロゼシアターのイベントカレンダーに掲載の
電話番号にお願いします。
ラベル:混声 富士市民
posted by site manager at 23:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 東部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

「市民が歌う沼津第九」合唱団員募集

沼津交響楽団の「第九」合唱結団式、および初練習があったと聞こえてきました。
沼響さんはその名の通り、沼津を中心に活動するアマチュアオーケストラさんで、
今年11月小泉ひろしさん指揮のベートーヴェン「第九」を取り上げます。

沼響事務局の長田さんによりますと、約200名の合唱団員さんが集まったとの
ことですが、またこれから男声を中心に二時募集をかけるそうです。
第九を演奏するには、まとまった数の男声が必要ですものね。
我こそはと思う男声さん、一度沼響さんに問いあわせてはいかがでしょうか。

沼津交響楽団 http://www.numakyo.org/
ラベル:第九 沼津市
posted by site manager at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磐田オラトリオ研究会・磐田ユーロユビラーテのメサイア

磐田オラトリオ研究会・磐田ユーロユビラーテのメサイア公演をご紹介します。
1月にに浜松バッハ研究会のメサイア公演をご案内しましたが、こちらとは
また別の楽しみや魅力があるものです。
出演団体のひとつ、磐田バッハ合唱団の坪井紀代子さんからコメントを
いただきました。

今回は(ある日言葉が音になった)のサブタイトルに
あるとおり、一音に思いをこめて丁寧に紡いでいくという
地道な作業を乗り越えて コンサートにたどり着きました。
合唱を歌うメンバーの中からソロが歌われ、全体の流れを
大切に演奏します。
私たちは一曲一曲に与えられた曲のイメージを研究し、
「調性性格論」から作品「メサイア」に光をあてて演奏を試みます。
メサイアの全曲は長時間の演奏になります。ヘンデルが音で
表わそうとした一曲一曲のイメージを、一枚一枚の絵を見て
楽しめるように、また寝させてしまうことが無 いように
演奏をしたいと願っています。
モダンスタイルでは味わえない古楽スタイルによる演奏味で、
愛 悲しみ 痛み 憧れ 希望などメサイアの世界を
味わってください。
モダンピッチはA=440ヘルツですが、今回はA=415ヘルツ
(約半音低)で演奏します。
穏やかな響きとハーモニーはモダンスタイルでは味わえない
と思います。
指揮者坪井貞夫は、1981年からすべてこのスタイルでの
指導・演奏を続けていて、 今回も古楽器のオーケストラと
古楽唱法の合唱で演奏します。
声と楽器の響きがとても近く今の響きはどちらかな?と
疑問を持つ場面が生まれそうです。


少し補足をします。
「調性性格論」とは、ハ長調とかイ短調とかという調性は、なにを表現しているのか
どういうことを作曲者はイメージしているのか、ということを掘り下げて
取り上げているのだろうと推察しています。
同じ「長調」であっても、ニ長調とヘ長調とでは意味合いが違ってくるんです。
そのあたりは、静岡バッハ合唱団のblogで解説が試みられています。
あと一週間で終曲まで解説し終わるかは厳しいですが、がんばってほしいですね。

また、モダンピッチと古楽器ピッチですが、A(ラ)の音の周波数をいくつにするかと
いう違いがあります。この話をしだすと長く、かついろいろとめんどくさい
状況になっていくのではしょりますが、平たく言うと、ヘンデルの時代実際に
鳴っていたであろうと研究の結果想定される音(回りくどい言い方だなぁ)が
バロックピッチ、ピリオド演奏と言われるものです。
ラの音がソ♯になるので、高声部にとってはありがたくもあります。

///

合唱は磐田ユーロユビラーテ、磐田バッハ合唱団、そして静岡バッハ合唱団です。
ユーロユビラーテは静岡県芸術祭にフリーエントリーに出演、磐田バッハ合唱団は
プロ及びセミプロ団体として、数多くの演奏会に出演、そして静岡バッハ合唱団は
このブログでも何回かご紹介した通り生まれたばかりですが、演奏会や礼拝など
着実に演奏機会を経験し、それぞれが活発に活動しています。
オーケストラはMTAモーツアルト・アカデミー・トウキョウ、古楽器演奏です。

暖かみのある古楽器演奏のメサイア。
土曜の午後ですが、時間をやりくりして駆けつけたい演奏会のひとつですね。

///

G.F.ヘンデル : "メサイア" 全曲演奏会
2010年4月24日(土) 開演15:00 (開場14:30)
アクトシティ浜松 中ホール

指揮/坪井貞夫
管弦楽/モーツァルト・アカデミー・トウキョウ(コンサートマスター:大西律子)
sopr.本宮康子 / 中楯有起 / 藤沢たまき
alt.北條加奈 / 上杉清仁
ten.佐藤敦史 / 神田豊壽
bas.春日保人 / 井手守
合唱/磐田コーロユビラーテ / 磐田バッハ合唱団 / 静岡バッハ合唱団
チケット/一般 3,000円 /高校生以下 2,000円(当日はそれぞれ500円増)

主催:磐田オラトリオ研究会 / 磐田コーロユビラーテ
共催:磐田バッハ合唱団
後援:浜松市 / 磐田市 / 磐田市教育委員会 / 中日新聞東海本社 /
静岡新聞社 / 静岡放送 / 朝日新聞浜松支局 / FmHaro! / K-MIX

磐田オラトリオ研究会 http://www.geocities.jp/iwatabach/index.html
1image7.jpg1img084.jpg
ラベル:磐田バッハ
posted by site manager at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼津に新たな合唱団

焼津市音楽連盟のサイトを見ていたら、連盟加盟団体紹介のページに、
今まではなかった団体が載っていました。

その名は、混声合唱Gioia(ジョイア)。
詳細はわかりませんが、紹介文によると昨年末の合唱団Marmo演奏会に
賛助した男声とMarmo有志を中心に、年が改まった1月に結成したようです。
指導はやっぱり市連会長の伊藤真知子さん。当然っちゃ当然ですね。
大井川公民館で月3回活動をしているとのことです。

Marmoと賛助男声を中心という事は、そこそこ歌えるメンバーが
集められたのかもしれません。
知名度が年々高まっていくYMC和田のメンバーも数人賛助にいたので、
将来的には、YMC和田との関係もできるかもしれません。
。。。あくまでも、私の勝手な想像ですが。

///

というわけで、焼津にまた新たな合唱団体ができたお話でした。
私も引退したら、どこかで歌わせてもらおうかしらねぇ。
ラベル:焼津市
posted by site manager at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

浜松少年少女合唱団第11回定期演奏会

カレンダーを見ていただくとわかるのですが、4/18は演奏会が
集中しております。前エントリでは浜松男声合唱団さんを
ご紹介しましたが、今回は同じく浜松で活動している
浜松少年少女合唱団第11回定期演奏会をご紹介します。

浜松少年少女合唱団のサイトによりますと、「少年少女ならではの
澄んだ響きと鋭い感性を磨きながら、より高い芸術性、人間性を
追求していくこと」を目的として1998年5月に結成されたとあります。
児童合唱団の中では「比較的」新しい団体ではありますが、
地元要請による演奏や合宿、コンクール、そして定期演奏会など、
充実した活動を行っています。

例年3〜4ステージ構成ですが、今年は5ステージ構成。
数多くの曲目がチラシに掲載されています。
浜松少年少女合唱団代表の伊熊先生、おすすめポイントを
教えてください。

伊熊
今回ははじめて浜松在住の新進作曲家、長谷部雅彦氏に編曲をお願いし
「唄・今昔物語」を初演いたします。
♪大きな古時計♪竹田の子守唄♪アルプス一万尺♪ふるさとの4曲が
長谷部氏のアレンジによって色彩豊かに変身しています。
また、イギリスの作曲家ボブ・チルコットの合唱作品も
子どもたちの声が生き生きしています。
他3ステージ全5ステージを、どうぞ会場にてお聞きください。
お待ちしています!


長谷部先生の作品は、ご自身が指揮をされているVoixVertや、朝日作曲賞
受賞作でご存知の方も多いでしょう。
一筋縄ではいかないようなハードな曲かもしれませんが、きっとそれを
子供たちが楽しく生き生きと奏でてくれる事でしょう。

追記(2010/4/10)
その長谷部先生がご自身のブログで言及されています。
難しくしすぎないように、それでも合唱らしい編曲を目指されたとの事、
楽しみですね。
(追記ここまで)

浜松近くの方は、浜松男声合唱団さんとここと、迷っちゃいますね。
ある意味ではうらやましくもあります。

浜松少年少女合唱団第11回定期演奏会
2010年4月18日(日) 14:30開演(14:00開場)
アクトシティ浜松中ホール 入場料:800円(全席自由)

指揮:岸信介/伊熊旬子
ピアノ:渡邉渚

1) 同声合唱のための組曲「にんげんとせかいのふしぎ」 作曲/大田桜子
  せかいのふしぎ / すきなひと / なぞときたんていだん / ゆうきのもと
2) ボブ・チルコット作曲集
  like a rainbow / Can youy hear me? ほか
3) 高校生によるポピュラーステージ
  ディズニーメドレー / サクラ / 遥か
4) 唄・今昔物語(委嘱初演/長谷部雅彦編曲)
  大きな古時計 / 竹田の子守唄 / アルプス一万尺 / ふるさと
5) はばたけ!みんなのうたごえ
  翼をください / Goin'Home(家路) / 君をのせて
  さんぽ / 世界がひとつになるまで

浜松少年少女合唱団
http://homepage2.nifty.com/HamamatsuShonenSyojo/
第11回チラシ.jpg
posted by site manager at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

第4回浜松男声合唱団演奏会

数こそ少ないけれど、静岡県内にも男声合唱団はいくつかあります。
そのなかのひとつ、浜松で元気に活動をしている浜松男声合唱団さんが
第4回の演奏会を開かれます。
今回は「富士山」「水のいのち」という、合唱好きにはすっかり
おなじみの名作に、「雪の降る町」「箱根八里」などの愛唱歌、
さらにコール丘さんを賛助出演に迎え、混声合唱曲「ホフマンの舟歌」
「七つの子」などを演奏されます。

チケットの販売も順調のようなので、ご興味の方は早めに
主催者さんにお問い合わせくださいね。

浜松男声合唱団
http://hamadan-gasshou.cocolog-nifty.com/blog/
201001126_1.jpg
ラベル:浜男 男声
posted by site manager at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

清水区で女声合唱2つ

年度末進行もようやくひと段落。
新たな生活を始めたられた方も多いかもしれませんね。

///

静岡市文化振興財団発行のイベントニュースを見ていたら、
清水で合唱演奏会を見つけました。
ただ静岡市文化振興財団さんには、イベントカレンダーからの
情報掲載はお許しいただけなかったため、主催者さんにお電話をし、
掲載のお許しを頂きました。

4/17は、創立45周年記念、第15回清水女声コーラスの世界と題し、
清水で活躍する清水女声コーラスさんが演奏会を開きます。
ミサ曲&三善晃編と副題がついている通り、ラインベルガーのミサ、
三善さんの唱歌の四季/金子みすゞ、と、意欲的なステージ構成です。

チラシも送っていただいたので、スキャンして掲載しました。
もちろんその旨もご了解を頂いております。
清水女声.jpg

変わって4/29は、おきつ女声合唱団そばえさんの25周年記念演奏会が
同所で開かれます。
演奏内容はわかりませんが、こちらも25周年と長い歴史のある団体さん。
きっと素敵な演奏会となる事でしょう。

それぞれ、演奏の詳しい内容やチケットのお問い合わせなどは、静岡市
文化振興財団内イベントカレンダー4月号の静岡市清水文化センター、
主催者お問い合わせ先にお願いします。
時間などは、このブログのカレンダーにも掲載しています。

日本の合唱は、間違いなく女声コーラスが最大の構成声部でしょう。
その一端をこの演奏会で感じてみるのも、楽しいと思いますよ。
ラベル:女声
posted by site manager at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部の演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。